The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
入笠山にてリベンジ  天体写真(PENTAX K-3)

5月17日(日)夜のGPVは全滅状態でしたが、
こう言う時は1500m以上が雲の上に出る確率が高いのです。
須走口五合目か入笠山か悩みましたが、前回のリベンジで入笠山へ
行って来ました。既にグリーンシーズンの車両規制が掛かっており、
15時前は上がれませんので、飯能を15:40分に出発・・・遅いねえ〜(^^♪

しかし、あれこれアレコレ問題が発生してアッと言う間に薄明のお時間。
3:40発→6:30入間の自宅へ帰還。普通の月曜日が始まったことは
言うまでもありません。例によって境川PAにて20分仮眠したのが効いた。
お昼に40分仮眠。こんな分断睡眠で生きて行ける自分が怖い。
今夜は早く寝てリセットしよう。

K-3+HD PENTAX 16-85mm(16mmF3.5開放), ISO800 , 2X180sコンポジット,
PDCU5にてRAW現像 , ST7にてコンポジット , CS5で仕上げ。
クリックすると元のサイズで表示します

180sワンショットにて
クリックすると元のサイズで表示します

今季お初の天の川を旬な組合せで撮ってみました。
高感度ノイズが色々言われているK-3ですが、あまり気になりませんでした。
このレンズで初めての☆撮りでしたが良く写るし、コントラストも上々。
ま、周辺像の悪化はズームレンズとして考えれば許容範囲かな。
下界が曇っていて水蒸気が立ち上ってくるため、さそり座にソフトフィルター
効果が出ています。しかし、立木が邪魔でした。

<トラブルその1>

K-3 + HD PENTAX16-85mmのライブビューで星がサッパリ見えない!

焦りました。
デネブすら見えず背面LCDは真っ黒なままです。
ライトをかざすと写って来るのでLV自体は機能しているようです。
K-3のLVは300FNの直焦点撮影時に使っていますから問題なさそう。
このレンズとの組合せでは全く星が見えません。
星を輝点ノイズだと思って消してしまっているのではないか?
とさえ思えるほど何も写って来ませんでした。
仕方が無いのでクイックシフトフォーカスで試写しながら無限遠を
捜し、撮影したのが上記の作例です。
  |
  +−>本件に付きリコーイメージングのサポートへ電話を
     してあります。あちらで検証後に連絡が来ますので、
     ここでご報告させて頂きます。
     何かご存知の方がいらっしゃいましたらコメントを
     頂けると有難いです。m(__)m

リベンジのGN-26S + GINJI-300FNです。
今回はちゃんと鏡筒が載っていますよ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

初めてのPHD2を使い、MaxImDL Ver,6.08でLRGBのAutoSaveを行い、
4ポートのUSBハブと5mのUSBリピーターで快適に撮影する予定でした。

まず、
薄明終了後かなりの時間北極星が見えませんでした。
22時頃までは薄雲が広がって撮影できる状態ではなく、
極軸合わせやピント出しをチマチマとやって過ごしました。
気温が3.5度まで下がり、流石は1800mだなあと思っていました。
湿度は低く乾燥していました。
 |
 +−>2時には突然快晴になったのですが気温が7℃まで一気に上昇し、
    物凄い夜露の攻撃に会ってしまいました。
    段ボールフードを無視して主鏡も斜鏡も曇ってしまいました。

<トラブルその2>

300FNの主鏡に圧迫が出たようです。
何度撮っても赤経・赤緯に対して斜めに伸びた米粒の様な星像に
なってしまいます。ピンが来ている所でそうなる。
ピンボケだと一見丸いですがボケているので使えません。
初めはガイドエラーかと思いましたが、10秒露光でも出るし、
必ず同じ傾向があるので鏡だな・・・っと。
そんなわけで収穫は無し!!!
何度も何度も試写ばかりやっていましたので、こんな画像はあります。
でも星が丸くないのでチッコイ画像です。
クリックすると元のサイズで表示します

夏場にこのシステムを運用するのはチョット無理があるかも?
一番の理由は・・・セッティングで大汗をかいてしまいうっとおしい!
です。
次に、夜が短いのでだめんず極望やドリフト法をやっていられない。
夜明けが早いので ”もうバラすのかよ”って気分になる。
水蒸気を避けて高山へ遠征するので300FNの光軸に良くない。
などが理由です。
事実、今回の様に手間取ると殆ど撮影が出来ません。
ボウズ防止にK-3やLX7を持っていたから良かったですが、無かったら
悲惨でしたよ。

相変わらず星がスゲー写るLX7にて。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 天体写真 PENTAX



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ