「旬 菜 里」は、旬に採れた季節の野菜をお届けするのと同時に、旬の野菜を使った料理や、旬の野菜を栽培してくれている農家の皆さんを取材しながら、皆さんと供に、旬な野菜について語り合うコミュニティを目指します。
旬菜里は季節ごとの旬の果物・旬の野菜の千葉の山武の名物通販店です。

| ホーム | ショップ | 問い合わせ |

2011/8/28

夏と秋の収穫  
先週は仕事もピークで水曜日まで帰宅が23時、木金と最終で帰宅は日付かわって1時近くでした。

土日はゆっくりしてくださいとたくさんの方に言われたけど、土日は土日でやることがてんこ盛り
でもでも無理しない程度に頑張りました

土曜日は里の畑に
かぼちゃや冬瓜、なす、おくらと収穫

野菜たちの成長もすごいけど、それ以上に草もすごかった
とりあえず野菜たちのまわりだけ草を取りました

そして今日は山の畑へ
畑に入り、がっかり。
落花生を掘り起こしてある
前日、近所の方にハクビシンの被害がでていることを聞いていたが
まさか
先週は大丈夫だったのに
食べちらかしてあって殻がたくさん
それでもまだ実をつけていたので収穫
約10キロ近く収穫できたけど、まだ収穫が早い状態
たぶん、被害に合わなかったら豊作だった
落花生を作って3年目
自然との戦いだな〜。

今年はうちの落花生を販売できるとおもったのにな〜
茹でて食べたら美味しかった
残念〜。

ということでうちの落花生はだめでしたが、落花生の販売を開始します

そして懸念していた新米の放射能物質ですが、検知されませんでした
9月第2週あたりから販売開始できます

また栗も予約販売開始します
これも9月第2週を予定しています

ご利用お待ちしています〜


去年、ぶどうの販売を予告しました
今年は予約してくださった方だけの販売になってしまいました
品種は秋クィーン

来年はもっと拡大したいと思っています


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/8/28

父母のこと  
今日、ケアマネージャーが母のところに来て話をしました。
最初、母は拒んでいて「なんで他人に面倒をみてもらわなくちゃならないんだ」みたいな感じでした。
話すこと2時間。
ようやく母の気持ちも折れてきて、先ずは施設を見てみることに。
無理強いしない話し方だったからよかったのかな?

道を隔ててすぐ向かいにある施設なのでよかった。
いってみて母も一週間に一度、数時間利用してみることに
小規模多機能型移住介護の施設だから時間も自由です

母の体はまだまだ動かせば機能も回復すると思っています。
外出することで良くなってくれたらと思っています。

そして父
先々週に主治医に父のことを相談して、今日話を聞きに行きました
先生から問題ないとのこと
79歳ともなれば記憶力の低下は仕方がないとのこと
少しでも会話することをしてあげればよいとのことでした

一安心しました
0

2011/8/20

かぼちゃ  
かぼちゃを今年、種から苗を作りました。
毎年作るのですが収穫できているとは言えない量だったのですが、今年は凄いことに。
すでに10個の実をつけていて、収穫が楽しみな感じです

クリックすると元のサイズで表示します


日の当たるところを動かしていたら3つボキッとおってしまい、まだ若いのですが近所の方に1つ差し上げました
そうしたら先ほど「かぼちゃ食べた?甘くて練っとりしていて美味しかったよ」と煮たかぼちゃを持って来てくださいました。

クリックすると元のサイズで表示します


食べたら確かに練っとりしていて美味しい
自分が作った野菜をほめていただけるのってうれしいですね

来週あたり野菜パックに入る予定です。

※かぼちゃには多くのカリウムが含んでいて、カリウムは放射能物質のセシウムとくっつきやすく、放射能物質を体から排除してくれる働きがあるそうです。
カリウムの多い食品は他にも枝豆、バナナ、なす、トマトなどがあります。
0

2011/8/17

介護  
昨日は平日の休みを利用して、ローンの借り換え手続きや介護のことを聞きにまわりました。

借入れの時は3.25で今、キャンペーンで10年間1.7と聞き手続きを踏みました
新生銀行なら1%以下ですが、以前手続きをして全額借り換えできず諦めました。
マンションの資産価値が借入れ金額を下回ったからなんです。

そして一昨日記事を書いたことで気持ちの踏ん切りがついたと言うか、ディサービスを利用することを積極的に考えてみようと思いました。

友達に相談してある施設のケアマネージャーを紹介してもらいました。
母のこと、父のことを話してどうしたらよいなのか聞いてもらいました。

1時間以上話してある施設を紹介してもらいました
小規模多機能介護施設
耳慣れない名前でした
本来ディサービスか訪問介護、ショートステイとそれぞれ契約が必要だが、そこは利用者さんのリズムに合わせて切り替えることができるシステムでした。
平成19年に認可がおりたそうです

利用時間も朝7時から夜20時まで大丈夫で
まるで延長保育みたいな感じですね

リハビリとはちょっと違うけど、自立型支援するしくみになっていて、やれることは自分でするようになっているらしい
だから食事を作るのも利用者さん、その材料を買いに行くのも利用者さん
もちろんヘルパーさんがいる形で

またかなり自由な感じで、帰りたくなったらヘルパーさんが空いていれば送ってくださるそう

料金は一律
ただし食事やおやつは利用した分の請求
利用回数の制限はない
母は要介護3だから2万4千円
利用できれば高くないはず

なんといっても母が住むマンションの目とはなの先に施設はある

母とケアマネージャーさんと話すのは来週の週末
受け入れてくれるといいのだが

母がディサービスを利用することになった時に父がポッかり穴が空かないかも心配
また父が焼きもち焼かないかとも
昔から父は母の外出を嫌っていたから

父のことも主治医に検査を頼んで来ました。

まだ一歩を踏み出しただけに過ぎない
進んだり戻ったりすると思う
でもやらないよりやった方がいい
そう思うようにした


余談だか施設も最近たらないらしく待ちの状態だそうだ
運がよかったかもしれない
0

2011/8/15

両親のこと  
旅行前、父が物忘れがひどくなっていることが気になってました。
旅行中もレンのえさを忘れたり

そんな話を京にしたら、京も「痴ほう症がでてきているんじゃないかと感じていたよ。痴ほう症の初期症状と言われる歩き方しているし」と。
足をあげて歩かなくなるらしい。
不安が一気に込み上げてきました。

最近、母もあまり動いていないみたいで、どんどん動けなくなってる。
父にお風呂もシャワーだけでも浴びさせてあげてと言っても生返事。
なんかおかしいな〜と思ったら、母がポツリと車椅子で段差を乗り上げたときに転げおちたと教えてくれた。
父も母も動かすこと、動くことが怖くなってしまったようだ

週末には顔を出していたが、最近は身の回りもみてあげようと、お風呂も入れてあげてから帰るようにしています。
きれい好きな母から想像できないが、どうでも良くなってしまってる

このままではまずい
この数週間モンモンとしています

ヘルパーさんを頼んだり、一日滞在させたり、考えることが必要と思ってきました。

父も痴ほう症の検査を受けさせようと思っています。
初期症状なら薬で進行を抑えることも出来るみたいだし

主人に話したら父や母を呼んだら?と言ってくれたが、家の構造からしてかなり難しい。
部屋数はあっても寝室にできるのは2階のみ

また近所の付き合いも難しい状態になりそうだし。
呼べればベストなんだろうけど。

今、悩みいっぱいです。
家族皆がベストもしくはベターになれる方法を見つけたいと思う。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ