The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
ステファンの五つ子付近(at 入間市)で粉銀河  天体写真(粉銀河マニアックス)

前記事で撮った”ステファンの五つ子付近”ですが、
粉銀河評価(^^♪をやってみました。

クリックすると元のサイズで表示します


シーイング2/5〜3/5ですが、ガイドが決まったので思ったよりも
写っています。概ね21等までは確保できている模様。

入間市で21等って・・・写るもんですね(^^♪

シーイング5/5なら22等も写るでしょう。
1

ステファンの五つ子付近(at 入間市)  天体写真(冷却CCD)

8月21日の入間市は快晴。
月没が22日00:20mなので、3時間ほど撮影
できました。最近、何度も撮影している
ステファンの五つ子付近ですが、
今回のものが一番良く撮れています。
新潟県湯沢町まで行ったり、群馬県上野村へ
行ったりと、晴れ間を求めて散々動き回り
ましたが、DSO狙いではいつもの森が
一番適していることが、どうやらハッキリ
して来ました。肉眼では4等星が見えるか
見えないかという入間市でさえ、十分に
写せることが分かりました。

C-14の場合、遠征成績が悪すぎますね。
一方、いつもの森や入間市では好結果を
連発しています。

ステファンの五つ子付近
L=16X300s , RGB=each 2X300s , 110min Total
Dark=4X300s , Flat:LRGB=each 10cut
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


今回シーイングは良くありませんでしたが、
透明度はまあまあ。天頂付近でのシーイング
は3/5、30度付近で2/5であり、
星が真冬のようにチカチカ瞬いていました。
よって、C-14の実力値の2〜3倍くらい
大きな星像になっています。
流石に前回の上野村付近の最悪シーイング
よりはマシですが・・・

------------------------------------------

撮影日時:2018/08/21-22
撮影場所:庭撮り(標高144m)
天候:快晴、微風
気温:28℃
星空指数:30
シーイング:30度付近2/5〜天頂付近3/5、
      星はかなりチカチカ瞬いていた。

撮像鏡筒:C-14(35.5cmF11 , fl=3910mm)
カメラ:Orion StarShootMonoV
    (Sony ICX285AL 2/3inch)
フィルター:US_Orion 1.25inch_LRGB
      FilterSet
コマコレクター:
    ジャイアント・イージーガイダー
    にてF7(fl=2489mm)

赤道儀:SkyMax改_E-ZeusU仕様
極軸合わせ:PHD2のドリフトアラインで実施
ガイド:50mmF4ガイド鏡 + QHY5LUM+
    PHD2_Ver,2.6.5

ASCOM Platform 6.4
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver6.16
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------

・SL510 + Win10_32bit環境で
 NautilusFilterWheel
 が完全に動作した!!

 QHY5L-UMのドライバがPHD2で
 不安定との情報があった。
 ASCOMドライバにすれば安定する
 など書かれていたが、
 元々ASCOM運用なので問題は
 無かった模様。
 しかし、一連のドライバ類を
 最新に更新した。
 これにより、E420 , SL510 ,
 T100HAの撮影環境が最新
 となった。

 やはり、Inspiron1100 + WinXP
 _SP3環境が一番安定しているようで、
 動作にも全く不安定さが無い。
 動いているものには触るな!
 ってことで温存。E420のバッテリー
 ライフが予想以上に優秀で、60%
 性能のバッテリーで7時間も駆動
 できている。SL510では2.5時間
 しか持たない。
 しかし、今回の総アップデートにて、
 なんと!
 SL510でNautilusが完全に動作する
 ようになってしまった!!
 これには、流石に驚いた。
 Nautilus ASCOM Controller
 までもが完全に動作している。
 このアプリ、
 E420 + Win7_64bitでは動作
 していないのだ。
  |
  +−>結局、SL510がもっとも
     安定した撮影環境という
     ことになった。

 なぜこうなった?
 E420で Nautilus ASCOM
 Controllerだけが動作しない
 理由は、OSが64bitだからかも
 しれない。
 T100HAでNautilusが壊滅的に
 動作しなくなった理由が解らない。
 もしかして、USB3.1Cだからか?

・今回はステファンの五つ子付近を
 TEにて一本撮りした。
 L=16 , RGB=each2
 合計22カット、110分で1カットも
 失敗が無かった。

 ただし、やはり写野の西ズレ現象は
 発生している。

 TWの時と、見た目逆方向にズレて
 行くので、やはり西側にズレて行く。
 よって、星は見た目、東にズレて
 行くように見える。

・ガイドは大変に優秀であり、
 常時RMS=0.56”角程度で推移。
 シーイングの割に暴れもなく、
 0.5秒露光でかなりの高速補正が
 出来ている。ガイドが決まったので、
 入間市にもかかわらずステファンの
 五つ子付近が予想以上に良く写った。

・ジャイアント・イージーガイダーの
 再テストを行った。

 プリズム位置が、ガイドカメラ
 撮像鏡筒の中央では大きくケラレ
 ていた。これではまともに写る筈
 がない・・・
 大きく筒先側へずらすと、
 まあまあの位置に来る。
 SSAGとQHY5L-UMで再テストを
 行った。25mm50度のアイピース
 では、そこそこに星が見えたが、
 ガイドカメラの写野には上手く
 入って来なかった。無理やり
 明るい星を探してガイドさせて
 みたが、
 まあ、一応はガイドしていた。
 但し、SSAGはやはり感度不足
 でNG。ASI-294MCなど、
 超大型ガイドカメラを使えば
 何とかなるか?
 あるいは、X−Yシフター
 機構を設けるか?
 現状では、夏の空でも
 ガイド星が見つかり難い。
0

NGC7331一本勝負  天体写真(冷却CCD)

8月17日から18日にかけて撮ったNGC7331周辺です。
大陸からの高気圧と水蒸気により、晴天にもかかわらず
シーイングは1/5〜2/5と、とんでもなく悪かったです。
せっかく晴れたのに、こんなシーイングでC-14を使うべき
でないことは明らかでした。

NGC7331周辺 , 4h11m Total
L=6X180s+30X300s , R=5X300s , G=6X300s , B=5X300s
Dark=4X300s
Flat=LRGB each 10 cut
クリックすると元のサイズで表示します

途中で東西反転を行って4時間11分露光できましたが、
まあ、とにかく星像がデカイ!!
少ない画像処理スキルを総動員して、やっとここまで・・・(-_-メ)
この新月期、こればかり撮っていたように思います。

しかし、良い方向で考えれば良く撮れたとも言えます。
この拡大率はニュートン反射系では無理だし、DSO狙い
としては宇宙の広がりを感じることが出来るエリアです。
NGC7331は4700万光年、左の3つは3億光年くらいの彼方に
ある銀河です。粉銀河は10億光年以上です。

------------------------------------------

撮影日時:2018/08/17-18
撮影場所:上野村付近
天候:快晴
気温:10℃
星空指数:50
シーイング:1/5〜2/5

撮像鏡筒:C-14(35.5cmF11 , fl=3910mm)
カメラ:Orion StarShootMonoV(Sony ICX285AL 2/3inch)
フィルター:US_Orion 1.25inch_LRGB FilterSet
コマコレクター:ジャイアント・イージーガイダーにてF7(fl=2489mm)

赤道儀:SkyMax改_E-ZeusU仕様
極軸合わせ:PHD2のドリフトアラインで実施
ガイド:50mmF4ガイド鏡 + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.6.5

ASCOM Platform 6.3
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver6.16
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------
0

深山奥域快晴なれども  天体写真(冷却CCD)

さ、寒い❗
現在11℃しかないですよ。
はい、防寒具を持ってきませんでした。
標高は554mの場所ですが、まだ下がりそうです。
  |
  +−>結局10℃で下がり止めでした。

気圧配置からして、出発時に一瞬防寒具を持っていくか
とも思いましたが、まあ8月だし・・・
機材の緩衝材に使っているじゅうたんにくるまって
震えております。
オマケにシーイングも最悪レベル。
なかなか撮らせてくれないですねえ。

久しぶりの快晴だにゃ!
クリックすると元のサイズで表示します

このシステムもだいぶスッキリまとまって来ました。
SkyMax&C-14、ひとクセも二癖もある機材で楽しい限りです(^^♪
クリックすると元のサイズで表示します

ビスタさん、クッキーやカイロを頂いて助かりました。
どうも有難うございましたm(__)m
0

C-14、ジャイアン・オフアキ、だめだこりゃ!  撮影機材

台風一過。少しの晴れ間を求めていつもの森へ行きました。
今回はC-14のジャイアント・イージーガイダー(オフアキ付き)
を使ってみることが目的です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ジャイアント・イージーガイダーはとても古い設計で、
デジカメが世の中に無いころの製品です。
銀色のオフアキ延長チューブを旋盤で作り、SSAGとQHY5L-UMで
テストしました。このオフアキ、F11の直焦点部に入っています。
つまり、F7レデューサーの前。
F7レデューサーを使うには、主鏡を12/37回転の位置へ配置します。
随分と前方へ送り込むわけです。結果的にF7レデューサーの前に
あるオフアキ焦点は、大きく飛び出す設計だったようです。
これは、
フィルム時代の半自動ガイド(人間がアイピースを覗く)では、
ダイアゴナルプリズムを使う前提だったからです。

実際に25mmのアイピースで見ると、まあ、なんとか星が見えるかな?
と言った感じです。ところが、SSAGは感度的に全くお呼びでなく、
殆ど何も見えませんでした。QHY5L-UMの2X2binningでさえ、
さて、これが☆かい?って感じ。
明るめの星があれば見えますが、ケラレているようで星像が
手裏剣の有様です。グレたヒトデとでも言いましょうか。

アイピースだと視野が広いので、何となく丸く見えますが、
ガイドカメラの星像は悲惨でした。
ASI-294MCをガイドカメラに使い、4X4binningでやればなんとか
なるかも・・・って、これは撮像用じゃん!

はあ〜、こりゃあ〜当分お蔵入り決定だわ。

F7レデューサーのバックフォーカスが非常に長いので、
改造して移動させるのが、今時の設定位置だと思われ。

とは言え、
ワンカット3〜5分なら50mmF4ガイドスコープでなんら問題
が無い上、電子ビューファインダーも兼用できるので便利なこと
この上ないです。何しろ、1秒露光でNGC7331の位置が分かるの
ですから。

NGC7331付近
L画像、180sec1枚試し撮り。
クリックすると元のサイズで表示します

シーイングは良いけれど、台風が残した水蒸気が多くて星像が
定まらない感じでした。C-14実力値の3倍くらい大きな星像になって
います。

23時ごろまでは晴れていましたが、諸々のテストを終えて
撮像しようと思ったら曇ってしまいました。
まあ、このオフアキがダメってことで諦めがついたし、
スマホ用コンパスアプリの真北表示がピッタリだったことが
検証できたので十分な収穫です。


0

65cmF12+FLI PL-09000でステファンの五つ子付近を試写  天体写真(冷却CMOS)

前前記事の続きです。
65cmF12の直焦点にFLI PL-09000を付けて試写しました。
殆ど晴れていない状態での隙間撮像です。
ダークもフラットも撮っていないため、36.5×36,5mmの
大面積CCDでは色ムラだらけでお話になりませんでした。
最後はFlat_Aide様のお世話になっています(^^♪

ステファンの五つ子付近
2X2bininng , R=2X180s , V=9X180s , B=5X180s , 48min Total
NoDarkAndFlat
クリックすると元のサイズで表示します

もうホント、晴れてんだか曇ってんだか分からない状態で撮像。
実力はこんなもんじゃないですが、補正レンズ無しで四隅まで
点像、かつ、周辺減光僅少なのが確認できて良かった。
それが知りたかったので満足です。
MaxImDL Pro 最新版でちゃんと動いたし、FLI FilterWheelデータも
Fitsファイルに入って来るので助かります。

流石に大面積CCDは良いです。
しかも、12μm画素の2X2 binningですから、
凄い感度とダイナミックレンジ・・・のハズですよ。
あ〜、何故にまともに晴れなかったか。
次回以降リベンジです。
と言うか、台の方が撮り貯めてくれるでしょう!

------------------------------------------

撮影日時:2018/08/02-03
撮影場所:65cm天文台(標高850m)
天候:薄雲り、時々晴れ間、ウロコ雲
気温:27℃
星空指数:30(大きな月あり)
シーイング:3/5〜4/5

撮像鏡筒:65cmF12カセグレン鏡筒 , fl=7800mm 直焦点撮影
カメラ:FLI PL-09000
フィルター:FLI 2inch角X7枚 FilterWheel 内蔵のR, V ,Bを使用。
コマコレクター:無し

赤道儀:三鷹光器GNF-65フォーク式赤道儀_コズミック・クルーザ改仕様
ガイド:PHD2 Ver,2.6.3
ガイドスコープ:60mmF4 + QHY5L-UM

ASCOM Platform 6.3
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver,6.13
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------
1

65cmF12+ASI294MCでキャッツアイ星雲を撮る。  天体写真(冷却CMOS)

前記事の続きです。
NGC6543 キャッツアイ星雲の中心部は60"角程しかありません。
しかし最近の観測で、外殻ハローが6'角程度まで広がっていることが
分かったそうです。

ステラ10で撮影計画を立てた際、視直径5.8'角と表示されていました。
おお〜、これならは写野一杯に星雲のスパイラル構造が写せる!!
って思いましたが・・・

チッコイですねえ〜 アレ??って思いましたよ。

NGC6543 , Gain=400 , 12X60s , 12min Total , NoDarkAndFlat
クリックすると元のサイズで表示します

中心部の等倍拡大。おおよそ5’角で切り出し。
クリックすると元のサイズで表示します

美しくも不思議な構造をしていますね。

オマケのM16(薄雲やガスを通しての撮像)
6X180s , Gai=400 , 18min Total , NoDarkAndFlat
クリックすると元のサイズで表示します

------------------------------------------

撮影日時:2018/08/02-03
撮影場所:65cm天文台(標高850m)
天候:薄雲り、時々晴れ間、ウロコ雲
気温:27℃
星空指数:30(大きな月あり)
シーイング:3/5〜4/5

撮像鏡筒:65cmF12カセグレン鏡筒 , fl=7800mm 直焦点撮影
カメラ:ZWO-ASI294MC (Sony IMX294 Back Side Illuminated CMOS m4/3)
フィルター:無し
コマコレクター:無し

赤道儀:三鷹光器GNF-65フォーク式赤道儀_コズミック・クルーザ改仕様
ガイド:ノータッチ・トラッキングとPHD2ガイドの両方を実施。
ガイドスコープ:60mmF4 + QHY5L-UM

ASCOM Platform 6.3
撮像ソフト:Sharp Cap 3.1(Free版)
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------


0
タグ: ASI294MC

65cmF12+ASI294MCでM57を撮る。  天体写真(冷却CMOS)

昨晩から今朝方に掛けては65cm天文台でお仕事。
主にはFLI-PL09000冷却CCDカメラセットのファーストライト
でしたが、ASI294MCも納品して取扱説明と撮像を行ってきました。
今まで使っていたアポジーCCDが故障し、昨年はまともに観測が
出来ませんでした。今回、田中光化学工業さんからFLI-PL09000を
取り寄せて頂き、無事撮像までこぎつけました。
この件は後日また書きます。

ZWO-ASI294MCも”オマケ”のような形で納品したわけですが、
これが、一発目からこの画像ですよ!
作品撮りでないため、ダークもフラットも撮っていませんし、
薄雲り状態かつ、ウロコ雲多数でした。
ドピーカンで撮ってみたいわ。

M57 , Gain=400 , 12X60s , 12min Total , NoDarkAndFlat
クリックすると元のサイズで表示します

重量級FLIを尻目にこのカメラ、Gain=400でも結構色が出ています。
SharpCapソフトで4X4ビニングし、モニター表示をBoostMoreとすると、
Gain=570maxの場合、M57の動画が見られます。

何がイイって、ライブビュー状態だからピントが分かりやすい。
とにかく、冷却CCDみたいなモッサリ感はまるでなし。
それでピンを詰め、1X1ビニング無しで撮ればOK。
撮像も、3分ならノータッチ・トラッキングで大丈夫です。
もう楽で楽で、帰宅後の画像整理や後処理の手間が膨大になることも
恐れずに撮りまくれます。

今回ASI294MCはサブですが、関係者一同 お〜〜っ!!
ま、そのような状態ですね。


------------------------------------------

撮影日時:2018/08/02-03
撮影場所:65cm天文台(標高850m)
天候:薄雲り、時々晴れ間、ウロコ雲
気温:27℃
星空指数:30(大きな月あり)
シーイング:3/5〜4/5

撮像鏡筒:65cmF12カセグレン鏡筒 , fl=7800mm 直焦点撮影
カメラ:ZWO-ASI294MC (Sony IMX294 Back Side Illuminated CMOS m4/3)
フィルター:無し
コマコレクター:無し

赤道儀:三鷹光器GNF-65フォーク式赤道儀_コズミック・クルーザ改仕様
ガイド:ノータッチ・トラッキングとPHD2ガイドの両方を実施。
ガイドスコープ:60mmF4 + QHY5L-UM

ASCOM Platform 6.3
撮像ソフト:Sharp Cap 3.1(Free版)
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------

・FLI PL09000 + 7 FilterWheelのテスト撮像も行い、36.5mm角の全写野で
 ケラレ無く、コマ収差も目立たないレベルであった。
 大型CCDのため、写野導入精度は全く問題ないレベル。

・FLI PL09000と合わせ、ASI294MCでも撮像した。(含む取扱説明)
 強烈な月明のためバックが下がらず青い画面となる。
 TPOINTパラメータ12項目の算入にて導入精度がRMS=13"角となり、
 機差補正追尾+大気差補正追尾を行うことで完全にノータッチ・トラッキング。

・PHD2によるAutoGuideも実施。
 概ねRMS=0.5〜1.0”角で推移していた。
 もっとも、まともに晴れないのでノータッチ・トラッキングの方が効率が良かった。

・木星、土星、火星の動画キャプチャーも実施したが、4GB越えのファイルを
 USBメモリーにコピーできなかった。これはFAT32の制約である。
 exFATまたはNTFSでUSBメモリーをフォーマットし直せば解決する。

・キャッツアイ星雲の視直径がステラナビでは5.8’となっている。
 実際に撮影すると1’以下の大きさしかない。これは、最近になって大きな外殻が
 発見され、視直径が修正されたことが原因だ。

・ASI294MCの接眼部アダプターを2インチバレルに変更してケラレは無くなったが、
 四隅に円形のキズ痕?のようなものが現れている。

・素子温度が28℃程度であった。
 気温27度なので思ったよりも低いが、熱ノイズが多い。
 夏は冷却機能必須と感じる。
  |
  +−>ダークを引かないと話にならん。
0

今日も元気で庭撮りC-14  天体写真(冷却CCD)

昨晩は火星が一番大きくなったとかで、望遠鏡を出していると
近所の方が見せておくれとやって来る。

が、しかし!

私の望遠鏡には冷却CCDが付いていて、覗けないのであります。
う〜ん、説明がメンドクサイのでポルタ経緯台+A80Mでも
置いておけば良かった・・・スーパーマース(爆)
9月頃まで見えるってさ。

で、

暑っつい!!


もう、下界の庭撮りはハンパなく暑いです。
SkyMax改+C-14をその都度設置するのですが、もうイヤこんな暑いの!
って感じ。

/// 赤星に 飛ぶ蚊も落ちる 夏の夜 ///

あまりに暑くて、今年は蚊が少ない模様。
確かに少ないような気がします。

んで、

相変わらずシーイングは山間部より良いものの、絶対的な透明度
が足りてません。よって、DSO撮影は厳しいことが判明。
昨夜はチッコイ惑星状星雲が吉だったようです。
そもそも大きなお月さんも居たわけで・・・

M57 , L=2X180s , RGB=each 2X180s , 24min Total
NoDarkAndFlat
クリックすると元のサイズで表示します

ステファンの五つ子 , L=11X90s , RGB=each 4X90s , 34.5min Total
Dark=4 , Flat:L=6 RGB=each4
クリックすると元のサイズで表示します

月明+光害方向で難儀しました。
たったこれだけの画像を得るために、LRGB全て個別にフラットを
撮っています。それでこんなもんです。ハイ、下界じゃあ無理!
モノクロ冷却CCDと言えども、これ以上の露光ではSNが大きく
劣化して使い物になりませんでした。

ステファンの五つ子、流石に3億光年以上彼方にあるだけあります。
難しいですね。12等台らしいのですが、もっと暗いのではないか?
と思います。次回、何処かでリベンジしたいと思います。

NGC7662(青い雪玉星雲), L=8X60s , RGB=each2X60s , 14min Total
NoDarkAndFlat
クリックすると元のサイズで表示します

これは決まった!

えっ?何がって? あ、ピントですよピント。

なんたって撮影開始のM57の時は34℃もありました。
1カット撮るごとにピントがずれまくるんです。
大げさではなく、ホントに見る見るボケて行きます。
安定したのが夜中の1時過ぎです・・・トホホ
この時点で27℃。
C-14には厳しすぎる撮影環境なんです。

でもね、

この青い雪玉星雲を見るとですね、あー、これがC-14本来の星像か
と思う訳なのです。スターシャープ処理を掛けなくてもこの星像。
焦点距離=2489mm、2/3inch素子ですから、35mm機換算では
9956mmにもなっているのです。

やはり山間部より平地の方がシーイングが良いですね。
スカイツリーのてっぺんで撮ったら、実は相当凄いかもしれない。

------------------------------------------

撮影日時:2018/07/31-8/1
撮影場所:庭撮り(標高144m)
天候:どんより晴れ、夜露無し
気温:34℃→27℃
星空指数:30
シーイング:4/5〜5/5

撮像鏡筒:C-14(35.5cmF11 , fl=3910mm)
カメラ:Orion StarShootMonoV(Sony ICX285AL 2/3inch)
フィルター:US_Orion 1.25inch_LRGB FilterSet
コマコレクター:ジャイアント・イージーガイダーにてF7(fl=2489mm)

赤道儀:SkyMax改_E-ZeusU仕様
極軸合わせ:PHD2のドリフトアラインで実施
ガイド:80mmF5ガイド鏡 + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.6.5

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

ASCOM Platform 6.3
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver6.16
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------

・C-14の2インチ差し込み部止めネジがフィルターホイールに当たる。

・LRGB,Ha,OV,S2でピントずれ僅少! これが本日の収穫である。

・極軸合わせは方位のみで大丈夫だった。

・PHD2 Ver,2.6.5にしたが、西ズレ問題は健在・・・
 ガイド画面からしてズレて行くのかは未確認。

・ガイドスコープを80mmF5(400mm)に変更した。
 星像が美しく、ガイドもRMS=0.5以下で推移していた。
 しかし、5分露光ではタワミ?によるズレが発生する。
 この際、ガイドはバッチリ決まっているのに発生する。
 天頂のM57は歩留まりが大変に悪かった。困ったもんだ・・・

・赤緯軸ウォームホイール部にガタがあった為、日中に詰めた。
 ところが、撮影終了時にチェックしたところ、再びガタになっていた。
 さて、これはどうしたことか?

・温度変化でピントが10分単位でズレて行く!!
 M57はピント問題、西ズレ問題、タワミずれ問題で散々な結果となった。

・NGC7662(青い雪玉星雲)は大変に明るく、1分露光で十分写った。
 天頂ではないため、ガイドも全コマ成功。星像も小さく締まっている。
 これが本来の星像なのだろう。
 そう考えると、ラッキーイメージングではないにせよ、1分露光×多数枚というのも
 アリかもしれない。

・やはりTelescope_Westでは厳しい。
 コネクタが当たるため、ハラハラしながら撮影することになる。
 基本、Telescope_Eastで撮ることにする。

・ステファンの五つ子は写り難かった(-_-メ)
 好シーイングでも、透明度が悪いとDSO狙いは難しいと言うことだ。

0




AutoPage最新お知らせ