The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
堂平の宇宙(そら)から10  堂平の宇宙(そら)から

本記事は2018年03月07日の調査によって加筆・修正されています。
修正箇所を青文字で記入。


極軸調整不可の図
クリックすると元のサイズで表示します

技師長の笠原です。
今回は堂平天文台91cmイギリス式反射式望遠鏡のダメ出し第一弾です。

まず結論から言いましょう。
上記のごとく極軸調整が出来ない構造であります!

・北端・南端軸受け共、二つ割りのメタル受け機構。
    
    +−>自動調芯ボールベアリング受けでした。

・南端はいくらかの球座受けになっている可能性もあるが、
 見たところソリッドに固定されていた。
   |
   +−>球座ではなく、自動調芯ボールベアリングでした。

・北端には方位・高度調整機構が備わっているが、これは据え付け時に
 36°00’22”に調整するためのものであり、設置後に極軸を微修正
 してはいけない。
 |
 +−>理由は・・・ギアトレインが全て極軸ベースプレートに固定
          されているからです。

つまり、北端の調整機構を動かそうものなら、
追尾用ウォームホイールとウォームギアのクリアランスも傾きも
狂う構造である。同様に粗動モータ用平ギアもガリガリ・グチャ!
である。
クリックすると元のサイズで表示します

まさかの二分割メタル受け!
自動調芯ボールベアリングが入っています。
クリックすると元のサイズで表示します

南端部も二分割メタル受けだが、やや球座か
自動調芯ボールベアリングが入っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何故こうなったのか?

この構造では、据え付け時以外の極軸調整が出来ない。
しかも、据え付け時でさえ、極軸を調整後に各ギアトレインの
アライメントを決めなければならない。
なんという構造だ!有り得ないぞ。
私が6時間調査をして、どう考えても、どうひねっても調整不可能だった。
もちろん、南端ピラーごと方位・高度調整など出来る構造物ではない。

<結論>

60年前の設計時、望遠鏡の極軸が何であるのか?
調整機構をどのように作るべきなのか・・・
誰も知らずに作ったと思われる。
地球の歳差運動とか、地震によるズレ、地盤沈下などなど。
全く考慮されていない。
それでも観望会程度はクリアできている。
3.11の時、北端ピラーが一部欠け、ドームがレールから外れたが、
極軸は岩盤に載っているピラーで守られた模様。

当時の機械屋さんを責めても仕方がない。
機械としては良く出来ています。

ベアリングを使っていないぞ
使っています。
60年前の設計時、直径1m越えのテーパーローラーベアリングは
無かった模様。NTNが1.15mの”超大径”ベアリングを作ったという
ヒストリーがあった。これ、ボールベアリングだろうねえ。
よって、
この望遠鏡、大きなベアリングが一切使われていないのです!

”まさかの二分割メタル受け”は、そのような時代背景があってのこと。
円筒コロぐらいは入っているかもしれないけどね。

軸構造に関しては2018年03月08日の記事、
”堂平の宇宙(そら)から12”で詳しく書いています。


良く見ると、ギア軸受けも全部メタル受けです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<機内配線整理を開始>

現状使われていないケーブルがゴチャゴチャと這いずり回っており、
実にうっとおしい。
クリックすると元のサイズで表示します

配電盤の中をチョキチョキぶった切った。
クリックすると元のサイズで表示します

今回はスター・トラッカーケーブルとBNCコネクタバーを捨てた。
クリックすると元のサイズで表示します

赤経軸エンコーダと、
絶対に動かしてはならない方位・高度、調整機構もどき。
クリックすると元のサイズで表示します

ドームは三井造船が昭和37年8月11日に納めた模様。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回はここまで。
2
タグ: 堂平天文台



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ