The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
堂平の宇宙(そら)から9  堂平の宇宙(そら)から

堂平天文台91cm反射望遠鏡改イギリス式

クリックすると元のサイズで表示します

技師長の笠原です。
イヤ、この”改”ってところが大変で難儀するんですよコレハ。

スペックと経緯です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在、月2回の定期保守を実施しているのですが、
1日で出来ることはごく僅かです。
少しずつ、チョットずつ悪い所を直して行きます。

2017年12月25日 主鏡カバー開閉電源用スライダック交換
クリックすると元のサイズで表示します

55年前の東芝製スライダックですが、もうボロボロでした。
右が交換した新しいものです。

主鏡の蓋は花弁式開閉機構となっています。
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、これが副鏡部
クリックすると元のサイズで表示します

プライム焦点には2インチカメラが付くように改造されています。
クリックすると元のサイズで表示します

副鏡を取り外してコレクターレンズなどを入れますが、
上のホイストを使って行います。最近はやっていないようです。
クリックすると元のサイズで表示します

赤緯軸粗動機構はバランスウェイトの中に組み込まれています。
まずは、バランス崩れ対策。ロープも張ります。
クリックすると元のサイズで表示します

ウェイトの蓋をクレーンで吊って外します。
クリックすると元のサイズで表示します

キャットウォークへ退避
クリックすると元のサイズで表示します

これが赤緯軸の粗動モータです。
クリックすると元のサイズで表示します

分かりますかね?右下奥のギザギザクラッチ。
直動ソレノイドで粗動モータの動力を繋げたり、切り離したり
しています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

赤緯軸ロータリーエンコーダがこんな所にあります。
クリックすると元のサイズで表示します

赤緯軸のスリップリング機構
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エンコーダケーブルは流石に直出しです。
クリックすると元のサイズで表示します

赤緯軸微動はタンジェントスクリュー式で、±2度しか動きません。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何枚ものフロッピーメディアがディスク面クラッシュしていました。
今時はフロッピーメディアの取り扱いを忘れていても・・・
いや、もしかして知らなくても? 全く不思議ではありません。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フォフォフォ、 露骨に書いてしまった。(V)o¥o(V)

動態保存が出来れば良いと言うけれど、
それってか〜なり大変なことですよ。55年前の機械ですから。
今日のドーム内は、−1.5℃と大した冷えではありませんでした。
それよりも、雪が凍結して道が怖いですよ。
本当にツルッツル!!
1
タグ: 堂平天文台



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ