2020/10/24  9:23

10月19〜21日 鹿児島へ  

大阪のとある企業様の社員旅行の添乗で
鹿児島に行ってきました!
15時と17時の分便で鹿児島へ飛行機飛行機
クリックすると元のサイズで表示します

直行で宿泊ホテル『城山ホテル鹿児島』へ向かいました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

夕方の桜島、キレイですね〜
クリックすると元のサイズで表示します

ホテルで合流後、お客様は館内の
寿司・鉄板焼・天婦羅・広東料理それぞれに分かれ夕食を
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

広東料理では見栄えのイイ前菜を始め、
フカヒレスープや、鹿児島産黒毛和牛、
鹿児島産大エビ等の高級食材を使った料理が並びました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2日目、ゴルフ組と観光組に分かれて行動です。
ゴルフ組は鹿児島高牧CCへゴルフ
観光組に同行させて頂きました

鹿児島港から桜島フェリーに乗り約15分、桜島へ
湯之平展望所から北岳を見て頂きました火山
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

こちらの展望所にはハート型の溶岩石が7つ隠れています
皆さん夢中で探してましたよ〜ウッシッシ
クリックすると元のサイズで表示します

霧島市にある『馬酔木国分店』にて昼食
クリックすると元のサイズで表示します

可愛らしい手まり寿司とざるそばの御膳です
クリックすると元のサイズで表示します

午後からは『霧島アートの森』へ
国内外の造形作家の作品が数多く展示されています。
こちらはお客様の職業柄、興味深く熱心に見ておられました
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは草間彌生さん作の<赤い靴>です
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

このような変わった滑り台も
どこから登るんでしょうか…ウッシッシ
クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島空港近くの『バレル・バレー』にて
焼酎工場の見学と試飲をして頂き、2日目の観光は終了!
クリックすると元のサイズで表示します

ゴルフ組とホテルで合流し、夕食に天文館へ移動です

2日目の夕食は『やきにく高倉』を貸切、高級焼肉ですウシワイン
クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島一の繁華街天文館ですが、
やはりコロナの影響で街は閑散としていました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

高級焼肉の写真は、残念ながら撮れなかったのですが、
こちらは添乗員用に折りにして頂いた黒毛和牛弁当です弁当
ホテル帰着後に美味しく頂きました
クリックすると元のサイズで表示します

最終日、今日もゴルフ組と観光組に分かれて行動です。

ゴルフ組は祁答院GCへゴルフ
観光組は知覧に向かいました

知覧特攻平和会館を見学。
地元鹿児島や九州地区の修学旅行生で賑わっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

館内はこの引き揚げられた零戦以外は写真撮影禁止です禁止
クリックすると元のサイズで表示します

こちらの会館は何度も来ていますが、
特攻隊で散っていった若い隊員が
家族にあてた遺書や遺品・手紙をじっくり読むと
国を思う気持ちや無念さが伝わり、涙が出そうになります

指宿で昼食後、山川港からフェリーなんきゅうで
大隅半島の根占港まで約50分の船旅です
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

遠くに薩摩富士・開聞岳を臨むことができました
クリックすると元のサイズで表示します

根占港から車か小型バスでしか行けないような狭い道を通り『雄川の滝』へ
駐車場から滝つぼまでは約1200mの遊歩道を歩きます徒歩
クリックすると元のサイズで表示します

透き通るほどキレイな川辺を歩いていくと…
クリックすると元のサイズで表示します

落差46m幅60m、
エメラルドグリーンの滝つぼに流れ落ちる滝が見事
こちらはNHKの大河ドラマ西郷どんのオープニング映像で有名となり、
癒しのパワースポットになりました
お客様にも喜んで頂けて良かったです
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島空港でゴルフ組と合流し、
19時のフライトで伊丹に無事帰着です
3日間ホントにイイ天気に恵まれ、
大きなトラブルもなくホッとしました

Mr.I
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ