「旬 菜 里」は、旬に採れた季節の野菜をお届けするのと同時に、旬の野菜を使った料理や、旬の野菜を栽培してくれている農家の皆さんを取材しながら、皆さんと供に、旬な野菜について語り合うコミュニティを目指します。
旬菜里は季節ごとの旬の果物・旬の野菜の千葉の山武の名物通販店です。

| ホーム | ショップ | 問い合わせ |

2012/8/22

父の思い出  
父はとても器用な人でした。

寿司職人としてはもちろん、植木職人としても引退してから技能試験で一級をとった。
鎌倉彫も助教授の免除持っていたし。
住まいやお風呂場など、自分で作ったこともある。
努力家だったと思う。

鎌倉彫の作品はたくさんある。
一番大きなものでは知り合いの娘さんへの嫁入り道具として作った鏡台。
残念ながらわたしはこの作品の完成はみていません。

わたしの嫁入り道具として持たせてもらったのが、毎年御披露目しているお重箱。
これは私がデザインした牡丹を父が彫り上げてもらったもの。

そんな器用な父でしたが、なぜか生かすことができなかった。
もったいなかったなって思います。


毎週、週末に行くと父は自分で考えた料理を食べさせてくれていました。
でもなんかおいしいとは言えるものではなく、おいしいとは言えなかった。
年をとると味覚も衰えてくるものです。

また、よくセブンのレシートについてくるガソリンの割引券、何枚も貯めて私にくれたことがありました。
この間父の寝室で通帳を探していたときに、クリップにとめているレシートを見つけました。
これも多分私を喜ばそうとして貯めていてくれたんだよね。

今思うともっともっと喜んであげれば良かったな〜と。

「おいしいよ!もっとちょうだい」と言ってあげれば良かったと。
そんなこと今思っても遅い。
いつもいつも母のことを頼むばかり、母の衰退を防ぐために否定してばかりいた自分。
ストレスになっていただろうな〜と感じます。

もう後戻りはできない。
でもやっぱり後悔してしまう。
思ってしまう。

父は結婚するまで毎年旅行に連れて行ってくれました。
よく出かけたのは伊豆。
遠くだと、飛騨の高山や上高地、三陸海岸、長野。
今の私の年を越えていたはずなのに、一人運転して連れて行ってくれました。
今思い出すと新緑がきれいな光景が浮かびます。
そして寺院。
永平寺や善光寺、中尊寺。
永平寺は母の実家のお寺の大本山。
祖父が修行したお寺。
そんな旅行も私たちのために、そして母を喜ばせようと連れて行ってくれたんだよね。

そのころの父の年になった自分。
何を思い旅していたんだろう。

落ち着いたら父と旅した場所へ訪れたいな。
そしてそこで何を思ったのか感じたい。

父は多くを語らない人でした。
何を思い、何を考えていたかわからない。
自分を押し殺していたようにも思います。
怒ったこともありませんでした。
母はよく「ずるい」と言ってましたが。

今年80歳の誕生日に父へうなぎをプレゼントしました。
その時の嬉しそうな顔が今も目に浮かびます。

今日は父の三七日。
文殊菩薩の審判が下されるそうです。

添付した地蔵さんは父が20年くらい前に掘ったものです。


クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ