「旬 菜 里」は、旬に採れた季節の野菜をお届けするのと同時に、旬の野菜を使った料理や、旬の野菜を栽培してくれている農家の皆さんを取材しながら、皆さんと供に、旬な野菜について語り合うコミュニティを目指します。
旬菜里は季節ごとの旬の果物・旬の野菜の千葉の山武の名物通販店です。

| ホーム | ショップ | 問い合わせ |

2011/8/17

介護  
昨日は平日の休みを利用して、ローンの借り換え手続きや介護のことを聞きにまわりました。

借入れの時は3.25で今、キャンペーンで10年間1.7と聞き手続きを踏みました
新生銀行なら1%以下ですが、以前手続きをして全額借り換えできず諦めました。
マンションの資産価値が借入れ金額を下回ったからなんです。

そして一昨日記事を書いたことで気持ちの踏ん切りがついたと言うか、ディサービスを利用することを積極的に考えてみようと思いました。

友達に相談してある施設のケアマネージャーを紹介してもらいました。
母のこと、父のことを話してどうしたらよいなのか聞いてもらいました。

1時間以上話してある施設を紹介してもらいました
小規模多機能介護施設
耳慣れない名前でした
本来ディサービスか訪問介護、ショートステイとそれぞれ契約が必要だが、そこは利用者さんのリズムに合わせて切り替えることができるシステムでした。
平成19年に認可がおりたそうです

利用時間も朝7時から夜20時まで大丈夫で
まるで延長保育みたいな感じですね

リハビリとはちょっと違うけど、自立型支援するしくみになっていて、やれることは自分でするようになっているらしい
だから食事を作るのも利用者さん、その材料を買いに行くのも利用者さん
もちろんヘルパーさんがいる形で

またかなり自由な感じで、帰りたくなったらヘルパーさんが空いていれば送ってくださるそう

料金は一律
ただし食事やおやつは利用した分の請求
利用回数の制限はない
母は要介護3だから2万4千円
利用できれば高くないはず

なんといっても母が住むマンションの目とはなの先に施設はある

母とケアマネージャーさんと話すのは来週の週末
受け入れてくれるといいのだが

母がディサービスを利用することになった時に父がポッかり穴が空かないかも心配
また父が焼きもち焼かないかとも
昔から父は母の外出を嫌っていたから

父のことも主治医に検査を頼んで来ました。

まだ一歩を踏み出しただけに過ぎない
進んだり戻ったりすると思う
でもやらないよりやった方がいい
そう思うようにした


余談だか施設も最近たらないらしく待ちの状態だそうだ
運がよかったかもしれない
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ