The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
コマコレF4_BF=51.66mmで検証  天体写真(PENTAX K-1&K-1U)

10月2日(日)は天気予報に反して一日中良い天気でした。
しかし、GPVも一般天気予報も曇りのまま。
日が暮れて薄明が始まる頃にはきっと曇るに違いない・・・
と思っていましたが、まだ晴れている。
う〜ん、困った。
仕方ない、行くか・・・ってことで飯能の仕事場まで行きました。
丁度薄明が終わった頃でしたが、まだ晴れていました。
じゃ、やるかってことで、庭撮り検証スタートです。
 |
 +−>その後、僅か1時間半でベタ曇りになりました。

本日のお題:BF=51.66mmに削ったワイドマウントPKでの星像検証

結果:BF=54.66mmの時に比べてフルサイズ四隅は改善されるも、
    24mm角周辺はむしろ悪化した。今後24mm角での運用を
    考えるとBF=54.66mmの方が良い。

考察:ドイツTS社のHPには600mmF4の場合、BF=51.66mmで
    フルサイズカバーとあるがカバーできていない。
    とは言え、これはSkyWatcher製品と言うことになっている
    ので何とも言えない。
    星像はやはり小さく引き締まっており、MPCCVはもちろん、
    AC-No,3で作ったコマコレ・レデューサも凌駕した。

それでは、天頂付近でフルサイズ検証。

共通データ:ZWO-CN15F4 , K-1 , LPS-P2 , 90sノータッチトラッキング
        SI7 , Photoshop_CC
        どんよりとしたモヤの底からの撮影(飯能市郊外)
        スターシャープ処理は行っていない。

ISO3200 , 8X30sec , 4min Total , NoDarkAndFlat
クリックすると元のサイズで表示します

M27 , ISO3200 , 12X60sec , 12min Total , Dark=3 , SkyFlat=3
クリックすると元のサイズで表示します

K-1の最新ファーム1.30の1:1クロップで撮影しましたが、
RAWデータは3:2で記録されている模様。
PDCU5とCameraRAWでは1:1クロップで現像できるのですが、なんと、
SI7では3:2のまま・・・org
RAW現像でもモノクロベイヤーでも3:2のままでした。
RAWが3:2で記録されている以上、モノクロベイヤーは3:2なのだ!
と言われれば納得しますが、RAW現像まで3:2では納得できません。
 |
 +−>アストロアーツに問い合わせ中です。

     |
     +−>回答が来ました。現時点では1:1クロップ未対応だそうです。
          対応するかは今後の検討課題だそうです。
          1:1クロップのPEFファイルを送ってありますので、
          いづれ対応してくれるものと期待しています。
          (2016/10/05追記)

なので、上記M27画像はダークもフラットもJPEG処理です。
尚、フルサイズ処理ではRAWからできます。

さて、

MPCCVとコマコレF4でどのくらい性能差があるかと言うと、

このくらい↓ありました。(中心部等倍)

クリックすると元のサイズで表示します

上がMPCCV、下がコマコレF4です。
昨日はシーイングが5/5で最高レベルでしたが、それを差し引いても
エライ差です。
1
タグ: 天体写真 PENTAX K-1




AutoPage最新お知らせ