2015/12/31

手の平の上の流浪  ひとりごと

2015年ももうすぐ終わりますね。
この時期になるといつも思い出すのは、本田さんと一生懸命考えた「輝け!本田家レコード大賞」のことです(笑)

参考記事⇒http://sky.ap.teacup.com/applet/herotake/20101231/archive

我ながらバカなことをしているなぁと思うのですが(しかも曲がかなりマニアック…)、そんなことを一生懸命やるふたりだったから、笑える思い出が多いのだと思っています。
そして今でも毎年、今年の大賞は何かなぁ・・・?と、一人で考えてしまいます。

さて、今年は直接本田さんに関するイベントなどはほとんどありませんでしたが、逆に本田さんとのつながりから生まれたものが、私の日常になっていた1年だったのではないかと思っています。
(例えば、今年も本田さんとつながりのある色々な方のコンサートへ行きましたが、それは、本田さんの為にというよりも、私が聴きたいから行っているというように)

そして個人的にはやはり40代を迎えたということが、今年の一番の出来事だったかなと思っているのですが、本田さんは「40代は色々と割り切れてラクだよ」と言っていたのですが、私は結構その壁?に悩まされた1年でした・・・というより、まだまだ悩み続けるのだと思いますが、こんな自分を本田さんは怒るんだろうなぁ・・・と時々思いながら、あまり怒られないように頑張っていきたいと思います。

ひとつだけ、あまり目標を達成しない人間なんですが(笑)、今年は1年間水泳(と言えるほど本格的ではなく、ただプールで泳ぐだけですが)を続けることができました。行ける時に行ってただけなので、5、6回行った月もあれば、1回しか行ってない月もありますが、とりあえず1年を通して続けられたので、これは来年も続けたいと思っています。

というわけで、今年も一年間お世話になりました。皆さまにとっても、私にとっても、良い年を迎えられることを願っています。
良い年を迎えましょう!
15

2015/12/21

クリスマスの約束2015  ヒーロー

クリスマスには少し早かったですが、25日は仕事の都合がつかず休めなかったので、昨日、福島県いわき市にあるイタリアンレストラン「don3」へ行って来ました。

ご存知の通り「don3」は、本田さんが2009年〜2011年まで12月25日にクリスマスコンサートを行なったレストランです。「クリスマスの約束」として、毎年このコンサートを開催することを本田さんは目標として闘病生活を送りました。そして2011年は東日本大震災で被害を受けた「don3」のマスターも、このコンサートの開催を目標にお店を再開し、お互いにクリスマスの約束を果たしました。
12月25日は本田さんが病気の告知を受けた日でしたが、そんな辛い日も、このコンサートのおかげで、とても大切な日となりました。

昨日は、毎年クリスマスコンサートに来てくださっていた本田さんの山形大学の同級生の阿部菜穂子さん、そして本田さんと「don3」を結び付けたFさん親子と一緒に、美味しいお食事を楽しみました。本田さんも久々に?日本酒をいただき、顔がほころんでいる気がしました。

みなさんにもあたたかい素敵なクリスマスが訪れますように。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
5

2015/12/3

クリスマスツリー  ひとりごと

2008年のクリスマスに本田さんと一緒に買ったクリスマスツリー。
12月25日は本田さんにとって特別な日だったからこそ、毎年このツリーを飾って、一緒に見られる幸せを感じていました。
2012年はこのツリーこそ一緒には見れませんでしたが、緩和ケア病棟にも11月から大きなクリスマスツリーが飾られていて、時々お散歩に連れ出した時に一緒に見たことは素敵な思い出です。
もちろん2012年のクリスマスも、それ以降も、このツリーは毎年飾っています。
今年も飾ったので、久々に載せてみることにしました。

  クリックすると元のサイズで表示します
9

2015/12/2

きみにしか聞こえない  ひとりごと

あれから3年が経ちました。
皆さん、11月28日はどのように過ごされましたか?
私はどうしても休めない仕事があった為、仕事をしていました。けれどその日から熱を出してしまい、帰って来てからは寝込んでました・・・
その後も無理して仕事をしたりしたので、ちょっと長引いてしまい、やっと落ち着いて来たので、このブログを書いています。

熱にうなされながら、本田さんの音楽を聴いて、「本田さん怒ってるのかなぁ・・・?それとももう少しそばにいて欲しいってことかなぁ・・・?」など、色々考えました。
確かにこの1年は毎日仕事の帰りが遅く、休日は休日で出かける事も多かったので、ゆっくり家にいる時間が少なかったのは確かで、「あまり無理をしてはいけないよ」と知らせてくれたのかなとも思いました。

昨日は久々に闘病記「もし、僕のうたに翼があったなら」を読みました。改めて読み直すと、あの頃には分からなかった本田さんの気持ちが見えたり、その時の自分の行動を思い出して反省させられたり・・・

本田さんときちんと向き合うこと、それは私には前に進めなくなってしまう怖さがあったので、正直この3年間は避けて来たところがあったかもしれません。だからこそ前に進んで来れたので、それは間違っていなかったと思っていますが、前に進めたからこそ、これからは少しずつ向き合って、振り返っても良いのかなと思いました。
そんなことを考えた3回目の命日でした。

ところで、すでに何人かの方からメッセージをいただいたので、ご存じの方も多いかもしれませんが、ちょうど11月28日の夜、NHKの「データなび」という番組に、ほんの少しですが私も出ました。
同姓同名で集まっている「田中宏和の会」というものがありまして、その会が番組の中で取り上げられました。実はこの会のことは随分前から知っていて、本田さんにも「早く参加しなよ〜」と言われていたのですが、何となくタイミングを逃してしまったり、本田さんのこともあったのでずっと参加せずに来たのですが、何となくそろそろ参加してみようかなと思い連絡をしたところ、偶然「今度番組で紹介されるので、その時にぜひいらしてください」というお返事をいただき、参加して来ました。そしたらさらに偶然にも放送日が11月28日ということで、これは本田さんが仕組んでくれたプレゼントだったんだなと思いました。

そんなわけで、これからも変わらず共に歩んで行きます。
13



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ