The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
リベンジの県P  天体写真(PENTAX K-r)

9日(木)。今夜は晴れるらしい。
19:00に仕事場を出発。そのまま埼玉県県民の森駐車場へ移動。
天体写真は夜撮れるから、高効率っちゃー高効率だな・・・
前回の”迷走三国峠”があまりにも情けなかったので、
このままでは年が越せないと思っていた。

県Pは、私の仕事場から55分で行ける。近いのだ。
しかし、今日は異常に空が明るい! M31は何処?ってレベル。
こんな空ではやる気が出ないが、撮るべきデータは撮っておかない
とならない。何とか4カットを撮影。
元画像が鬼のようにかぶっているため、画像処理も強めとなって
しまいました。

共通データ:10cmF6反射(600mm)、PENTAX K-r、
       CS2処理、ISO1600、長秒時NR=OFF、
       高感度NR=中、RAW撮影

・M45(5min×4コンポ、20:35〜撮影、元画像はカブリまくり)
クリックすると元のサイズで表示します

・馬頭星雲(5min×8コンポ、22:51〜撮影、元画像は明るいグレー)
クリックすると元のサイズで表示します

・M42(1min×2、2min×2、3min×2、5min×2のHDR)
     アンシャープマスクなどにより、細部を強調。
     0:05〜撮影
クリックすると元のサイズで表示します

・バラ星雲(5min×3、10min×1の4枚を加算平均でコンポ)
      0:57〜撮影、元画像には、殆どバラの姿が見えない)
クリックすると元のサイズで表示します

01:18撮影完了。 撤収〜!!

県Pは近いし、テスト撮影や気分転換には最適だと思うが、
こうも明るいと気分が出ないねえ。8月から続けてきた
PENTAX K-x , K-r による天体写真検証も、これで一段落だ。
来年からは K-5 のレポも加わる訳だが、既に一部の方々が撮影
レポを各方面で上げているので、そちらも参照されたし。
Nikon , Canon でなくても、最新の PENTAX 機はこれだけ
撮れるのだという指標にはなったと思う。

K-rやK-5には、インターバル撮影機能も標準で搭載されている。
夏の天の川が出る頃には、その辺も含めてレポートしたい・・・って
俺はライターなのか?違う、断じて違うぞ。

0
タグ: 天体写真 PENTAX



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ