「旬 菜 里」は、旬に採れた季節の野菜をお届けするのと同時に、旬の野菜を使った料理や、旬の野菜を栽培してくれている農家の皆さんを取材しながら、皆さんと供に、旬な野菜について語り合うコミュニティを目指します。
旬菜里は季節ごとの旬の果物・旬の野菜の千葉の山武の名物通販店です。

| ホーム | ショップ | 問い合わせ |

2012/8/7

父と母が他界しました  
長い間、ご無沙汰しておりました。

実は2日に父、3日に母が他界しました。

父はトイレで急性心不全(心筋梗塞の疑いあり)で亡くなり、介護状態の母は面倒を見てくれていた父が亡くなってしまったことで翌日熱中症のため亡くなりました。

発見したのは京でした。

土曜日から旅行に行くため文鳥を父に預けに行った日のこと
何度も電話しても出ないので祖父の所に直接行っても応答なし
異変を感じた京は私に電話
父の家の鍵のある場所を伝え、開けるとドアロックがかかっており、でもTVの音は聞こえると電話で伝えてきた
声かけても応答なし
急遽、母の担当してくれているケアマネさんに連絡
そして管理人さんに連絡
ドアを壊して入ることをお願いしたら隣の方が帰宅して、京はベランダから侵入
倒れている父を見つけました

救急車を呼んだが、すでに父も母も亡くなっていて
警察への連絡となりました

私は身辺の仕事を片付け、すぐに帰宅しましたがすでに父や母は警察へ検視となりあえず
事件性がないことが証明されないとかえれないと
父のゆうちょの通帳が見つからず、翌日主人と部屋をさがし、ようやく見つかり土曜日の夜に引き取りになりました

父が亡くなってから3日が過ぎていて、暑さもあり、父の容貌は変わっていて、別人のようでした。
母は発見が早かったこともありそのままで

父や母に会ってから涙が止まらなくなり、もう話すことも、私の作った野菜も食べてもらえないんだと思うと辛くて

水曜日に介護の方が来たときはなんでもなかったようでした。
父は木曜日の朝、コンビニで買い物していて、その後亡くなったようでした。
心筋梗塞予防の薬は1日の朝までしか飲んでなかったよう。
そして私が部屋を確認したときになぜか冷蔵庫にのりや爪きり、ハサミが入ってました。
きっと体調の異変があったように思います。

たった1日の空白の日。
たった1日なのに暑さが母の命を奪ったんだと。

いろんなことを考えると、母の枕元にはワンプッシュで私に電話できるようになっていました。
母は父の異変に気づいていて、母は父と一緒に旅立つことを考えたんではないかと。
あくまでも推測ですが。
父が亡くなり、自分が残ってはと…


ケアマネさんの話では、母いつも寝ているような状態で、助けを呼ぶような姿もなく、片方の手を胸に当て、片方の手は太ももにあり、眠ったように死んでいたそうです。

もしかしたら母の様態がよくなく、父が母のことが心配し、心拍が上がり、心筋梗塞を引き起こした可能性もあるかもしれません。
冷蔵庫に入っていたのりやつめきり、父が動揺して入れたのかもしれません。
自分の薬も飲まず、新聞も死んだ日は取ってなかったようです。

妹は京にとても感謝していました。
もちろん、私も主人も。
もし京が訪れ、異変に気づかなかったら。
母も父と同じようになっていたと。いや、それ以上だったですよね。

もし京が午前中に訪れていたら…
多分、母の息はあっても助かる可能性は低かったでしょう。

葬儀は父や母たちの意向で家族葬で行いました。
参列者は私の家族と妹家族、そして義妹家族のみ

以前記事にしていましたが、2006年に契約した納骨堂のお寺の僧侶にご導師さまを勤めていただきました。

通夜の日中は大雨洪水警報が出るくらい大雨だったのに、夕方には小雨になり、葬儀は晴天

私たちの気持ちのようでした。
ご導師さまと何度か話して行くうちに父や母の死を受け止めて、そして今日を区切りに乗り越えて行こうと言う気持ちになってきました。
不思議ですよね。
こんなに気持ちが楽になって行くなんて。

父や母たちの選んだ道、ひとつづつ紐解いて行こうって思っています。

父や母のことを知っている方へ
連絡できずすみません。
父や母たちが望んだことと察しください。

父や母は今日、芝山仁王尊に納骨いたしました。
納骨堂で眠っております。
もし訪れる機会がありましたら父や母に手を合わせていただけたら幸いです。

後悔、いっぱいあるけど、後悔していては前には進まない。
私は前を向いていきます。
冷たい人だとおもわれるかもしれないけど。

そして祖父母を発見した京は元気です。
精神力の強さに脱帽しています。

ツィッターでのつぶやきで心配してくださった方、ありがとうございました。
ご自身の身内の方を亡くされた時のことが重なり、どう声かけたらいいかわからない方もいることもわかっています。
たくさんの方が心配してくださっていることも。
ありがとうございます。

私は元気です。大丈夫です。

四十九日まで父や母のために勤めたいと思っています。

昨年の東北大地震で多くの方が亡くなり、いまだに消息がわからない家族は友達がいると聞きます。
突然の死でしたが、こうして父や母の身体がある状態で葬儀を行えたこと、感謝しなければいけませんよね。

もしよかったらココへコメントを残してください。
父や母への供養にもなります。
よろしくお願いいたします。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ