8.富士山登頂1989.8.6  

8.富士山登頂1989.8.6

大成建設鰹Z宅事業本部建築部有志を誘い登頂する。
前日夜、民宿を出てカラオケを歌おうと言う事になり御殿場の飲み屋街へ行く。
フィリピンパブの店に入り1人@5,000円だったが、明日の富士山登頂を控えているため軽く飲んでカラオケを歌う事にした。
サービスも良く感じが良い店でした。


クリックすると元のサイズで表示します
フィリピンパブの店(1)
青葉の百姓、挨拶のあとカラオケを歌う。


クリックすると元のサイズで表示します
フィリピンパブの店(2)


クリックすると元のサイズで表示します
フィリピンパブの店(3)


クリックすると元のサイズで表示します
8合目ブル待避所(1)標高3,000m

翌日御殿場地方の天気は最悪となり、中止になるかもしれないが皆の意見により兎に角ブル基地まで行く事になった。
ブルの親父は山頂までは外へ出られないかも知れないが、行きたいなら乗せるよ・・・となり、折角2ヶ月前からの登頂予定でもあり全員ブルに乗った。
この写真は8合目ブル待避所内での全員写真


クリックすると元のサイズで表示します
8合目ブル待避所(2)標高3,000m

ブルの親父は危ないから全員ここで待機するように言われて待機する事になったが、ブルはこの大雨、突風の中、気象庁測候所や各所山小屋の食料を積んでいるので登っていった。


クリックすると元のサイズで表示します
8合目ブル待避所(3)標高3,000m

何も出来ないで待つ事約1時間半、最悪の天気になった。
外を開けると視界5mくらいしか見えず、風速30m位の横殴りの雨は降り続いている。


クリックすると元のサイズで表示します
8合目ブル待避所(4)標高3,000m
皆呆然として、ただただ待機するのみでした。


クリックすると元のサイズで表示します
8合目ブル待避所(5)標高3,000m
青葉の百姓長男(3回目小6)次男(2回目小3)、この狭苦しい小屋の中でじっとしていた子供はもっともっと退屈だったと思う。


クリックすると元のサイズで表示します
8合目ブル待避所(6)標高3,000m

約2時間近く待っただろうか! 外からブルの排気音が聞こえて来る。
やっとブルの運転手が山頂まで行って戻って来たが、その顔は涙にまみれずぶぬれ鼻水はポトポト落ちてくるブルの運転手の悲壮な姿を見てしまった。
ブルは仕事とは言え、天候で一変した富士山山頂を登って行かなければならない事もあるのだな〜〜〜と思い強烈な印象が残る。
心の中で本当にご苦労様と言ってしまった。


クリックすると元のサイズで表示します
6合目辺りの急斜面

皆でブルで下山する事になったが、
折角ここまで来たのだから天候の悪い富士山の下山も経験しますか?・・・と聞いたら約半分の方が歩いて下山したいと言う事になった。
二人の息子は危険でありブルに乗せ下山させる。
悪天候で下山する仲間達は全員手を繋いで視界5m風速30m強横殴りの雨の中、突入して下山した。

もうここまで来れば安心、雨も少なくなり、霧も浅くなり記念写真を撮る。
青百、富士山登頂20数回の中で多少は天気の悪さはあったがこの年は最悪でした。

青百記




3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ