The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
C-11直焦点のちHyperStar撮影  HyperStar for C-11関連

連休前半に入笠山天体観測所へ行って来ました。
今回はC-11+HyperStarの実践投入試験ですが、オマケで直焦点でも撮影。
既知のことですが、ここはシーイング5/5でも地表風があって長焦点での
高解像度撮影には適しません。今回は正にシーイング5/5でも2800mmでは
ユラユラなLV画像でした。それ以前に、C-11の直焦点にK-1を付けたら
周辺星像がコマ収差だらけで見れたものではありませんが。

まあ、それは仕方ないとして、
何と言っても同じ鏡筒、同じカメラ(K-1)で同じ晩に下記の画像が得られる
と言う面白さは感じました。テストなのでフラットもダークも無し。
HyperStar撮影は周辺減光が大きいのでフラットは撮るべきでした。

今回の撮影システムはコレ。
クリックすると元のサイズで表示します

M51 , ISO12800 , 10X180sec , 30min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M13 , ISO3200 , 4X180sec + 4X30sec , 16min Total
クリックすると元のサイズで表示します

NGC7000 & IC5067 , ISO3200 , 9X30sec , 4min30sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

全画面はこんな感じですが、かなり無理があります。
フラットを撮ればなんとかなりそうですが、やはり周辺は難しいでしょう。
HyperStarのイメージサークルはφ27mmと言う仕様です。
K-1フルサイズではφ44mmな訳ですからね。
クリックすると元のサイズで表示します

M8 , ISO3200 , ISO3200 , 10X30sec , 5min total
クリックすると元のサイズで表示します

このM8は上手いこと周辺減光を目立たなく出来ましたが、やはり猫の手は
殆ど出ていません。周辺まで点像なのにモッタイナイ!

M20 , ISO3200 , 9X30sec , 4min30sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

このM20は中心を4000X4000Pxelでトリミングしました。
フラットを撮れば完璧な画像になるでしょう。

マルカリアンチェーン , ISO3200 , 1X31sec , ほぼ撮って出し
クリックすると元のサイズで表示します

M66 , ISO3200 , 10X180sec , 30min Total
クリックすると元のサイズで表示します

もっとまじめにピントを追い込めば良かった。
ピンが来ていれば結構写っていそうです。

M101 , ISO12800 , 8X180 , 24min Total
クリックすると元のサイズで表示します

NGC4038_NGC4039(アンテナ銀河), ISO12800 , 4X180sec , 12min Total
クリックすると元のサイズで表示します

PM2.5と薄雲の影響で撮影待ちしていたら西に傾いてしまい、
たった4カットしか撮れませんでした。こんな時に限ってピンが来ています!
この枚数ではアンテナ部を出すのは無理ですねえ(-_-;)

NGC4567_NGC4568 , ISO12800 , 10X180sec , 30min Total
クリックすると元のサイズで表示します

天頂付近で好条件だったのに強風でブレてしまった。
お山の強風はハンパないんです。要対策だなあ。

C-11の直焦点撮影ではアンテナ銀河がほぼベスト状態。
実用イメージサークルはφ15mmと言った感じです。
HyperStar撮影ではφ32mm程度まで使えそうで、K-1の短辺24mm角ならば
十分に実用になると思います。更に、HyperStarで撮って直焦点の2800mm
相当までトリミングしてもかなりイケる星像でした。

これは↑のM20を等倍拡大した画像で、ほぼ2800mm直焦点撮影相当です。
クリックすると元のサイズで表示します

M8の等倍はコレ
クリックすると元のサイズで表示します

コマ収差も無くて綺麗な画像です。凄いなあ〜
むしろ直焦点撮影よりも星像が良いです。これならば、常にHyperStarで撮って
等倍拡大すれば、直焦点で撮ったのと変わりないかもしれません。
イヤ、収差が無い上にウルトラ短時間露光で済むためこっちの方が良いかも
しれませんね!う〜ん、新たなる検証事項発生ですねえ。

------------------------------------------

撮影日時:2017/04/28(Fri)〜30(Sun)
撮影場所:入笠山天体観測所
天候:快晴
気温:-2℃
星空指数:28日(80)、29日(60)、30日(40)
シーイング:4/5〜5/5

撮像鏡筒:C-11鏡筒+HyperStar ( 直焦点撮影 F10_2800mm , HyperStar F2_FL=560mm )
カメラ:PENTAX K-1
フィルター:無し
コマコレクター等:HyperStar

赤道儀:SkyMax
ガイド:50mmF4+QHY5L-UM , HyperStarはノータッチトラッキング

撮像時間:***
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

撮像ソフト:PENTAX IMAGE Transmitter2から制御
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------
1
タグ: 天体写真 PENTAX



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ