The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
VISAC1800mm + 2/3inch冷却CCDで撮るとこうなる  天体写真(冷却CCD)

雷雨→晴れ→曇り→大雨→雷雨という恐ろしい天気でしたね。
しかし夜は晴れていました。
晴れたからには満月だろうと何かやらねば!ってことでNarrowBand Hαで
撮ってみましたが、シーイングが最悪です。

NGC7000 , VC200L 1800mmF9 + StarShoot MonoV(Sony ICX285AL 2/3inch) ,
Orion 1.25" HαFilter(7nm) , 5 X 20min , 100min Total
クリックすると元のサイズで表示します

これが何処か?と言いますと、
クリックすると元のサイズで表示します

緑枠の辺りなんです。
広写野の画像は昨年末に10cmF6改 + 上記と同じ冷却CCDで撮像したものです。
これでも狭いと思っていましたが、1800mm + 2/3inchは恐ろしくタイトです!
16'48" X 12'36"の写野しかなく、M51がギリギリでM81は余裕ではみ出します。

なんでこんな事をやっているかと言うと、
このシステムでちゃんと撮像出来るのかいな?という確認のためです。
クリックすると元のサイズで表示します

昨晩は流石に山方面は危険なので庭撮りにしました。
最悪シーイングなのでピントが合っているんだか、いないんだか
サッパリ分かりませんでした。そもそもダイヤルゲージすらまだ付いていません。
FWHMとPintAideで追い込み、試写しながら最適ポイントを捜したハズですが・・・
思いっきり星像が肥大していました。それもカットごとに違う。
明らかに長焦点NarrowBandには不適当なシーイングでした。

ガイドはほぼ成功しており、オフアキでなくとも大丈夫だと確信できました。
1カット20minを6カット120min撮像し、5カット成功、1カットやや流れです。
実際にはX0.71レデューサーで1278mmにする予定です。それでも相当に狭いです。
0
タグ: 天体写真 PENTAX



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ