2015/6/30

本田武久追悼コンサート in don3 ファイナル  ヒーロー

2015年6月27日、福島県いわき市にあるイタリアンレストランdon3で、「本田武久追悼コンサート ファイナル〜あなたを忘れない〜」が開催されました。

2013年から元ラジオ福島の大和田アナウンサーを中心に、毎年この時期に行なわれて来た追悼コンサートでしたが、3回目となる今回で一区切りとすることになりました。
毎回出演してくださったソプラノの寺島夕紗子さん、ピアノの横山歩さん、シンガーソングライターの門馬よし彦さんが今回も出演してくださり、素敵なコンサートとなりました。

まずはこの6月で10周年を迎えたdon3のマスターの挨拶から始まりました。マスターは震災後に本田さんからもらったメールを読んでくださり、「クリスマスにはまた歌いに行きますから。約束ですからね。」という本田さんからの言葉がなかったら、あの時お店を畳んでいただろうし、この10周年も迎えられなかったと、いつもニコニコのマスターが珍しく涙を流してお話してくださいました。
だけどその約束は本田さんにとっても生きる力になっていたわけで、don3との出会いから色々なものが生まれたことを、改めて感じました。

続いては、広島県のいくまさ鉄平さんという方が制作した紙芝居が披露されました。いくまささんは、戦争で広島からたくさんの物語が無くなってしまったことから、様々な物語が語り継がれるように紙芝居を制作されているとのことでした。震災後は、東北での物語を語り継ぐ為に、現地を回りながら紙芝居を制作したそうです。その中の1つ、津波から人々を救い亡くなってしまった当時高校生の工藤盛人さんの物語「ひとつ」が披露されました。「ひとつ」はこの日初めて披露されたそうですが、工藤さんのお母様も来場してくださり、一緒に鑑賞しました。

続いてコンサートが始まり、まずはシンガーソングライターの門馬よし彦さんが、本田さんが好きだった復興ソング「願い」と、本田さんの為に作られた「秋の風の中」を演奏してくださいました。

そしてソプラノ寺島夕紗子さんとピアノ横山歩さんが、たくさんの曲を演奏してくださいました。本田さんの愛唱歌「アメイジング・グレイス」も演奏され、本田さんの歌声も聴こえて来るようでした。そして戦後70年となった今年、「さとうきび畑」は色々なことを訴えているように感じました。

毎回出演してくださった3名の方々は、直接本田さんと会うことはできませんでしたが、本田さんが残したものやdon3から生まれたつながりであり、改めて本田さんが残したものは、こうしてまだまだ広がっているんだということを感じました。
そして震災や病気だけではなく、それぞれに色々な悩みや苦労を抱えているけれど、生きている限りは、少しずつでもいいから前に進んで行こうという気持ちにしてくれるコンサートでした。

それからやはり音楽は、時間や空間を旅させてくれるものだなぁと改めて感じました。私は久々に本田さんと一緒に旅を楽しんだような気分になりました。音楽の力はすごいですね。

このコンサートにこれまで関わってくださった皆様に、心より感謝いたします。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
15

2015/6/24

一歩前  ひとりごと

今の私はあなたの目にどんな風に映っていますか?

いつまでもあなたの年齢を追い越すことなどないと思っています。
これからも私の前を歩き、時々甘ったれな私をたしなめてください。

今年もここから静かに祈っています。
お誕生日おめでとう。
16

2015/6/15

本田武久追悼コンサート あなたを忘れない  ヒーロー

今年も福島県いわき市にあるイタリアンレストラン「don3」にて、本田さんの追悼コンサートが開催されます。
2013年から毎年、本田さんの誕生月である6月に開催されているこのコンサート。今年で3回目となりますが、出演は初回から変わらず、ソプラノの寺島夕紗子さん、ピアノの横山歩さん、シンガーソングライターの門馬よし彦さんです。

このコンサートを毎年開催してくださっている元ラジオ福島アナウンサーの大和田新さんより、以下のようなメールが届きましたので、掲載致します。


「本田武久追悼コンサート」

ガンと闘いながら、福島の為に歌い続け亡くなった、テノール歌手の本田武久さん。

その本田さんを偲ぶ集いが、今年も行われます。

「本田武久追悼コンサート」、平成27年6月27日(土曜)午後5時から、場所は本田さんがクリスマスの日にコンサートを開いていた、いわき市小名浜大原のイタリアンレストランdon3
(ドンスリー)。

ゲストは、ソプラノ歌手の寺島夕紗子さんと、地元シンガーの門馬よし彦さん。ピアノ伴奏は、寺島さんの友人の横山歩さん。

寺島さんは本田さんと同じく東京芸術大学卒、生前の本田さんの支援活動に感動し、毎年追悼コンサートに参加している。

反戦歌「さとうきび畑」は、寺島さんの父・尚彦さんが作詞・作曲した。

戦後70年の今年、感動のさとうきび畑が聴ける事でしょう。

福島県浪江町請戸出身のシンガー・門馬よし彦さんは津波で自宅を流された。

請戸地区は160人が亡くなり、30人が行方不明になっている。福島県最大の被災地の一つだ。

門馬さんが、震災の年の5月に作った「願い」は、鎮魂と慰霊、そして復興への力に溢れていた。

「願い」を聴いた本田武久さんが言った。「数ある復興ソングの中で、私はこの曲が一番好きです」と。

門馬さんは本田さんが亡くなった後、「秋の風の中」という、本田さんに捧げる歌を作っている。

大和田新


一度「don3」に足を運んでみたいと思っている方もいらっしゃると思いますが、この機会にいかがですか?

お問合せ⇒http://www.gurutto-iwaki.com/detail/item_169.html





以前にもお知らせしていますが、「本田武久オフィシャルホームページ」は以下のURLに移動しています。登録の変更をお願い致します。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/takehero/
6

2015/6/5

『よんもん』はじめました  ヒーロー

本田さんの山形大学の後輩であり、本田さんが使っていた防音室を受け継いでくれた川出康平さんが主宰している声楽室内アンサンブル「よんもん」が、またまたコンサートを開催します。

これまで「よんもん」は、「今日、明日、また明日」、「最愛」はもちろんですが、作詞・作曲:アベタカヒロの隠れた名曲「あなたへ」も演奏するなど、本田さんをリスペクトしながら演奏活動をしています。
もちろんそれ以外でも、耳なじみの曲からまじめな曲まで、とても楽しくて心地よいハーモニーで届けてくれます。
お時間ありましたら、ぜひ足をお運びください。

 おいしい室内あんさんぶる
 『よんもん』はじめました
 〜うたいま初夏、ききま初夏〜

 2015年6月6日(土) 開演)14:00
 カフェギャラリー リンデン
 横浜市青葉区もえぎ野22-25
 045-532-5288
 2,500円(ドリンク付き)予約制

 クリックすると元のサイズで表示します


 アプリコ みんなの音楽祭2015
 若手声楽家による
 『うたの贈り物withよんもん〜外国のうた〜』

 2015年7月25日(土) 開演)15:30

 アプリコ みんなの音楽祭2015
 若手声楽家による
 『うたの贈り物withよんもん〜日本のうた〜』

 2015年7月26日(日) 開演)13:30

 両日とも
 大田区民ホール・アプリコ小ホール
 東京都大田区蒲田5-37-3
 03-5744-1600
 2,000円(全席自由)

 25日詳細⇒http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/aprico/event/tabid/180/Default.aspx?itemid=82&dispmid=876

 26日詳細⇒http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/aprico/event/tabid/180/Default.aspx?itemid=85&dispmid=876


全てのお問合せはメールにて⇒info@yon-mon.com
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ