The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
衝突銀河で考える標高の差  天体写真(冷却CMOS)

最近ちっとも撮影に行けないのですが、過去データから
解像度の高い衝突銀河を拾ってみました。

NGC4038,NGC4039 と NGC4567,NGC4568です。
クリックすると元のサイズで表示します

撮影地:入笠山天体観測所(標高1810m)
撮像鏡筒:C-11直焦点 2800mm
撮像カメラ:NGC4038,NGC4039 : ASI183MM_LRGB
        NGC4567,NGC4568 : ASI294MC_Pro

細かいデータは割愛しますが、結構な解像度で写っています。
いつもの秩父界隈だと、せいぜい800mですが、1000mの差を感じます。
40000m程度の成層圏にバルーン望遠鏡を上げたいなあ〜。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ