のだめカンドービレ  テレビ・ドラマ

昨日はドラマ「のだめカンタービレ」の最終回だった。かなりの登場人物が多いし、しかも個性豊かだったので、とても面白かった。

最終回は、海外留学などで、今いるメンツでのオケ最後のクリスマスコンサートをやるって話で、一番最初に千秋が指揮をした曲を最後にもう一度やるってことで、番組終盤、いよいよその曲の演奏に入る前の休憩時間に、みんなが千秋先輩にメッセージを送るシーンでじわじわきて、
始まるときの「さあ、楽しい音楽の時間だ!」っていう千秋のセリフで完全にダムが決壊して(涙腺の話)、観客席で演奏を見るシュトレーゼマン(天才・千秋の師匠)の「今音楽を出来ることが特別だとかみしめることが幸せ」みたいなセリフ、そして何より、指揮を司ながらの千秋の回想シーン、そして心の声『俺もみんなに伝えなきゃ、感謝の気持ちを』って奴と、それに応えてアクロバティックなパフォーマンスをして、すごいかっこよかったので涙が止まらなかった。
演奏が終わって静けさのなかで伊武雅刀さんの「ブラボー」で一斉に総立ち+拍手も震え上がった。そしてなにより、その演奏会の拍手のなかエンドロールだったのが近年まれに見る良作だと思った。くだらない蛇足をとか付けなかったし。


で、なんと1月からはまたフジ系でテレビアニメとしてやるそうです。もっと準拠するのかな。実際コミック版は海外に行っても話は続くんでしょ?楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します←人気ブログランキング

 

M-1 グランプリ 06  テレビ・ドラマ

昨日はM-1グランプリという毎年恒例の漫才のうまさを競う大会の決勝戦を放送していて、少しだけ見た。

まずなんで03年の優勝者フットボールアワーがいるんだよ。と思った。もう一回取ったら必要ないのでは?と思ってしまう。個人的にそこまで面白いとは思わないし。

あとは前々から話題になっていた素人さんのコンビは、セレブ婚したい→合コンしたい→フジアナになりたい、とここまではよくて、その後「高橋英樹さんの娘」とか結構恐い者知らずなこと言って、まあ素人さんしか出来ないネタだった。松本さんとか引いてたけど。

麒麟(きりん)の川島(声低い)さんが好きなので、決勝残ったときはうれしかったけど、やっぱいまいちだった。でも、ガッツのモノマネできないからしない、という川島のネタに「麒麟はお前で持ってるんだ」とおそらくアドリブのつっこみをした田村も良かった。

で、なんと言っても文句なしで面白かったのは優勝した「チュートリアル」久々に漫才で声あげて笑ってしまった。徳井さん面白すぎる。
特に麒麟・フットボールとの優勝決定戦(2回戦)にやった「ちりんちりんを盗まれた」は秀逸。例によって、↓のリンクから動画が見れます。ネタというより、向かって左にいるひとの狂い具合に注目

http://www.youtube.com/watch?v=D58JDLGEwkY


クリックすると元のサイズで表示します←人気ブログランキング

 

ひとりでできるもん  ようつべ

実はDr.コトーと一緒に録画している番組があって、中京テレビ制作の深夜番組「スーパーチャンプル」というんですが、DA PUMP司会の(ストリート)ダンサー番組で、有名なダンサーの紹介とHPの人気投票の結果そしてその人たちのパフォーマンスみたいなもので、ジャズ、レゲエ、ポップ、アニメ、そしてブレーキンいろんなジャンルの人がでてて、しかも優勝者とかなので上手いんです。

そのなかで「ひとりでできるもん」というオペラ座の怪人のマスクをかぶって、上手いのにすっごいおもしろいダンスをする人がいていつも笑わせてもらってます。

そんな彼の動画をがみつかったので2個紹介します
続きを読む

 

co.慶応 その2  ようつべ

co.慶応さんの歴史RAP第2段です
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ