The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
薪とクリスマスの夜に  薪ストーブ

今年もあと少しだにゃ。
毎年クリスマスが終わると薪集めに入ります。
最近は林業から離れてしまっていますが、必然的にチェーンソーは
使っています。現在4台ありますが、何故か増殖するんですよねコレガ!

我が家は昭和レトロな中古住宅ですが、台所(決してキッチンでない)の
天井を抜いて煙突を付け、薪ストーブを設置しました。
クリックすると元のサイズで表示します

今年で丸8年経過。主暖房が薪ストーブってのも凄いでしょ。
床は12mm合板三枚張りの36mm厚に強化してあります。
古い我が家は改造天国です。(爆)
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは仕事場の薪ストーブで10年経過。
なんと、10年間灯油の使用料ゼロ!更新中です。
いま薪ストーブは完全なる嗜好品であり、一流の輸入品は煙突工事を
含めると100万円以上にもなります。分かる人には判ると思いますが、
うちのヤツは新潟のホンマ製作所の安い薪ストーブで、煙突も
屋根貫通部分を除いてシングル煙突です。
工事もDIYなのでビックリするくらい安く設置出来ています。
家のは15万、仕事場のは13万円でした。2台で28万円ですよ。
これで十分、十二分!
スギでもヒノキでも使える触媒無しの二次燃焼タイプです。
クリックすると元のサイズで表示します

仕事場は飯能の中山間部にあるため、チェーンソー使いたい放題。
クリックすると元のサイズで表示します

ただ、冬はほぼ日が当たらない谷沿いのため薪が乾き難い。
そこで、今年から畑の端っこに薪置き場を作る計画です。
クリックすると元のサイズで表示します

ここなら遮るもの無し!って環境です。
クリックすると元のサイズで表示します

畑は3反(900坪)もあるため、全く使い切れません。
地主としてはタダでも借りてもらった方が有り難いのでしょうが、
借りた方は夏場の管理が超〜〜大変なんです。
これだけ広いと刈払機で草刈りをするにも3日掛かります。
なので、冬場に大型トラククターで全面耕しちゃいます。

来年こそは真面目に野菜を作りたいところですが、
それには物置小屋くらいは作らないとやっていられません。
畑に行くモチベーション維持のため、物置小屋(兼)月、惑星ステーション
なんか作ったら良いかも( `ー´)ノ なーんて考えています。
場所が入間市の南西端なので星空はは期待できません。

それより、
仕事場の前のばあちゃん宅が去年から空き家になっていて、
私が敷地の草刈りなどをやってあげているのですけど、
今年はイノシシの被害が凄くて閉口しています。
もう、そこいらじゅうボッコボコにほじくり返してしまい大変です。
人が住まなくなると、途端に野生動物が侵入して来ます。
軒下には大きなキイロスズメバチの巣が出来ましたし、戸袋からは
コウモリが飛び出て来ます。

こりゃイカン!
目の前の家がこんなに荒廃していてはイカン。
これは敷地を借りて観測所をオッ建てろと言う天の声か?
うーん、年末に大きな悩みが発生してしまった。
  |
  +−>追伸
       敷地は使って良いことになった・・・って早え〜な!
       しかしだ、観測所までは作らないと思う。
       観測(撮影)サイトってところでしょうかね?
       イノシシは半端なく怖いので高床式ってことで(^^♪

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいm(__)m
 
1
タグ: 薪ストーブ




AutoPage最新お知らせ