2022/1/23  14:53

1月21日〜22日 宮崎へ  

2022年初添乗は、地元のお客様と宮崎へ行ってきました飛行機

クリックすると元のサイズで表示します

宮崎への飛行中、見事な雲海の景色が見れました
クリックすると元のサイズで表示します

ゴルフ組と観光組に分かれ、観光組は2時間半かけて高千穂へ
到着後『神楽宿』にて昼食です
ニジマスの唐揚げや釜炒り茶そば、宮崎名物チキン南蛮が並ぶメニューをお召し上がり頂きました
クリックすると元のサイズで表示します

昼食後は、高千穂峡遊歩道を散策徒歩
標高400m位の所にあるのですが、日差しが差し込み暖かくイイ散策日和になりました

こちらは一度に3つの橋を見ることができる《三段橋の風景》と呼ばれる所です
石造りのアーチ橋神橋、鉄筋の高千穂大橋、コンクリート製の神都高千穂大橋で、それぞれ大正・昭和・平成時代に架けられた橋となっております。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

高千穂峡のメインスポットでもある《真名井の滝》です。
日本の滝100選にも選ばれ、ボートに乗って見て頂くこともできます
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

高千穂三社のひとつ、高千穂神社を参拝しました。
縁結びの神様としても有名です
クリックすると元のサイズで表示します

ゴルフ組と合流し、宮崎市内『ホテルJALシティ宮崎』へホテル
クリックすると元のサイズで表示します

夕食は徒歩10分のところにある、
地元でも有名な地産地消の和食店『季節料理 かわの』へ
クリックすると元のサイズで表示します

お客様は鯛の出汁しゃぶや尾崎牛赤身の炭火焼等々の料理を満喫して頂きました。
写真が撮れなかったので、添乗員食の写真をウッシッシこちらも豪華
クリックすると元のサイズで表示します

宮崎市内の通称《ニシタチ》と呼ばれる繁華街も、
この日の夕方から対象になったまん防の影響で閑散としていました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

夜中1時過ぎに日向灘を震源とする大きな地震があり、
宮崎市内も大きく揺れました…
幸いお客様も無事で、また周辺も全く被害が無かったのでホッとしました
でも、余震も度々あり不安で結局朝までほとんど眠れませんでした

2日目、ゴルフ組の出発を見送ってから、朝食のバイキングを
朝食のおいしいホテル全国第9位に選ばれているとあって、地元の食材をつかった料理が数多く並んでいました朝からカンパチのお造りが食べれるのは珍しいですね
クリックすると元のサイズで表示します

観光組は9時半にホテルを出発し、
まずは都城市にある『霧島酒造 霧の蔵ブルワリー』へ
コロナ禍で工場見学は無く、お買い物をして頂きました。
ブルワリー限定や宮崎県限定販売の焼酎もあり、
焼酎好きなお客様ばかりだったので、たくさんお求め頂きました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

小林市にある『地鶏の里』で昼食です
こちらは全てコテージ風の個室となっており、名物の飛来幸地鶏(ひらこじどり)を使ったタタキや炭火焼、チキン南蛮等のコースメニューを満喫して頂きました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

こちらも写真が撮れなかったので、
乗務員食のチキン南蛮御膳をウッシッシ
めっちゃ美味しかったですよ〜
クリックすると元のサイズで表示します

最後に青島神社へ
参道からは《鬼の洗濯板》と呼ばれる珍しい波状岩が見られます。
これは大昔に海面下にあった岩が地質変動によって水面下に現れ、波や海水の浸食されてこのような姿になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ゴルフ組と合流し、宮崎空港へ
17時半のフライトで伊丹飛行機、そして無事生駒に到着しました

昨年末からまたコロナが猛威を振るい始め、そんな中でのご旅行でしたが、交通機関やホテル、食事観光施設は感染症対策を万全にされており、お客様には多少のご不便もありましたが、2日間の旅行が楽しかったと喜んで頂けて、こちらも本当にありがたいことです

一刻も早くコロナが落ち着き、もっと多くの方が安心して旅行して頂ける日常が戻ることを待つのみです。

Mr.I
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ