The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法(その3)  縮小コリメート法

私が撮るのは”宇宙のソラタマ”

宙玉レンズとは↓
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20100902_389833.html

今回は6月8日〜9日にかけて長野県入笠山天体観測所にてテスト
撮影をやってきました。しかし、晴れ間が数分と持たない状態。
K-5 , DAL18mmF3.5(4.0) , ISO3200 , 90sec , アストロトレーサー
クリックすると元のサイズで表示します

こんな夜空じゃ長時間露光は無理と判断し、
”安アクロマート鏡筒でポン!”

を実践してみた。まずはコレを見てくださいな。
M8,M20付近(円形写野約4.5°)、露光時間1分 X 4
クリックすると元のサイズで表示します

-------------------------------------------------
・RFT80(8cmF5 , 400mm) アクロマートガイド鏡
・自作フラットナー・レデューサ + LPS-P2
・SV32mmプローセルアイピース
・Panasonic DMC-LX7(広角端 F1.4 , 4.7mmで撮影)
・ISO1600 , 60sec X 4 composite
・撮影地標高1750m
・合成F=1.4
・基本、JPEG 取って出し
・SI7 , cs5
-------------------------------------------------

ええ、
見落としちゃあ〜イケませんぜ、合成F=1.4!
たった1分でここまで写っちゃうんです。
335mm望遠相当でF1.4ですぜダンナ。
コンポジットしてありますが、縮小コリメート法で撮影する場合、
取って出し1枚をチョットいじる程度で良いと思います。
1枚画はコレ
クリックすると元のサイズで表示します

どうでしょう? 結構イケるのではないでしょうか。
そもそも周辺画質をトヤカク言うような画像ではないので、
コンポジットする手間も時間も惜しい気はしますね。
高性能ED鏡筒などで撮ればやりたくなるでしょうけど。

そんな訳で今回は晴れ間に向かって、
あっち!
M16,M17
クリックすると元のサイズで表示します

こっち!
NGC7000 北アメリカ星雲
クリックすると元のサイズで表示します

そっち!
バンビの首飾り
クリックすると元のサイズで表示します
どっち?
γCyg付近
クリックすると元のサイズで表示します
網状星雲
クリックすると元のサイズで表示します
M22
クリックすると元のサイズで表示します

と、矢継ぎ早に60カット程撮影できました。
縮小コリメート法は天候にも強かった!

高校天文部の合宿や、お気楽観望のお供に如何ですか〜?

-----------------------------------------------------

今回の試写を行うに当たり、事前テストしたのがコレ。
クリックすると元のサイズで表示します

\14,700.-で購入した素アクロマートガイド鏡にLPS-P2と
フラットナー・レデューサをかまして撮っています。
周辺像が大きく改善されているし、X0.87倍のレデューサ効果も
あってなかなかイケるかも・・・と思ったのですが、
星の実写では作例の通りです。
いや、結構面白いなあ〜という印象です。(^^♪

-----------------
LX-7の問題点発覚
-----------------

それは・・・
LX7自体の重量をレンズ伸縮機構が支えきれずに脱調する。
と言うものです。コレハ、
天頂付近を撮影中に画像チェックなどを行うと、レンズが
勝手に引込む訳ですが、カメラ自体の自重を引っ張り上げる
形となります。その時、LX7のレンズ部がガガガガガ!っと
音を立てて”脱調?”し、 ”電源を入れ直してください”
と無慈悲に言ってくるわけ。

これを回避するには、撮影画像をチェックする祭、
アイピースごとカメラを外してしまえばOK。
再度取り付けてもピントがズレることは無いでしょう。
構図を決める時もアイピースごと回転させます。(つづく)
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ