2009/7/29

よみがえったトンネル  鉄道

中央本線旧大日影トンネル    
クリックすると元のサイズで表示します














旧大日影トンネルは平成9年に現役を引退して、10年後遊歩道としてよみがえりました。旧立場川橋梁と同じ明治37年に完成しました。このトンネルは勝沼ぶどう郷駅(中央本線)の東京方向に入り口があります。長さは1367.8mで一直線反対側の出口が小さく見えますが実際に歩いて見るとなかなか近づいてきませんでした。
トンネルはレンガで出来ていて、イギリス人技師の指導のもとに建設されたそうです。よく見ると長方形のレンガが一段ごとに縦方向と横方向に積まれていました。素晴らしい技術ですね、頭がさがりました!!  

クリックすると元のサイズで表示します  















トンネルの中は作業員の待避所や非常電話、勾配の標柱などそのまま残っています!!
クリックすると元のサイズで表示します  
















新しいトンネルから飛び出した特急「あずさ」です。
クリックすると元のサイズで表示します

4
タグ: 鉄道 電車 写真



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ