2010/6/26

あきた がん ささえ愛  ヒーロー

6月20日(日)秋田で行なわれた「あきた がん ささえ愛」のイベントの様子をお伝えします。

このイベントは、がんや命について考えるきっかけをという目的で、今回初めて開催されました。本田さんのコンサート以外にも、パネル展示や説明会、タオル帽子講習など、様々な企画がありました。

  クリックすると元のサイズで表示します

今回のコンサートは、1ケ月半振りの本番だったり、プロレスも行なわれるという程の広い会場の為、マイクを使っての演奏だったり、予想以上にたくさんのお客様が来て下さったりと、大変なことも多かったようですが、前向きな曲のセレクトと本田さんのメッセージにより、元気の出るコンサートとなりました。

〜Song List〜

 ♪夏の思い出
 ♪夏は来ぬ
 ♪我は海の子
 ♪荒城の月
 ♪浜辺の歌

 ♪知床旅情
 ♪みかんの花咲く丘
 ♪365歩のマーチ
 ♪少年時代
 ♪上を向いて歩こう
 
 ♪エーデルワイス
 ♪すべての山に登れ
 ♪オーシャンゼリゼ
 ♪アメージング・グレイス

 <EC>
 ♪つばさ〜翼をください

  クリックすると元のサイズで表示します

前半は夏を感じる曲を中心に演奏し、中盤は誰でも知っているポピュラーソングを演奏しました。
「365歩のマーチ」や「上を向いて歩こう」は、元気が出る曲と詩に、会場全体が盛り上がっていました。「少年時代」は、先日の病院でのコンサートでも思いましたが、本田さんの声に合っていて、心地良い仕上がりになっていました。
後半は外国の曲、といってもやはり誰でも知っている曲を演奏してくれました。久々に聴いた「すべての山に登れ」は、力強さのある素晴らしい曲だなぁと、改めて感じました。本田さんにとっての応援歌である「アメージング・グレイス」は、きっと皆さんへの応援歌にもなったのではないかと思います。
アンコールでは、本田美奈子.さんの「つばさ」という曲のサビをアカペラで歌い、そこから「翼をください」が始まるという、素敵な演出もありました。と、自分で素敵と言ってしまいましたが、実はこれは私の案を取り入れて頂きました。がんのイベントということで、本田美奈子.さんの曲をどこかに入れてほしいという想いがあり、ちょうど「つばさ」という繋がりでひらめきました。でも本当に演奏してくれるとは思わなかったので、さすがプロだなぁと感激しました。

  クリックすると元のサイズで表示します

このコンサートは、秋田県各地の病院などでライブ中継されました。会場へ足を運ぶことが難しい方々にも、本田さんの歌声が届いたのかと思うと、とても嬉しいことであり、さらに誰かの心に何かが届いていれば良いなと思います。

  クリックすると元のサイズで表示します
  ↑左下のテレビに映っているように、中継されました。

当事者である本田さんが、このイベントで歌うことの意味は、とても大きなものがあったと私は思っています。そして歌うことはもちろんですが、それ以外にも色々な形で、このイベントの力になっていける人だとも思っています。そして本人もそれをきっと望んでいるのではないかなと思います。
今回立ち上がったこの素晴らしいイベントが、さらに発展していくことを願っています。
6

2010/6/24

めぐり逢い  ひとりごと

お誕生日おめでとう。

本来ならこちらがお祝いすべき日ですが、今日は逆に素敵なうたの贈り物を、こちらが頂いてしまいました。
とても素敵なコンサートでした。

だけど、昨日のCD発売といい、今日のコンサートといい、音楽の力によって、忘れられない誕生日になったのではないかと思います。

40代まであと一歩のこの一年が、より輝くことを願って…

そしてその輝きを、この一年もそばで見守っていけますように…


再び訪れた今日の日に
生まれて来たことと出逢いに
心から感謝して
7

2010/6/18

何気なく過ごして来た日々が力になる  ひとりごと

まずはまたこの日を迎えられたことに感謝します。


山あり 谷あり 直線あり 回り道あり

歩く日もあり 突っ走る日もあり

前に進む日もあり 立ち止まる日もあり

うつむく日もあり 空を見上げる日もあり


振り返ればさまざまな足跡が残されていて

前を見ればこれから進むべき道がずっと続いている


いろんな道は歩めども 進むべき道に迷いなし
9

2010/6/17

幸せは空の上に  ヒーロー

今日は神奈川県立がんセンターでの、本田さんのロビーコンサートへ行って来ました。
本田さんは、午前中に受診をし、午後からコンサートというちょっと大変なスケジュールでしたが、無事終えることができました。

前回の本番から1ケ月以上あいだが空いていたり、今回で3回目とはなりますが、やはり特別な場所でのコンサートということもあり、いつも通り緊張していた様子でしたが、聴きに来て下さった皆さまに、しっかり音楽を届けられたのではないかと思います。

 木曜ミニコンサート(第439回)

  ♪夏は来ぬ
  ♪我は海の子
  ♪蒼いフォトグラフ(第1部のみ)
  ♪月の砂漠
  ♪少年時代
  ♪島唄
  ♪上を向いて歩こう

本田さんのブログにもあった通り、第1部では主治医の先生も仕事の合間を縫って、ちょこっと聴きに来て下さったので、そのタイミングでリクエストのあった松田聖子さんの「蒼いフォトグラフ」を演奏しました。
この曲のアレンジは本田さん自身が行ないましたが、前奏に「赤いスイートピー」のメロディを入れるという工夫を凝らし、素敵な仕上がりになっていました。先生もきっと喜んでいたのではないかと思います。

「島唄」は、以前本田さんが高校の非常勤講師をやっていた時に、学校の何かの式典で、吹奏楽部と一緒に歌うということがありましたが、それ以来の演奏でした。
今回はピアノ伴奏ということで、また違った雰囲気でしたが、最後には皆さん手拍子をして下さり、盛りあがりを見せました。今後のコンサートでも聴ける機会があると思いますので、お楽しみに!

そして最後は「上を向いて歩こう」でした。
ちょうど一年前の初めてのロビーコンサートでも、この曲を本田さんは歌いましたが、あの時は泣くことを堪えながら、涙をいっぱい浮かべて、何とか歌い切ったことを思い出しました。
今日の本田さんは、「辛いことはあるけれど、前向きな気持ちでがんばれるように」というメッセージを添えて、笑顔を見せながらテンポ良くこの曲を聴かせてくれました。
だからこそ、途中で堪え切れずに涙を流す方も見受けられましたが、きっと何かが届いたのではないかと思います。
やはりこの曲は、この場所では特別な力を持つ曲だなと思いました。
私も堪え切れずに涙してしまったことは、言うまでもありませんが、その分、見事に歌い切った本田さんに、惜しみなく拍手を送りました。

さて、ここから本番が続きます。体調管理は、私よりしっかりしている本田さんなので大丈夫だと思いますが、しっかり皆さんのもとへ本田さんの歌声が届けられるよう、私も出来る限りのサポートをしていきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2010/6/16

愛しさのある場所  DIARY

今日は私も、サークルぼいすの2周年記念の会に参加しました。
年に2回行なわれるお食事会は、本当に美味しいお料理がたくさん並ぶので、食欲旺盛な私にとっては、楽しみで仕方ないのですが、今回も見事なお料理が並びました。(写真は本田さんのブログを参照して下さい)
ていうか前回の時に、とりあえずうちらはデザート+飲み物担当ということを決めただけで、他の方は特に決めていなかったのに、見事に料理が重なることなく持ち寄られ、それだけでもすごいチームワークだなぁと思ってしまいました^o^(皆さん打ち合わせてたんですか?)ごちそうさまでした⌒μ⌒

さて、2周年ということでしたが、最初は4、5人から始まったサークルで、「今日は誰か来るのかねぇ?」なんて、よく心配していたものでした。
しかし今日集まったのは20人!見事に成長したものです。しかも、最初の頃は人の入れ替わりも結構ありましたが、今来ている方達は、ほとんどの方達が1年以上前から来ている方達だということも、嬉しいことだなぁと思います。

そして今日も10代〜80代までという幅広い年齢層の方達が集まりました。これもこのサークルの魅力かなと思います。それぞれ生きて来た時代も、環境も違う人達が、音楽というものを通して集まり、それぞれの話に耳を傾け、癒され、考えさせられ、元気づけられ、笑顔にさせられる。ありがたいことです。

もちろん歌うことの楽しさも、このサークルの魅力です。別に指導されるわけでもなく、上手に歌うことを目指すわけでもないフランクさが良いと、今日来ていた方々もおっしゃっていました。これはまさに本田さんだから成せる技という感じがしますが^o^以前にも書いた通り、そのスタンスを貫いて来たことは、すごいことだなと思うし、それを理解している皆さんも素晴らしいなと思います。

これからも皆さんの笑顔に出会えることを、そして素敵な歌に出会えることを楽しみにしています。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ