The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
30cmクラスの下方通過  SkyMax改イギリス式

SkyMax改イギリス式は赤緯軸の再生にてこずりました。
テーパーローラーベアリングの与圧方法が???な方法で、
どうにも上手く行きませんでした。
よって、その部分はソックリ作り替えました。
C-14とGINJI-300FNを搭載する専用ねじを切り、
真ん中にはM8X17.5mmピッチで一列タップを立てました。
クリックすると元のサイズで表示します

古い設計なので赤緯軸ユニットが鏡筒側にあります。
どうしても首が長くなってバランスウェイトの重量が増えてしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します

GINJI-300FNを搭載してみました。
7KgX3枚のウェイトでは足りていません。
クリックすると元のサイズで表示します

30cmF4鏡筒の下方通過です!
クリックすると元のサイズで表示します

C-14を搭載してみました。
これもウェイトが足りていません・・・org
クリックすると元のサイズで表示します

35cmF11シュミカセの下方通過です!
クリックすると元のサイズで表示します

理想の移動式赤道儀三体。
観測室が8畳あったら余裕だろう・・・の図(^^♪
クリックすると元のサイズで表示します

SkyMax改イギリス式と、もう一回り大きいGN-26s改。
アトラクス改ひのきスーパーピラー仕様がなんともチッコイです。
イギリス式の安定感は素晴らしく、40cmRCならフィールド運用可能
ではないか?と思います。35cmRCは余裕でしょう。
でも、ニュートンは30cmF4が限界ですね。

C-14はF11でfl=3910mmもあるため、STARIZONAの専用レデューサを
付けたいところです。
http://starizona.com/acb/Starizona-SCT-Corrector-LF---Large-Format-ReducerComa-Corrector-P3689C805.aspx
F=7.5 , fl=2625mmでフルサイズまで対応しているようです。
案外安いですね。

C−14+Stsrizona SCT Correntor LF+K−1

でDeepSkyObjectsを遠征撮影する!!
良いなあ〜コレ、やってみたいなあ〜コレ。
その前にE-ZEUSU化しなくては・・・


1




AutoPage最新お知らせ