The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法(その12)  縮小コリメート法

早々と梅雨が明けたようなので早速撮って来ました。

縮小コリメート撮影法大爆発です!!

以下、全部露光時間たったの1分!
星雲は2枚〜4枚程度をコンポジットし、SI7でサラッと処理のみ。
総露光時間は1分から4分です。

<撮影機材>

セレストロンC−8カーボン鏡筒
SV32mmアイピース
Panasonic LX7(広角端4.7mmF1.4開放で使用)
光害対策フィルター無し

合成F=1.47 ☆ キラッ! ☆ φ(..)メモメモ

ISO 800 , ISO1600 の使い分け
露光時間60秒に統一
90S赤道儀でノータッチトラッキング
日時:2013/07/08
撮影地:入笠山天体観測所

M20
クリックすると元のサイズで表示します

M8
クリックすると元のサイズで表示します

M16
クリックすると元のサイズで表示します

M17
クリックすると元のサイズで表示します

M13
クリックすると元のサイズで表示します

M22(で、デカイ・・・M13より遥かに大きいぞ)
クリックすると元のサイズで表示します

NGC7293(薄雲あり)
クリックすると元のサイズで表示します

M31の右半分
クリックすると元のサイズで表示します

シュミットカセグレンは像面が湾曲しているので隅々まで点像に
することは難しいです。純正のX0.63レデューサー・コレクター
でも撮りましたが、星像が破綻してまったく使い物になりません。
しかも、安いアクロマート鏡筒のような青ハロまで出ます。
縮小コリメート撮影法では使えないですね。

ピント合わせは写野中央から1/4程度ズラして行うのがポイント。
これで実用的な画が撮れます。

シュミカセでここまで撮れるなら、純ニュートンやED屈折に
フラットナーを付けた鏡筒であれば、もっと楽に良い画が出て
来るに違いありません。

一連の縮小コリメート撮影法にハマって約半年。
やっとルートが見えて来た気がしています。
ナローバンド撮影で総露光5時間をやっている脇で、
観望して1分でメモ代わりにチョロッと撮る。
それがこのクウォリティーなら、私的には十分です。
皆さんも如何ですか?

                              つづく
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ