The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
ImageTransmitter2 + K-1での天体撮影方法  撮影機材

10月7日の撮影ではK−1のバックLCDを一切使っていません。
ImageTransmitter2によってWin10_64bitサブノートPCからの
テザー撮影を行いました。とは言え、タイマーリモート撮影は
出来ませんから、エツミのタイマーリモートコントローラを手元に
置いて併用しています。

・K-1にはUSBケーブルとACアダプター、タイマーリモートコントローラ
 を接続する。

・Win10_64bitの2in1サブノートPCであるASUS T100HAにUSB2.0で
 K-1を接続する。

・バルブ指定、ISO指定、LV、16倍相当のLV拡大、SD1,SD2,PCへの同時記録
 指定などを設定する。

・LVモードを使い、バーティノフマスクでピントを合わせられた。
 この際、PCのLCDを明るめにした方が良い。
 また、バーティノフマスクを外すと微恒星が見えるので、一応これでも
 ピントは合わせられるが、LCDを10倍ルーペで見るようなリアル感が無い。
 あまり、当てにはならないだろう。

・ImageTransmitter2をアクティブにしたまま、
 タイマーリモートコントローラを使用でき、1カット撮影ごとに
 ImageTansmitter2の画面に撮影画像が表示される。
 K-1のバックLCDとは異なり、次の画像が来るまで表示されたままとなる
 ので有り難い。さらに、PCにもデータを同時保存できるため、適当な
 ビューワソフトで撮影した画像をその場で等倍拡大して確認できる。
 理想的にはImageTransmitter2で全部出来れば良いのだが、
 ウィンドの大きさも固定だし、撮影した画像を等倍表示するなどの機能を
 持っていないようである。
  |
  +−>その役目はPDCU5に任せているようで、PDCU5との連動を
       指定できるようになっている。しかしながら、PDCU5は
       とにかくトロイので現場では絶対に使いたくない。
       T100HAでは使い物にならないだろう。
       私はFileViser7を使っているため、PEFファイルも見られる
       Viewerが組み込まれていて便利である。

・今回はT100HAでImageTransmitter2 , ステラナビ10 , PHD2を同時使用
 し、更には秀丸でドキュメントも書いていた。
 QHY5L-UMをUSB 3.1Type_Cで接続しているので実に安定していた。
 ココがT100HAの良い所である。
 K-1はキーボードについているUSB2.0フルサイズコネクタで接続。
 micro USBポートはT100HAの電源供給ポートと共有なのでACアダプター
 からの電源用micro_USBケーブルが接続されている。
  |
  +−>今回は煩雑な接続になったが、USB 3.1 TypeCとUSBハブを
       使えばスッキリする筈である。

K−1がケーブルだらけになりますが、冷却CCDだと思えば普通の状態
です。タイマーリモートコントローラ必須なれど、共存できて良かった。
以上です。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ