The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
C-14の良像範囲はどのくらい?  撮影機材

C-14+ジャイアント・イージーガイダー(F7運用時)の許容範囲
を調べました。ルミコンのジャイアント・イージーガイダー
は古く、あまり情報がありませんでしたが、実写でそこそこ
わかって来ましたので書きます。

・バックフォーカス:55mm
 2インチ差し込みチューブ+M48_P0.75+WideMount_PK

・C-14単体のバックフォーカス:6インチ(152mm)
 3.25インチネジトップからの距離

・ジャイアント・イージーガイダー(F7運用時)のオフアキピント位置
 は、オフアキチューブから大きく飛び出している。
 ガイドカメラに31.7mmダイアゴナルを付けるなり、延長チューブ
 を付けるなりの対策が必要。よって、まだ実現していない。

テスト環境(2inch_Tube30mm + WideMount_PK + K-1U)
        ISO3200 , 90sec
ほぼ天頂のM13をシーイング4/5で撮影した1カットです。
クリックすると元のサイズで表示します


2inch_Tube30mmは根元までジャイアント・イージーガイダーの
2インチアダプターに差し込みます。つまり、追加長ゼロ。
よって、バックフォーカスは55mmとなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フルサイズ機ではバッフルケラレが出るし、周辺星像は完全にアウト。
APS-C機、m4/3機ならば概ね良好。
ちなみに、
F7レデューサレンズを取り外すとバッフルケラレは無くなりますが、
周辺星像がどうなるかは、まだ未撮影のために不明です。

フラットはこんな感じです。
右下のゆがみは、大きなオフアキプリズムの影です。
フルサイズ機では横配置でなければケラレるのを忘れていました。
クリックすると元のサイズで表示します

以上より、
APS-C以下で撮影するか、フルサイズ機で1:1(24mm角)で切り出す
運用になりそうです。ASI-294MCでは全く気にせず撮影できました。
K-1Uだと後処理がメンドクサイです。1:1の写野は好きですが。

理想的にはSTARIZONAの
Starizona SCT Corrector LF - Large Format Reducer/Coma Corrector
https://starizona.com/store/imaging/focal-reducers/starizona-sct-corrector-lf-large-format-reducer-coma-corrector
でしょうかね(^^♪
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ