The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
CCTVレンズガイドシステム  撮影機材

minerさん、準備できましたよ!

クリックすると元のサイズで表示します

なんか、やたらと高級でオーバースペックな台座が出来ました(^^♪
イヤ、真鍮の厚リングが転がっていたのでそのまま使ったのですが、
チョット重かったかも。
クリックすると元のサイズで表示します

25mmF1.4のCCTVレンズとQHY5L-UMを組み合わせた新兵器です。
いつもコメントを下さるminerさん作のPoleNavigator ↓

http://miner.at.webry.info/201610/article_6.html

http://miner.at.webry.info/

と、g-logさん作の

MultiStarGuide(DEF-Guider) ↓

http://exogalaxy.com/tips/multi-star-guiding/

を試します。

この位置に付けると、どの鏡筒でも共通に使えるので便利です。
赤経・赤緯の方向と撮像素子の回転位置も固定なため安定運用
出来そうですね。
まず、PoleNavigatorで極軸セットを行い、
電子ビューファインダーとして使い、
オートガイダーとしても使おうという欲張り企画です。
お試しで25mmレンズを買いましたが、35mm換算180mmとなり、QHY5L-UMだと
600mm程度まではガイド出来そうです。
50mmレンズなら300FNの1220mmもイケそうですね。(ホントか!?)

しかし、CCTVレンズって安くて結構しっかりと出来ているので驚きです。
これは2.800.-円でした。
300FNのFovP-P=0.8"角であり、たった50mmF1.4のレンズでガイドできるとなれば
凄いことです。0.8"角ともなれば、支配的なのはシンチレーションとなり、
もはやこれ以上の長焦点ガイド鏡は不要という事になります。
例え堂平の91cmF18(16380mm)であってもです。(ホントかい!?)

それでは数日後に結果報告という事で。
0




AutoPage最新お知らせ