The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
10cmF6反射の光軸調整など  撮影機材

3月、4月とボウズのまま過ぎ去って行きました。
と言うか、全然撮影に行けなかったというのが正しいです。
仕方ないので光軸調整と微小改修をやりました。

私の10cmF6反射望遠鏡は3本スパイダーなので光芒が
6本出ます。しかし、その光芒の間に黒い光芒も出ています。
クリックすると元のサイズで表示します

原因はコレ
クリックすると元のサイズで表示します

主鏡押さえのツメが2mm程も出ています。
これを最小限まで削り落しました。
クリックすると元のサイズで表示します

主鏡に圧をかけていないので、バスコーク3点止めで固定。
クリックすると元のサイズで表示します

正確な光軸調整をするにあたり、何を基準にするかが問題です。
接眼部基準で合わせ込んで行くと、鏡筒と光軸がズレたようになる
事が多く美しくありません。この鏡筒は直径140mmの鉄板巻きで、
主鏡セルは鋳物を旋盤加工してあって案外高精度で丈夫です。

よって、主鏡基準で合わせることにしています。
主鏡セルを枠にベタ付けし、スパイダーを鏡筒中心に置きます。
まあ、かなりラフですがこんなモノがあると便利です。
クリックすると元のサイズで表示します

大昔の化石安物鏡筒なので斜鏡セルにバネすら入っていなかった
ため、今回やっと入れました・・・やれば10分。
クリックすると元のサイズで表示します

押しネジの頭も市販ネジそのままだったので、今回角を取って
丸く加工しました。本当はバッファ板を入れたいところです。

斜鏡短径は42mmですが、
現在は斜鏡中心に光軸中心が来るようになっています。
これだと100%光量のイメージサークルはφ19mmの
円となります。作図をすれば分かりますが、ドローチューブ中心
を斜鏡中心に合わせた場合、APS-C素子では若干右側が暗くなる
光量分布となります。2/3インチ型CCDでは100%光量の円に楽勝で
スッポリ入りますから問題となりません。

近々斜鏡スパイダーを新規に作り、斜鏡もオフセットしようと
考えています。
クリックすると元のサイズで表示します

APS-C素子以上でも中心から均等な光量分布にするためには、
接眼部と反対側に1.75mmオフセットすれば良いので、
斜鏡面では√2倍の2.475mmとなります。
クリックすると元のサイズで表示します

マジックで黒点を打ちました。
これがあると光軸調整がとても確実になります。
クリックすると元のサイズで表示します

今回の光軸調整は主鏡基準の斜鏡中心調整として完璧に出来た
と思っていますし、主鏡押さえツメの黒い光芒も無くなったと
思います。問題を接眼部のスケアリング精度に集約出来る訳です。

これは1月に光軸調整した時のM66の200%拡大です。
2/3インチ冷却CCD(StarShootMonoV)
クリックすると元のサイズで表示します

今回はこれ以上に追い込めていることは確実ですが、
いかんせん太さ3mmの丸棒スパイダーによる光条が鬱陶しい。
0.5mmの3本にすれば、このM66周辺の恒星からは光条が消えると
思います。主流は4本の羽根型スパイダーですが、それでは面白く
ないなあ〜と思っています。
3本だと4本と比べて光条の明るさが半分になる代わりに6本出
ますが、輝星を除いては薄い3本の方が綺麗かもしれません。

他にも色々な形状を調べていますが、
どうも惑星の眼視観測などと星雲・星団の写真撮影用の鏡筒とは、
スパイダー形状も分けて考えた方が良さそうですね。

近いうちに何かは作ります・・・
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ