The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
作るかもしれませんし、作らないかもしれません。  撮影機材

PENTAXのフルサイズ機のことである。

開発するかもしれませんし、しないかもしれません。

PENTAXのレンズのことである。

8月1日をもってペンタックスという名を冠した会社は無くなる。
旭光学という、光学を冠した会社も無くなった。
ブランドとしての”PENTAX ”は残すと言う。


ブランド


フェラーリはフィアットの一ブランドか?

違うだろう。

ランボルギーニはアウディーの一ブランドか?

違うだろう。

尊敬されてこそ、ブランドである。

投資に見合うリターンが期待できるからこそ、ブランドなのだ。

社員の生活のために吸収合併された会社の名前を残しても、

それを”ブランド”とは呼ばない。



------------- 魅力的であるか否か ----------------



頂点で戦ってこそ魅力的である。

他と同じことをやる必要はない。

他がやらないオンリーワンの特徴的な製品でもいい。

その答えが645DとQか?

それだけでは悲しすぎる。

精密メカ技術者と商品企画部しか残っていないなら、
思いっきりメカニカルなKマウントフルサイズを作れば良い。
一般受けなんて考えなくて良い。
AF性能もK-5Usレベルでイイじゃないか。
PENTAXというブランドは、Kマウントを捨てたら終わりである。
独自で素晴らしいレンズを世に出せたから、魅力的だった。

”光学 ”の冠が外れ、

”PENTAX ”のブランドが輝きを失った時、時代は終わる。

リコーが整理吸収を買って出ただけで無いことを祈る。

50年来のペンタックスファンとして・・・
0
タグ: PENTAX



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ