The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
25cmF5.6(FL=1400mm)で撮った夏・秋もの  天体写真(冷却CCD)

8月25日と26日の夜に撮って来ました。
イヤー、久しぶりの星空でした。まあ、雲の発生も多かった
ですが、天体撮影らしいことが出来て満足です!
フラットも撮りましたが、薄雲通過で上手くフィットせず未使用です。
カメラはAPS-Cのワンショット冷却CCDです。

M57 , 5X180sec , 15min Total , ダーク3枚 , シーイング2/5
クリックすると元のサイズで表示します

このM57はシーイング2/5の割に決まりました。
25cmF5.6ニュートン鏡筒+SkyWatcher ComaCorrector F4での撮影。
F4用だけど、案外使える印象です。

M27 , 4X600sec , 40min Total , ダーク3枚 , シーイング2/5
クリックすると元のサイズで表示します

ややピンが甘いです。

M33 , 5X600sec , 50min Total , ダーク3枚 , シーイング3/5
クリックすると元のサイズで表示します

薄雲多数通過でバックがムラムラで大変でした。

NGC7635 , 6X600sec , 60min Total , ダーク3枚 , シーイング4/5
クリックすると元のサイズで表示します

やはり雲通過多数でフラットが合いませんでした。

------------------------------------------

撮影日時:2017/08/25-27
撮影場所:入笠山天体観測所(標高1830m)
天候:概ね晴れ
気温:15℃
星空指数:60
シーイング:25日は2/5 , 26日は4/5

撮像鏡筒:25cmF5.6ニュートン反射 , fl=1400mm
カメラ:Orion StarShootProV2(Sony ICX413 APS-C)
フィルター:LPS-P2
コマコレクター:SkyWatcher ComaCorrector F4

赤道儀:260赤道儀_E-ZEUSU改
ガイド:60mmF4ガイド鏡 + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.6.3

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:3
フラット画像:3
フラット用ダーク画像:3

ASCOM Platform 6.3
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver6.13
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------

・SkyWatcher ComaCorrector F4(おおっと、F4用だよこれは!)でテスト。
   |
   +−>結果、まあ許容範囲に入っている。

・撮像レンジが0-900など、とても狭い。
 もっと露光した方が良いということだが、1カット10分越えは厳しい。
 ICX413AQはダイナミックレンジが広いものの、いかんせん感度が低い。
 QEだと35程度かもしれない。
 F5.6では暗すぎるので、次回はε-180EDで撮ろう。

・SSProV2はデジ現しない方が良い結果となるようだ。

・露光不足のため、フラットを当てると画像が荒れてしまう。
 そもそも薄雲の通過でフラットが合わない。
 ダーク減算のみの方が綺麗である。

・M57はシーイング2/5だったにもかかわらず、全面で良好であった。
 これがコンスタントに撮れれば上等である。
 ピント位置をもっとシビアに調整するべきである。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ