「旬 菜 里」は、旬に採れた季節の野菜をお届けするのと同時に、旬の野菜を使った料理や、旬の野菜を栽培してくれている農家の皆さんを取材しながら、皆さんと供に、旬な野菜について語り合うコミュニティを目指します。
旬菜里は季節ごとの旬の果物・旬の野菜の千葉の山武の名物通販店です。

| ホーム | ショップ | 問い合わせ |

2016/3/5

54回目の誕生日  家族のこと
54回目の誕生日でした。

主人が前日、丸の内でお祝いしてくれて。
クリックすると元のサイズで表示します


当日は地元のヴォンで
クリックすると元のサイズで表示します


夜中に京からイラストが届いて
クリックすると元のサイズで表示します


仁海からクッキーもらって
クリックすると元のサイズで表示します


たくさんの方にお祝いしていただきました。

父がいて、母がいたからこそ私がいる。
ありがとう、お父さん、お母さん。

そしてみなさん。

農地拡大して土日は畑仕事しています。
毎月体験農園やっていますので、よかったらいらしてくださいね。
0

2016/2/10

結婚、30年目  家族のこと
2月10日は結婚記念日でした。

30年前、北海道のニセコで挙式を挙げました。

クリックすると元のサイズで表示します


吹雪の中での結婚式はさむかったけど、教会の中は暖かった。
今年は30年でもあるのでニセコに訪れました。
当時宿泊した日航アンヌプリ(現在のアンヌプリノーザンリゾート)で宿泊

クリックすると元のサイズで表示します


当時の面影を残したホテルはとても懐かしかった。

ニセコは国際リゾート化されていて、たくさんの海外の方がいらしていました。
最終日には羊蹄山も顔を出してくれて。

<クリックすると元のサイズで表示します>


この先、何年一緒に居られるかわからないけど、1日1日を大事に、二人の時間を大切にしたいと思います。


0
タグ: ニセコ 結婚式

2016/1/11

成人式  家族のこと
おかげさまで、仁海は成人式を迎えました。
ブログに登場したのは9歳の頃。
一昔前です。

私の振袖を一昨年前に染め替えました。
意外に見劣りしなく、今時の振袖の中でも浮いていなかった。
その振袖を着てくれてたんです。
感無量です。
母にも見せたかった。

クリックすると元のサイズで表示します

0
タグ: 成人式

2015/12/26

仁海の20歳の誕生日  家族のこと
クリックすると元のサイズで表示します


今日は娘の誕生日。
めちゃくちゃ寒い日の夜中に破水して、主人に病院に連れて行ってもらって。
予定日より20日も早く産まれてしまいました。
大掃除も終わり、年賀状も投函して、さぁ、お節の準備するぞ、と言うタイミングでした。
24日にはお姉ちゃんの幼稚園で行われたクリスマスミサにも出かけていました。

昼間の3時に産声をあげた娘。
家族全員が産声を聞きました。
義母も父も母も。
多分、これほど家族が揃っているって珍しいですよね。

黄疸が出ていたため、私は大晦日に退院して、ひとみは1日に退院でした。

クリックすると元のサイズで表示します


お姉ちゃんに比べてちっちゃくて、マンションの洗面台でお風呂が入れたほどです。

幼稚園では登園拒否したり、小学校では一時ひとりぼっちになったり。
中学ではバレー部のキャブテンやってて、下級生からいじめがあったり。
今はメンタル面で通院していて、大学は休学状態。
色々ありますね。
でも、それはきっと何かの糧になると信じています。

20歳になったひとみにいつまでも残るものとピアスを送ります。
私が母もにしてもらったこと。
蹄の形は幸運をもたらすとか。
願い込めて。

クリックすると元のサイズで表示します


今夜は娘のリクエストで焼肉。
お酒は風邪気味らしく次回へ。




0

2015/2/10

結婚記念日  家族のこと
29回目の結婚記念日。

ついこの間銀婚式だったと思ったのに
はやいなー。

今も水のような存在でいたい気持ちは変わらないが、どうもこのところ空気のような存在になっているように思える。
あと何年一緒に入れれるか。
明日だってわからない。

仁海が来年一人暮らしをしたいと言ってきたので、私も遠距離だし一緒に住もうかと計画していたが、よく考えたら主人と一緒に入れる時間を大事にすることも大切じゃないかなって思えてきた。
仁海に一人暮らしの経験をさせるのも大切だし。

親の反対を押し切って結婚した私たち。
弱音を吐かず、頑張ってきた。
(母は弱音を吐いてくれた方が嬉しかったのかもしれないが。)
時にはもうダメだ、と思うこともあったが、何度かその危機を乗り越えてきた。

お互い親が亡くなり、子供たちも独立しつつある。
今、なんだよね。
元気なうち、動けるうちなんだよね。
自分たちのために時間を使えるのは。
今やりたいこと、今すべきこと、今だからできること。
そして子供達や地域に残して行くこと。なんだろうね。

そんなことを考えた結婚記念日でした。

0
タグ: 結婚記念日


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ