14.富士山登頂1998.8.1  

14.富士山登頂1998.8.1

この年は東京・大阪・京都・群馬・埼玉から参加した仲間と、総勢15名で冨士山へ登頂する事になった。
この日の天候薄曇り途中ガスがかかって見えない時もあったが、頂上へ着いたら晴れたり曇ったりしたが、時々青空が見えまあまあの天気でした。



クリックすると元のサイズで表示します
いつもの通りブルの特等席、幌の上に搭乗し大阪から来た仲間との再会に話しが弾む。


クリックすると元のサイズで表示します
7合目あたりで休憩(1)


クリックすると元のサイズで表示します
7合目あたりで休憩(2)


クリックすると元のサイズで表示します
7合目あたりで休憩(3)


クリックすると元のサイズで表示します
ブルの中から撮影(1)


クリックすると元のサイズで表示します
ブルの中から撮影(2)


クリックすると元のサイズで表示します
冨士山の噴火口“お鉢”


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(1)
もうドームがついた富士山頂の姿はありません。
愛すべき真っ白なドームがなくなった富士山頂は、冨士山の頭と首をとられたようなものだといつも思っている。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(2)
東海道新幹線で静岡へ帰る時、富士辺りの車窓で見えていた冨士山頂に、ひと際目立つポツンと見える白い点が見えなくなったのに一抹の寂しさを憶えるのは、私だけではないのではなかろうか・・・・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
“馬の背”(1)


クリックすると元のサイズで表示します
“馬の背”(2)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂で


クリックすると元のサイズで表示します
山梨県側、富士山頂浅間大社(1)


クリックすると元のサイズで表示します
山梨県側、富士山頂浅間大社(2)


クリックすると元のサイズで表示します
お鉢めぐり、なだらかな山道


クリックすると元のサイズで表示します
NTT富士山頂分社前で(1)


クリックすると元のサイズで表示します
NTT富士山頂分社前で(2)


クリックすると元のサイズで表示します
下山中(1)


クリックすると元のサイズで表示します
下山中(2)


クリックすると元のサイズで表示します
宝永山突端の見晴台で
大砂走りを下って途中から右横へ再度登って行くため、かなりのスタミナが残っていないとここまで来れませんよ。

青百記



8




AutoPage最新お知らせ