The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
C-14、ジャイアン・オフアキのプリズム改装  撮影機材

2018/09/19
本記事は読者さんからのご指摘によって大幅に修正しました。
誤解を招くようなことを書いてしまい、申し訳ございませんでしたm(__)m

まだやってたか・・・

性懲りもなくジャイアント・イージーガイダーのオフアキを
いじくっています。このオフアキ、ポロプリズムの高さが
イマイチ足りておらず、眼視では何とかなるも撮像カメラでは
まともな画像が得られていませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

光の入射角によっては向こう側が見えちゃいますが、
ポロプリズムは臨界条件を満たすと全反射なので問題はないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ポロプリズムの臨界角について
https://www.global-optosigma.com/jp/category/opt/opt11.html

しかし困ったことに、
思いっきり写野の端っこに配置されてケラレまくってます。
星像が”グレたヒトデ ”状態になるんです。

そこで、

手持ちにあった15mmのプリズムミラーを組込んでみました。
左が今回製作したもの、右がオリジナル。
クリックすると元のサイズで表示します
4.5mm光軸中心側へ入れ込んでいます。
とりあえずのマジック塗りがきちゃない(-_-メ)
クリックすると元のサイズで表示します
ミラーなので背面は黒塗りです。
クリックすると元のサイズで表示します
光路は植毛紙張り。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで、APS-CまではOK。
フルサイズは横構図か24mm角ならOKでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

ガイドカメラ側から見たところ。
明るくなって、イヤなケラレ方は無くなっています。
オフアキプリズムが見えています。
クリックすると元のサイズで表示します

ケラレがR形状なので”グレたヒトデ”にはならないでしょう。
主鏡の補足範囲も2倍以上あります。

先日作った約0.5倍のレデューサが機能すれば、F11->F5.6程度になり、
ここでも4倍明るくなるはず。4X2=8倍も明るい!!
ホントカヨ・・・(V)o¥o(V)

360度回転が出来るオフアキ機構+これまでの改良により、
少なくともQHY5L-UMならガイド星が見つかるものと思われます。
やはりC-14で10分以上の安定ガイドを行うには、オフアキ必須
ですね〜、残念ながら。

それにしても、晴れない!
0




AutoPage最新お知らせ