39.富士山頂泊、ダイアモンド富士、影富士、満月、ご来光150731〜0801  

39.富士山頂泊
ダイアモンド富士、影富士、満月、ご来光


2015.7.31〜8.1
今夜はダイアモンド富士、朝夕の影富士、満月、翌日のご来光を拝むため、富士山頂山小屋「富士館」へ泊まる。


クリックすると元のサイズで表示します
富士館チェックイン(2015.7.31 16:05撮影)
17:00から夕食になるが、一泊二食付きで7500円です。


クリックすると元のサイズで表示します
うなぎの寝床(2015.7.31 16:10撮影)

この画像の一番奥だと言われたが、夜中にトイレに行くには他の登山客の足を踏みそうで四つん這いで確認しながらトイレに行くしかなかった。
見た感じでは畳一畳の大きさで、このうなぎの寝床にはあきれる狭さだ!
壁側が頭になるが、真ん中の脚の方に通路を確保するためもう30cmくらい広くして歩けるようにしてもらいたいものです。


クリックすると元のサイズで表示します
富士館前広場(2015.7.31 17:01撮影)
リュックを置いて食事前に太陽がどの位置にあるか確認するため外へ出ました。
太陽の位置は日の入りまであと30分くらい。


クリックすると元のサイズで表示します
夕食(2015.7.31 17:14撮影)
カレーライスとスープ


クリックすると元のサイズで表示します
ダイアモンド富士(1)(2015.7.31 17:32撮影)
綺麗なダイアモンド富士が撮れました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士浅間大社奥宮鳥居(2015.7.31 17:34撮影)
富士浅間大社奥宮鳥居の奥の山が富士山頂駒ヶ岳(浅間ヶ岳)(標高3710m)です。
ここでご来光を拝む方も多い。


クリックすると元のサイズで表示します
ダイアモンド富士(2)(2015.7.31 17:38撮影)
富士山頂お鉢から観れるダイアモンド富士は約20分位なので、アチコチヘ移動しながらカメラに収めました。


クリックすると元のサイズで表示します
ダイアモンド富士(3)(2015.7.31 17:39撮影)


クリックすると元のサイズで表示します
ダイアモンド富士(4)(2015.7.31 17:40撮影)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂駒ヶ岳(浅間ヶ岳)(標高3710m)(2015.7.31 17:43撮影)
富士山浅間大社脇にある山で、翌日早朝ご来光を拝む方は100人以上も待機していました。
私は苦しいが富士山頂剣が峰(標高3776m)まで登りご来光を拝みます。


クリックすると元のサイズで表示します
夕日の影富士(1)(2015.7.31 17:44撮影)
影富士もまだ左側に寄っているので再度カメラチャンスを待っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
ダイアモンド富士(5)(2015.7.31 17:54撮影)
富士山ドームの右側に隠れたダイアモンド富士。


クリックすると元のサイズで表示します
夕日の影富士(2)
(2015.7.31 18:23撮影)
約40分待っていると綺麗な形の影富士をキャッチしました。
これで前日のカメラチャンスは全て納めたし、山小屋の消燈が19:00なので寝床へ入る。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂山小屋「富士館」からの満月
(2015.8.1 3:19撮影)
山小屋では私は寝れない。
1時間寝ては1時間起きるような繰り返しで、ほとんど眠れないまま3時頃に小窓から明るい光が差して来た。
運が良く窓際なので望遠で富士山頂の満月を撮れました。
ただ、空気が澄みとおっているため肉眼では橙色の満月だったが、望遠画像だと白っぽく見えてしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します
朝食(1)(2015.8.1 4:7撮影)
4時から朝食でしたが、このほとんどが台湾から来たツアー客で満席でした。


クリックすると元のサイズで表示します
朝食(2)(2015.8.1 4:9撮影)
朝はさんまの煮つけとみそ汁とおしんこでした。


クリックすると元のサイズで表示します
ご来光前の待機(2015.8.1 4:25撮影)
富士山頂駒ヶ岳(浅間ヶ岳)(標高3710m)


お鉢の山に隠れる満月(1)(2015.8.1 4:27撮影)
右側奥の山が富士山頂剣が峰(標高3776m)です。



クリックすると元のサイズで表示します
お鉢の山に隠れる満月ズーム(2)(2015.8.1 4:34撮影)
沈みかけて来たのでもう少し進んでズームでキャッチ、これは良く撮れました。

繭玉さん
8月31日 10:42
右の大きな岩が、ライオンや、大型犬に見えて、お月様に向って吠えてる様に見えます。子供の絵本の世界みたい。
顔の様に見えるお月様と、岩が、遊んでる様に見えるんですが、変な見方をしてしまって申し訳ありません。

青百
8月31日 11:15
よくよく見るとそのように見えますね。
富士山は縁があり30数年前に富士山頂工事を担当していたので、毎年夏になると憑りつかれたように登っていました。
富士山が呼んでくれているようで無性に行きたくなります。
もう40数回登頂しているし、今年が最後だと思い山頂へ一泊し丁度満月に合わせて登頂して来ました。
最後の富士山登頂で最高の天気で富士山が歓迎してくれました。
(2015.9.1追記)



クリックすると元のサイズで表示します
ご来光前で赤く染まって来た(2015.8.1 4:37撮影)
日の出が間近になって来たので、私は富士山頂剣が峰まで再度登って見る事にしました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂剣が峰(1)(2015.8.1 4:37撮影)
富士山頂へ向かって歩く。
まだ満月が残っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂剣が峰(2)(2015.8.1 4:38撮影)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(標高3776m)からのご来光(1)(2015.8.1 4:47撮影)
剣が峰のきつい馬の瀬を何とか登りきりご来光に間に合いました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(標高3776m)からのご来光(2)(2015.8.1 4:47撮影)
同上ズーム。


クリックすると元のサイズで表示します
真っ赤に染まった剣が峰(1)(2015.8.1 4:52撮影)


クリックすると元のサイズで表示します
真っ赤に染まった剣が峰(2)(2015.8.1 4:52撮影)


クリックすると元のサイズで表示します
朝日の影富士と満月(2015.8.1 4:56撮影)
雲一つない状態で影富士と満月をしっかりキャッチ出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂山小屋「富士館」前(2015.8.1 5:14撮影)
空気の薄い中、アチコチ移動して忙しかったが、富士山頂の自然現象の全てをカメラに収めたのは幸運でした。
ここでしばらく小休止して御殿場下山ルートを通り下山しました。

次は最終、40.富士山大砂走り下山&宝永山登頂へ
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/44.html

青葉の百姓 2015.8.7記


ネット仲間からのコメントです。
-----------------------------------------------------
韓流大ファンさん
2015年08月08日 05時31分
ダイアモンド富士、影富士、満月、ご来光、パーフェクトですね。
どれもとても素晴らしいですね。
全部を見れるチャンスってなかなか無いのではと思いますが、どうなのでしょう。
やっぱり富士山に行かなくちゃと思いはじめました。(笑)

青百
2015年08月08日 05時54分
韓流大ファンさん、暖かいコメントありがとう。
初めて富士山へ登頂して30年余になり、登頂歴は40数回になると思います。
このような自然現象は滅多に見られるものではないし、初めての登山客はご来光・影富士だけだと思います。
このような写真を撮るためには限られた時間内で息苦しいのを我慢して富士山頂周辺を行ったり来たり移動しなければなりません。
又、何処へ移動したら何が撮れるかを知り尽くしていなければならないのです。
それにしても見納めにふさわしい幸運中の幸運の素晴らしい天気でした。
韓流大ファンさんも機会があれば是非一度は行かれてみて下さい。



mocoさん
2015年08月08日 09時11分
すばらしい光景ですね。
私はマウイ島のハレアカラ山頂で似たような光景を見ましたが
これは車で行けちゃうのです〜^^;
やはり富士山に自力で登るってすごいことだと思います。

青百
2015年08月08日 10時40分
去年は最悪の富士山登頂でびしょ濡れになってただ歩いただけで帰ってきたが、今年は私の執念が実りました。
単独登頂で自由行動も可能であり、全てに渡って最高の富士山を満喫しました。
きつかったがもう充分堪能しました。
ところでmocoさんはハワイマウイ島のハレアカラ山頂へ行かれたのですか?
まだ現役の頃に、私はマウイ島マケナリゾートで仲間達とゴルフをやって来ましたよ。
スコアは悪かったが快適なゴルフでした。



けーさん
2015年08月08日 17時16分
お天気も良く 最高の富士登山でしたね
私は 富士山の国に住んでいるのに 山頂まで行けなかったのは 我が人生に悔いありです。

青百
2015年08月08日 17時24分
けーさん、コメントありがとう。
幸運にも富士山の天気で二日間これ以上ないという好天に恵まれました。
単独登頂だったのも気楽で、予定の行動を全てこなし、わが人生に悔いなしです。
ケーさんもまだまだお若いですから再挑戦してください。


青葉の百姓 2015.8.8記





10



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ