ジョジョリオン 第19話 あらすじ 感想 【ネタバレ】   ジョジョリオンあらすじ感想

自分のルーツを知ってさらに先に進みたい定助の前に立ちはだかる「カツアゲロード」今回は常秀という連れがいるにも関わらず、助けるどころか逆に彼を罠にはめようとする始末。こんなんで敵に勝つことができるのか!?休載をはさんで2か月ぶりのジョジョリオンです。
続きを読む

 

【ジョジョ】JOJOVELLER完全限定版 、50日間限定予約開始!  ジョジョリオンあらすじ感想


ウルトラジャンプ発売日の本日、荒木飛呂彦最新画集「JOJOVELLER(ジョジョベラー)」の
詳細がついに明らかになりました。
発売日は豪華版が9月19日。本のみ3冊を収録した通常版は来春発売予定。

公式サイト
http://jojoveller.com/

Twitterなどで「2万」という情報をちらほら目にはしていたのですが、やはり豪華版のお値段はぴったり20000円

収録内容は
・JOJOVELLER 画集
 6部〜8部を中心に300を超えるフルカラーイラスト収録208ページ
・STAND BOOK
 すべてのスタンド〈パラメータ含む〉や、これまでの画集に未収録のスタンド使いの情報を掲載。120体を超えるスタンド、320ページ(予定
・HISTORY BOOK
 荒木飛呂彦とこれまでの編集担当他との対談など、ジョジョの25年の歴史について明かされる160ページ

ここに豪華版は特典のBlu-rayが2枚付きまして〈+収納できる特製BOX〉
・去年行われたジョジョ展の模様を収めたもの、
・画集のために書き下ろされたイラストのメイキング
ダイジェスト映像はこちら



この豪華版は5月7日までの50日間限定で予約受付中。受注生産なので、予約さえすれば確実に買えます。


冒頭にも述べましたが、Blu-rayがつかない、画集3冊のみの「通常版」は8500円で来春発売予定だそうなので、特典映像や、装丁の仕様などにこだわらない場合はそちらを待つのもありかと思います。

公式サイトでは段階的に特別なPC用壁紙も配信されおりまして、画集がスタンド攻撃を受けているようなデザインになってます。

※まだウルトラジャンプ買いに行ってないので、今月のジョジョリオンの感想は夜くらいに更新します。

 

ウルトラジャンプ 3月号 ジョジョのDVD付き  ジョジョリオンあらすじ感想

今月はジョジョリオン休載なので、ちょっとがっかりなんですけけど、基本的にウルトラジャンプの漫画は全部目を通してるので購入。
今回はなんと「ジョジョの奇妙な冒険」のDVDが付録です。

内容はというと、
1.現在好評放送中のアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のだ1話
2.ジョジョ4部のキャラクタが登場するウルトラジャンプのCM集3つ
3.ジョジョオールスターバトルのPV集3つ
4.ジョジョ展(東京)の模様
という豪華なラインナップ。

アニメは先月末に1巻、そして2月22日に2巻が発売されますが1巻の売上は22000枚で、同期の中ではガールズパンツァーというアニメについで2位ということです。
注目度の高さや、各巻の特典、全巻購入特典の応募券、などから結構売れると思っていましたが、かなりいい感じですね。
2はそのジョジョのアニメとかで流れる今月のウルトラジャンプは〜みたいなやつで、億泰を演じる高木さんのハマりっぷりにいつも笑ってしまいます。
3はすでにYouTubeでも公開されていたPVですが、DVDということでテレビで見られたのがよかった。あくまで現段階のPVですが、ゲームはテレビでやるわけですから、実際の感じに最も近くなるはず。キャラクターたちが画面で生き生きと動きしゃべるのはただ見てるだけでも十分ふるえるぞハートな世界です。
残念ながらPVは3つまでしか収録されてなかったのですが先日公開された4つ目のPVは今まで以上に心にくるものがあって、ますますゲームの発売が楽しみです。

ウルジャン本誌にもそのゲームの特典など数ページ載っていますが、フィギュアや特性レリーフ、サントラなどがつく豪華版は17000円くらいしており、ましてや(あくまで噂ですが)転売を目論む人たちがこぞって予約したために、現在Amazonでも予約できなくなってしまっています。
ということで僕は諦めて通常版を購入予定。通常版でも初回特典で「吉良吉影」が使用可能になるDLコード他がついてくるので、満足ですけど。

4は行きたいなと思いつつ、結局断念した「ジョジョ展」の模様が3分くらい収録されてて、思った以上にアートだし、色々体験できるものもあったりして、プチ後悔。原画が飾ってある壁によーく見ると漫画のコマが印刷してるのとかすごくカッコよかった。
近日詳細が明らかになる最新画集を買って、このモヤモヤを吹っ飛ばしたいと思います。

最後に付録DVDに収録されてなかったゲーム「ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル」の最新版PV(4つ目)を載せておきます

ジョニィのかっこよさ。
定助が真殿光昭さんなのが個人的に嬉しい。セサミストリートのカーミット(カエル)とか、吹き替えだとクォンサンウとか。とにかく二枚目と三枚目両方似合う素敵な声なので最高です。

まだまだ登場キャラは出てきそうですけど、やっぱり最初は数名で、クリアしてくごとにプレイアブルが増えてく形式なんでしょうかね。なんにせよ、買ったら最終的にどのキャラもいじり倒すことは間違いないと思いますけど。

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル(数量限定生産 黄金体験 BOX)
バンダイナムコゲームス (2013-08-29)
売り上げランキング: 3

↑こちらは予約すらできず、マケプレで45000円とか足元見てる値段なのでスルーして
↓こちらを予約するのが吉。


今月のウルトラジャンプはこちら



 

Kindleにジョジョ フルカラー版登場【遅報】  ジョジョリオンあらすじ感想

昨年10月末に、Amazonの電子書籍サービスKindle(キンドル)の日本版がスタートし、ジョジョも配信されたということを書いたのですが
<リンク>
電子書籍でジョジョが読める。Kindle日本上陸
http://sky.ap.teacup.com/himawari/2015.html

なんと12月29日より、フルカラー版も登場してました。
当時はまだモノクロ版ということで、文庫版コミックスがそのまま電子書籍になっただけという感じだったのですが、デジタル技術で鮮やかに彩られた全編フルカラーの漫画が、値段そのままに読めるようになりました。
※他社サービスによってはオールカラーとして配信されていたのですが、キンドルではモノクロしかなかったので、これは嬉しいサービス。

今のところ、3部のラストまでと、第7部のみでカラー版が配信されており
コミックス紙媒体が410円だった7部はモノクロが368円に対し、カラー版は473円(ほかのカラー版と同じ値段)となっておりましてカラーになった分、コミックスよりも63円高くなってます。
モノクロ版なら手元にあるコミックスと変わらないので、そこまで劇的な魅力を感じませんでしたが、カラーとなると俄然欲しくなってきてしまいますね…

というか6部までは文庫版より値段も安くてフルカラーだとか、お得すぎる。デジタルデータは劣化しないし場所も取るので、これから読みたいと思ってる人は絶対にこちらがオススメですよね。

前回書いた時にはまだタブレットであるKindle本体は予約開始の段階でしたが、無事に発売され、CMも流れています。iPadを持ってるので今のところ購入予定はありませんが、タブレットの中でも魅力的な選択肢のひとつだと思います。
iPhoneやiPadなどのApple製品や、Androidなどのスマホでも、Kindleアプリ(無料)を入れることで購入した電子書籍を読めるので、特に本体買う必要ないというのはありがたいです。

漫画は大抵サンプルとして冒頭の10ページ前後読めるので、お気軽にお試しください。僕のキンドルアプリの本棚はサンプルだけでもものすごいことになってます(笑

さいごにジョジョカラー版 各1巻のリンクを載せておきます。
物語の最初である1部、現在放送中の2部、あるいは一番知名度が高いであろう3部、そして単発でも十分楽しめる7部、どれもオススメです。





正直想像以上に綺麗でびっくりしました。一度購入すればほかのデバイスでも読めますが、タブレットなどの大きい画面でみるのおすすめします。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ