【富士山登頂】  富士山登頂記

【冨士山登頂】
           Since 1983.8.1 (Blog立上げ2005.7.31)

クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂剣が峰(2011.8.11 9時9分撮影)


1983年8月
私が会社で山梨県全域及び静岡県の一部を担当する建設現場へ赴任した事から富士山との関わりが始まった。
富士山三代目所長を拝命され、富士山頂測候所(1973年竣工、建設省管轄)のメンテナンスを3年間担当し、その調査登頂や工事中の工事管理登頂、完成検査登頂と年に3〜4回は富士山頂まで登る事になる。

当時の苦しい想い出、楽しい想い出、エピソードを含めて写真と共に載せてみた。
冨士山頂や下山中に何回か激しい風雨濃霧・大粒の雹や霰の中を下山した当時の写真は残念ながら残っていない。
その後も富士山の魅力に執りつかれ、年に1回は登頂し、冨士山登頂回数述べ45回以上は経験している。


40.富士山大砂走り下山&宝永山登頂へ150801
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/44.html
39.富士山頂泊、ダイアモンド富士、影富士、満月、ご来光へ150731〜0801
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/43.html
38.お鉢めぐり、富士浅間大社奥宮参拝150731
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/42.html
37.富士吉田ルート探索150731
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/41.html
36.最高の富士山登頂、お鉢めぐり150731
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/40.html
35.最高の富士山登頂2日間150731〜0801
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/291.html
34.最悪の富士山登頂2014.9.1
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/39.html
33.富士山ご来光&大砂走り下山2012.8.4
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/37.html
32.富士山登頂2012.8.3
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/36.html
31.富士山登頂2011.8.11
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/34.html
30.富士山登頂2010.8.10
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/32.html
29.富士山登頂2009.8.19
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/30.html
28.富士山登頂(3)大砂走り&宝永山制覇2007.8.10
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/29.html
27.富士山登頂(2)富士山登頂&お鉢めぐり2007.8.10
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/28.html
26.富士山登頂(1)ブル搭乗2007.8.10
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/27.html
25.富士山登頂(3)大砂走り下山2006.7.30
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/26.html
24.富士山頂噴火口2006.7.30
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/25.html
23.富士山登頂(2)お鉢めぐり2006.7.30
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/24.html
22.富士山登頂(1)ブル搭乗2006.7.30
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/23.html
21.富士山頂写真2004.8.1
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/22.html
20.冨士山高山植物2004.8.1
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/21.html
19.冨士山登頂2004.8.1
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/20.html
18.冨士山登頂2002.8.3B
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/19.html
17.富士山頂360度2002.8.3
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/18.html
16.富士山登頂2002.8.3A
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/17.html
15.冨士山登頂2002.8.3
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/16.html
14.富士山登頂1998.8.1
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/15.html
13.富士山登頂1997.7
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/14.html
12.富士山登頂1994.7.23
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/13.html
11.富士山登頂1992.7.25〜26B
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/12.html
10.富士山登頂1992.7.25〜26A
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/11.html
9.富士山登頂1990.7.28
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/10.html
8.富士山登頂1989.8.6
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/9.html
7.富士山登頂1988.8
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/8.html
6.富士山登頂1987.8.23
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/7.html
5.富士山登頂1985.8
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/6.html
4.富士山登頂1984.9.1
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/5.html
3.富士山登頂1984.8.1
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/4.html
2.富士山登頂1983.10.4
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/3.html
1.富士山登頂1983.8.27    
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/2.html


世界文化遺産 :
「三保松原」含め 「富士山」登録決定
 

★2013年6月22日 17時35分
本当におめでとう!

クリックすると元のサイズで表示します
朝日新聞2013年6月23日朝刊


クリックすると元のサイズで表示します
登録が決まった富士山の25の構成資産

              青葉の百姓 2013.6.23追記



★ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------------
こみやさん (2015年7月25日 16:44)、mocoさん (2015年7月25日 22:38)、韓流大ファンさん (2015年7月26日 11:01)から拍手を戴きました。

青百
富士山登頂Blogが15,000アクセスを記録に拍手していただきありがとう。
世界文化遺産、富士山へ行かれる方の参考になれば良いなと思っています。
これからもどうぞ宜しく。



ゴブリンさん
2015年07月25日 20時15分
富士山登山いいですね。
前回、お鉢周りを寒くてできなかったのが心残りです。

青百
2015年07月26日 06時27分
コメントありがとうございます。
お鉢周りは昼間と夜に2周回ったこともありますが、富士山頂はお天気次第です。
天気が良ければ空気は薄いものの快適な山ですが、いったん天気が急変すれば寒いし、視界が3〜4mくらいで歩くことも困難になります。
ゴブリンさんも機会があれば天気の良い日にお鉢をゆっくり廻られると良いですね。



もうもうさん
2015年07月26日 13時31分
凄いですね、 15,000だなんて。
ごめんなさい、こんな時には おめでとうございますと 言うのだろうかという事も わからないです。

青百
2015年07月26日 15時02分
もうもうさん、こんにちは。
富士山登頂Blog15,000アクセス記録のお祝い有難う。
確かにコツコツアップしたBlogも約10年になりやっとここまで来ました。
一日平均4アクセスくらいですが、夏場の山シーズンになると10アクセスくらいにもなります。
富士山に行かれる方に少しでも役に立てば良いと思っている。
とにかく毎日毎日暑いですね。
私は好天を狙い暑さを逃れて富士山へ登頂します。
登頂しましたらアップしますね。


              青葉の百姓 2015.5.26追記


------------------------------------------------------
プー太郎さん
2013年06月23日 10時38分
精力的に、いろいろとあげておられますね。

青百
2013年06月23日 10時40分
お遍路さんのパワーがまだまだ残っていました。



ふーちゃんさん
2013年06月23日 10時59分
富士登山登頂のブログを拝見させて頂きました。
昨年は良いお天気に恵まれ、ご来光も見られて良かったですね!
世界遺産にも正式に認定され嬉しい事です!
これからの富士山の環境保全が大きな課題となりますね。
あおばさんのますますのご活躍をお祈り致します。

青百
2013年06月23日 11時08分
ふーちゃん、久々のコメント有難う!
お互い静岡県人にとって本当に喜ばしいことだね。
昨年は記憶に残る好天に恵まれ、富士山お鉢周りに突き出ている山々を隈なく登ることが出来ました。
年々富士山の環境は良くなったものの世界に愛される山として更に環境保全に力を入れないと駄目ですね。
ふーちゃんも元気で…ではまた



ともつんさん
2013年06月23日 16時56分
青百さん
相変わらずお元気ですね。
仕事をしていると思うようになかなか行きません(-。-;
最近は特に忙しくなってしまいました。
富士登山は憧れで終わりそうな気配です。

青百
2013年06月23日 19時11分
今晩は!
忙しいことは良い事です。
富士登山は憧れで終わりそうな気配??
そんなことはないと思う。
高尾山で歩いた感じではともつんさんも憧れではないし山頂まで行けるかも?
但し酸欠による高山病だけはどうしようもないからね。


              青葉の百姓 2013.6.23追記



I・YさんがFacebookに「いいね!」と言っています。

青百
I・Yさん、Facebookに「いいね!」有難う。 
「富士山」には深い思い入れのある青百にとって世界文化遺産登録決定には非常に嬉しい事です。
世界に愛される富士山になるには、今後の環境維持をどうするかが重要になって来ますね。

              青葉の百姓 2013.6.24追記


-------------------------------------------------------
けーさん
2013年07月06日 22時32分
以前 秦野の情報を探していた時偶然 青百さんのブログだった事がありましたよ
知らないうちにお世話になっています <(_ _)>

青百
2013年07月07日 05時44分
けーさん、お早う!
秦野の情報ですか?
知らないうちに青百のBlogをお世話になっている?
有難い事です。 
秦野は富士山の湧水群とは規模が違いますが、丹沢の山あいから流れを発し秦野にある川に点在する湧水群があります。
http://photo.ap.teacup.com/kimagure/3.html
秦野盆地へは秋に歩いたが、地元の人は春も良いですよと言っていました。
まだまだ歩きたいところはたくさんありますが、脚の丈夫であるうちはブラリ歩きをしたいと思っています。
良いところはBlogにアップしますので、時々覗いて参考に下さい。 ではまた。



ふーちゃんさん
2013年07月07日 06時19分
おはようございます。
登山日和の好天気に恵まれ、貴重な思い出をアルバムに収められましたね!
長年の富士山への熱き想いが神様に通じたのですね!
素晴らしお写真の数々、人生を彩るかけがえのない
財産になりましたね!*(^−^)*

青百
2013年07月07日 06時48分
ふーちゃん、お早う!
コメント有難う。
富士山の想い出は30年前から縁があり登頂してから40回くらいになります。
目の覚めるような快晴の時もあるし、雹が降ったり、どしゃ降りの雨にたたられたり、全く見えない視界ゼロに近い時もあります。
こればかりはどうしようもないが、それなりに数々の想い出があります。



I・Y さんがFacebookに「いいね!」と言っています。

青百
有難う。去年は富士山頂へ泊りましたので、富士山のダイアモンド富士をキャッチ出来た事、夜空の星が明るかった事、朝夕の影富士を観れた事、宝永山へも行けた事、全てに最高でした。

              青葉の百姓 2013.7.7追記


-------------------------------------------------------
一泉さん
2015年10月13日 09時37分
おはようございます
やはり富士山は綺麗ですね
一度は登りたいと思いますが実行は出来ません
ブログ見せて頂いて感謝です。

青百
2015年10月13日 09時55分
一泉さん、おはよう!
そうですね。 
それも夏山は台風時期と重なり、富士山登頂で天気の良い日は2割くらいしかないです。
広島からでは遠すぎるし、好天になる確率も少ないし、実行は難しいですね。
私も好天を狙って登頂しても1/3くらいしか良い天気はないですからね。
私でも酷い時は突風や雷それに1.5cmくらいの雹に降られたこともありました。



繭玉さん
2015年10月13日 10時22分
お早うございます。
富士山の写真見事です。
忍野八海や、富士五湖巡り、鐘山温泉、などは、ドライブでは数回訪れていますが、富士山には五合目までしか登った事がありません。
私の住んでる場所からも、南に富士山の優美な姿が見えます。
大沢崩れもはっきり見えますよ。
いつか頂上までと思いながら、中々実現できないでいます。

青百
2015年10月13日 10時41分
最後の最後の登頂でこれ以上の天気は無いと言うほどの好天に恵まれました。
ええっ…ドライブで鐘山温泉へ泊まったことがあるのですか?
びっくり、ホテル鐘山苑の旧館は私が担当しましたよ。
何もないところへホテルを建設したが、地面を掘削するのに熔岩だらけて参りました。
繭玉さんのところからの大沢崩れは右側に見えるのであれば、宝永山は左側に見えるのかな?
機会があれば是非富士山登頂してください。



繭玉さん
2015年10月13日 11時22分
鐘山苑には、今から17年前の10月28日に一泊しました。
広大な庭園と、美味しいお料理と、朝焼けの富士山に大満足をしてまいりました。
此方から見える富士山は北方面なので多分そうだと思いますが、

青百
2015年10月13日 12時16分
そうでしたか?
ホテル鐘山苑は昔、富士吉田の織物組合の人たちが資金を出し合って立ち上げたと聞いている。
今は増築を重ね大きくなりましたね。
天気が良ければ富士山が大きく見えるし、鐘山苑の裏側には綺麗な水の桂川が流れています。
あの辺は苦労しただけあって懐かしい。


              青葉の百姓 2015.10.13追記


-----------------------------------------------------
繭玉さん
2015年10月13日 21時43分
ホテルの中を、地味な姿のおじさんが、お掃除していまして、でも、中居さん達が会釈をするので、聞いてみたら、会長さんだというので、驚いたのを思い出しました、

青百
2015年10月14日 06時21分
そうです。そうです。
その方が私がホテル建設を担当して居たころの社長であり、17年前でも会長職でご健在だったのですね。
当時でも野良仕事姿でホテル建設周りの樹木や庭の手入れもしていましたよ。
びっくりでした。
山梨県人は群馬県と同じでこのよううな人が多く、出世をしている立派な方が多いですね。

              青葉の百姓 2015.10.14追記




72

6.富士山登頂1987.8.23  富士山登頂記

6.富士山登頂1987.8.23

大成建設鰹Z宅事業部コンクリート住宅“大成パルゼット”に赴任した時の工事関係者との第1回目の登山記録です。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山麓でキャンプ組

今回の登山は前日夕方御殿場の民宿で泊まるグループと前日の朝から富士山山麓でキャンプを張って、翌日登山するグループとに分かれる。
青葉の百姓、前日早めに行きキャンプ組みの方に立ち寄り民宿の方に泊まる事にした。
左側、青葉の百姓長男小学4年生(冨士山初登頂)

クリックすると元のサイズで表示します
富士山山麓でキャンプ組

暫くキャンプ場にいたが、分かれて御殿場の常宿民宿“姫路”へ向かい本体のグループに合流した。
ここで偶然でしたが富士山測候所建設の初代所長と会ってしまった。
大先輩は生まれ故郷の同級生を大勢連れて来ていた。
この日は大いにお酒が弾んでしまった。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山頂
霧の中でありし日の富士山ドームをバックに撮影



クリックすると元のサイズで表示します
下山開始


クリックすると元のサイズで表示します
下山途中で

この辺は鳥取砂丘を思い出す辺り一面広大な砂漠のようです。


クリックすると元のサイズで表示します
五合目
一番右にいる方がNHKのプロジェクトX第一回目に出てきた富士山測候所建設の初代所長(元会社の大先輩)です。


クリックすると元のサイズで表示します
5合目付近で

同じく右側にいる方が初代所長、ちなみに青百も縁があり富士山山頂工事3代目所長として3年間赴任していた。

あれから20数年も経ってしまった。
月日の経つのは本当に早いものだと思うし、今でも愛着のある“富士山”へは足が動ける内は毎年登頂したいものだと思っている。
                
             青葉の百姓 2005.10.10編集



2

5.富士山登頂1985.8  富士山登頂記

5.富士山登頂1985.8

会社関係者と登頂した時の記録です。
この日はカメラどころではなく、やっとの事で下山した。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山登頂途中で、まだ小雨程度だったがこれから頂上、下山途中は最悪だった。


クリックすると元のサイズで表示します
気象庁富士山頂測候所室内にて

青百記





1

4.富士山登頂1984.9.1  富士山登頂記

4.富士山登頂1984.9.1

富士山頂の工事の進捗状況を見るため山梨建築作業所の若い社員を連れて登頂した時の記録です。


クリックすると元のサイズで表示します
出発前、ブルトーザ基地(2合目)より富士山撮影
天気は快晴でしたが何故か富士山山頂辺りに雲が被さっている。


クリックすると元のサイズで表示します
3合目辺り


クリックすると元のサイズで表示します
途中で一休み


クリックすると元のサイズで表示します
9合目辺り


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山頂手前
遠くで登山者が登っているのが“馬の背”で一番きついところです。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山頂脇の突き出ている火山岩の上で、この下は断崖絶壁の“お鉢”の中


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山頂より冨士浅間神社のある方を見下ろす。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山下山途中
この辺は砂と石ころが混じったところで、下山中石の上に乗ると捻挫するので注意して下山する。
約500mも降りていくと快適な砂だけになる“大砂走り”へと向かう。


クリックすると元のサイズで表示します
6合目辺りの“大砂走り”脇で
この辺になると勾配30度くらいあり、下山中は歩幅3mくらいで降りて来られるので快適です。

青百記



1

2.富士山登頂1983.10.4  富士山登頂記

2.富士山登頂1983.10.4

第二回目の富士山頂は会社同僚と調査登山に行った時の記録です。


クリックすると元のサイズで表示します
太郎坊ブルトーザー基地で工事用の物資を積み込む。


クリックすると元のサイズで表示します
ブルトーザー基地で工事用の物資を積み込むまでの暫しの休憩。
時間は朝6時前。


クリックすると元のサイズで表示します
記念のスナップ写真。 
後方に富士山頂が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
休憩5合目あたりか?


クリックすると元のサイズで表示します
7合目? 
ブルトーザー関係者の退避所


クリックすると元のサイズで表示します
同上トイレ休憩。 
手前二人は当社関係者。


クリックすると元のサイズで表示します
頂上まですぐの地点。 
もうこの辺では空気が薄く呼吸が苦しくなる。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(1)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(2)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(3)
富士山頂より富士山山頂浅間神社方面を見渡す。
もう既に初雪が降ったようだ!


クリックすると元のサイズで表示します
富士山山頂浅間神社


クリックすると元のサイズで表示します
下山開始
           
              青葉の百姓 2005.08.07編集



3




AutoPage最新お知らせ