The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
IMAGE Transmitter2の使い勝手について  撮影機材

天文ガイド8月号で西條善弘さんがK−1とIMAGE Transmitter2について
書かれていますね。K−1の評価は概ね私が感じていることと同じです。
IMAGE Transmitter2については実際に使っている人が殆どいないため、
私が人柱となってご報告を致します。天ガ記事と合わせてお読み頂くと
理解が深まるかと思います。

IMAGE Transmitter2使用中の図
クリックすると元のサイズで表示します

・K-1 , IMAGE Transmitter2共にアップデートパッチを当てること。

・Win10_64bit , Win7_64bit(32bit) 共に動作検証をパスした。

・LV画像を見ながら構図決め、約16倍程度の拡大画像でピント合わせが可能。

・バルブ撮影時、ISO、絞りの設定が可能。

・撮影画像はSD1、SD2、PCへの同時記録が可能。

・バルブ撮影はマウスでクリックしてシャッター開、もう一度クリックして閉
 なので1カットずつしか撮れない上、撮影時間も人間が決める必要がある。

・タイマーリモートコントローラ機能がない。
 但し、IMAGE Transmitter2を起動したまま市販のタイマーリモートコントローラ
 を使用することができた。これは今回の発見である!
  |
  +−>LVテザーでピントと構図決めを行い、LVをOFFしてタイマーリモート
       コントローラで普通に撮影できる。注意点は撮影間隔を30秒くらい
       空けないと画像転送が上手く行かずにK−1がフリーズする。
       その場合、バッテリーを抜かないと復活しないというオマケ付き。

・IMAGE Transmitter2とPDCU5は連動できる。
 連動させるという指定ができ、1カット撮影するごとにPDCU5へ画像が転送
 される。ここで100%拡大などもできるため、詳細な画像チェックが可能。

・画像転送を行う関係上バッテリーの減りが早い。
 できればACアダプターを使用したい。

ざっとこのような感じです。
ステラショットが対応してくれると有り難いですね!

それでも市販のタイマーリモートコントローラが同時に使えたのは発見でした。
これならばピントと構図をPCで確認後、いつも通りに撮影を行う手順が
成り立ちます。プライムフォーカスなどでは実用的です。

---------------

<今回のテスト環境>

・PC:ThinkPad SL510 Celeron , Win7_32bit , 4GB Memory

・IMAGE Transmmitter2

・E-ZEUS(RS-232C仕様)<-> Buffalo USB-RS232C変換ケーブル
  <-> Buffaloセルフパワー4Port USB HUB <-> Buffalo USBリピーター5m

・K−1(4Port USB HUBへ接続)

・QHY5L-UM(4Port USB HUBへ接続)+ PHD_2.61

・FilterWheel(4Port USB HUBへ接続)但し未使用

・SUPER STAR X

この環境にて常時 SUPER STAR X、PHD_2.61、IMAGE Transmitter2を起動
させたまま、バッテリーが無くなるまでイロイロ検証できました。

4月28日の発売日からの連続検証にて、K−1のポテンシャルは
ほぼ解りました。センサーと画像エンジンはD810Aレベルの性能を持ち、
赤い星雲もかなり写る。ダイナミックレンジが広く画像処理耐性が高く、
フレキシブル・チルト式液晶パネルで防塵・防滴、耐寒-10℃。
念願のテザー撮影ができてGPSとアストロトレーサーも内蔵済み。
RRSで超解像画像が撮れて25万円で買える。

こりゃー凄いカメラですよ。

最近の冷却C-MOSカメラも気になりますが、K−1クラスのフルフレーム機
を使ってみると、デジイチと言うのは凄いのだと感じます。

とは言え・・・

ASI1600MM Coolが気になって仕方がない今日この頃。

ポチリヌス菌に感染しないよう、身の周りを塩素消毒しています。う〜


1
タグ: PENTAX K-1 天体写真



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ