「旬 菜 里」は、旬に採れた季節の野菜をお届けするのと同時に、旬の野菜を使った料理や、旬の野菜を栽培してくれている農家の皆さんを取材しながら、皆さんと供に、旬な野菜について語り合うコミュニティを目指します。
旬菜里は季節ごとの旬の果物・旬の野菜の千葉の山武の名物通販店です。

| ホーム | ショップ | 問い合わせ |

2011/2/10

結婚25周年(銀婚式)  
結婚式を挙げて25年がたちました
振り返ると早かったと感じるけど、いろんなことがありました
去年、主人と一緒に暮らしている方が父たちと暮らすより長くなった年でした

25年前、両親に反対されつつも結婚に踏み切り、二人だけで北海道のニセコで式を挙げました。
吹雪中、ホテルから教会まで馬車に乗り、向かったのがついこの間のようです

5年前、家族でニセコに訪れた時、式を挙げた教会は閉鎖されていて寂しい思いをしました

二人姉妹の実家は自分は必然的に跡をつがなくちゃと思っていて、10年たったら実家に戻ろうと思っていました。
でも10年目の時は仁海が産まれ、その年に父たちは私たちの住む街に移住してきました
そのときも色々ともめたりもして、何度も出たり入ったりした父たちでした

自分が長男と結婚したことで両親には辛い思いさせてしまったので、喧嘩しても実家に帰るまいと思っていました
実家に帰るときは縁を切るときと自分に言い聞かせ、両親には一切愚痴を言わないように心がけていました

そんな自分だから、強くなれたように思います

何度も書いていますが、空気のような存在ではなく、水のような存在でいたいと思っています
失いかけているものが見える、そんな自分でいたいと思っています
空気も水も生きて行くには必要なものだけど、空気はなくなることが目に見えないですよね
水ならその存在がわかる

そして年をとっても夫婦でいたいと思っています
いつまでも一緒にいて欲しい
そう思っています

先日主人が「お母さんの作るご飯が一番美味しい」と言ってくれました
どんな高級料理を食べても、満足できるのは我が家のご飯だと
何よりの言葉でした

まだ二人とも受験で進学が決まってない状態なのでお祝いは後回し

後何年、何十年一緒にいられるのだろうか
体に気をつけて、健康に生きなくっちゃね

これからも10年、20年とよろしくね
5

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ