The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法(その1)  縮小コリメート法

6月3日〜4日にかけて奥秩父の栃本に出かけたのは、
実は縮小コリメート法のテスト撮影を行うため
でした。しばらくはコレにハマってみようと思います。

まずはコレを御覧下さい。
20cmF10のセレストロンC8にプローセル32mmを付け、LX7で
縮小光学系を構成し、合成F=1.47として撮影したM51です。
クリックすると元のサイズで表示します

ISO800の60sec露光で、ここまで写っちゃってインカ帝国!
赤道儀はタカハシ90Sで、もちろんノータッチトラッキングですよ。

LX7をちょっとズームし、
6.9mmF1.6にしてISO3200 , 30sec X5 composite してみたら・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

う〜ん、マンダム(俺は50歳になっちまったんだよ! 何か?)
合成F=2.15ですよ。203mm X 2.15 X 4.55 = 1986mm(35)って訳で、
1.7型のLX7で撮ると35mm版換算で1986mmもの長焦点ですが、

1カット30秒なんです!!

ノータッチトラッキングなんです。
素でも”星がスゲー写る”LX7は、超絶高性能な
LEICA DC VARIO-SUMMILUX(10群11枚(非球面9面5枚))
があってこそです。このF1.4レンズで縮小光学系を構成し、
20cmF10の暗いC8でポンポンこんな写真が撮れちゃうんです!

スゴイだろ〜

次行くよ。

いつもの10cmF6ニュートン反射で撮ってみたら・・・
クリックすると元のサイズで表示します

まいったなあ〜、
これも30秒なんだよ。K-5Usで10min X 4 = 40min かけた作例と
比べてみて下さい。K-5Usは正当なるコンポジットと画像処理を
行っています。方やコチラはJPEG撮って出しを4枚コンポしただけ。
(光学系の相性と位置調整がシビアです。中心付近だけ見てね。)

縮小コリメート法は鏡筒、アイピース、コンデジレンズの相性が
あるようです。(当然だよねコレハ)
今回は手持ちの32mmプローセル型アイピースを使いましたが、
実は、30mm、25mm、2インチ30mmも事前に散々テストしてNG.
だったのです。唯一、この32mmだけが我慢できる星像でした。

手持ちの鏡筒とアイピースでまともな星像となるかは・・・
カット&トライしかありませんねえ〜(^O^)/

以下にチョット駄目な作例を上げておきます。
クリックすると元のサイズで表示します

撮影条件は同じはずだったのですが、何処かで手が滑ったか?
同じF値でも、チョットズームレバーに触れた程度で倍率が変化
してしまいます。(LX7は基本、コンデジですからね。)
それでこの星像の悪化具合。
この辺りは本当に難しいですね。
しっかりとした撮影データを固めておく必要がありそうです。

それから、
この最後のM8は125秒露光をノータッチトラッキングしています。
光学系の設定相性によって星像はダメですが、トラッキング
は問題が無さそうです。縮小コリメート法では拡大率が高いので、
赤道儀の性能にも左右されます。出来るだけ1分以内で撮影したい
と思いました。もちろん、公共天文台や観測所の据え付け型赤道儀
ならば言うこと無しですが、移動撮影では鏡筒選びも大切ですね。

と言うことで、
縮小コリメート撮影法の第1回試写報告は終わりです。(つづく)
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ