2014/1/13

道徳「本田くん」  ヒーロー

2014年を迎えて早いもので2週間が経とうとしていますが、皆様はどのように新しい年を迎えていますか?
私は元旦の朝、みなとみらいで見事な初日の出を見ることができました。星を見た時よりも太陽を見た時に本田さんを感じる私にとっては、良いスタートが切れたなと思っています。

さて、昨年の話になってしまいますが、ある方より1通のお手紙が届きました。コンサートにも来てくださってた女性の方からですが、その方の息子さんの中学の時の担任の先生が、本田さんの山形大学の先輩であったという繋がりから、その先輩が学校の道徳の授業で、本田さんを題材にしてくださったということでした。そしてその授業の感想が載せられた学級通信を送って来てくださいました。
感想のいくつかを転記したいと思います。

・道徳の授業で「命の大切さ」について学びました。私も最近クラスや廊下で「死ね」という言葉を聞きます。自分も気にせず「死ね」という言葉を言ってしまうことがあります。生きたくても生きられない人がいるのでちょっとしたこととかで、人を傷つけるようなことは言わないようにしたいと思います。道徳の授業はとてもためになりました。
・今日の道徳は人生のまとめをした人について学びました。自分も年をとったら悔いの残らないように好きなことをしたいと思いました。何をしようか考えます。
・今日の「本田くん」の授業で改めて命の大切さや生きている幸せを感じることができました。本田くんのような人がたくさんいるのに命を粗末にする人がいるので、僕は命を大切にしようと思いました。
・今日の道徳で癌なのに残りの人生を歌い続け話を聞きました。すごいと思いました。
・今日の道徳で「本田くん」という話を聞きました。宣告された余命の中で生きるために頑張る姿はすごいと思いました。
・今日は道徳の時間に24時間テレビの「本田くん」について勉強しました。腫瘍ができているのに歌を歌い続けて、すごい歌を愛する人なんだと思った。私はこんな努力をしたときはないからすごい。

本田さんの音楽だけでなく、生きる姿もこうして伝えられているということ、しかも未来に羽ばたく子供たちにというのは、とても嬉しいことだなと思います。
今年も、本田さんが色々な方の心の中で生き続けていることを、たくさん感じられたら良いなと思います。

 クリックすると元のサイズで表示します
24



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ