The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
K−1のファーストライトは爆風の中で  天体写真(PENTAX K-1&K-1U)

K-1を手にした翌日、埼玉県民の森駐車場へ行って撮影をして来ました。
ぶっつけ本番でも手なれたPENTAX機のため、特に問題なく撮影が出来ました。
ただ・・・もう風が強いのなんの!!
置いておいたノートPCが箱ごと吹っ飛んで行く程の爆風が時々襲ってくるため、
三脚ごと倒れないかヒヤヒヤしながらの撮影となりました。
重機材も展開したのですが、長焦点を狙えるような風ではなく、ガイドなんて
ムリムリな状態でした。しまいにゃあ超高感度乱れ打ちでスキマ画像をなんとか
確保したと言う状態です。処理は後日アップします。

まずは、お約束のK−1アストロトレーサーとDFA28-105mmの星像チェックから。
EXIFを残してあるのでご参考まで。

さそり座付近 , 28mmF3.5->4.0 , ISO400 , 90sec 1カット
クリックすると元のサイズで表示します

アンタレス付近と火星・土星 , 105mmF5.6 , ISO1600 , 50sec 1カット
クリックすると元のサイズで表示します

秩父市街に掛かる北斗七星 , 28mm , ISO1600 , 50sec , 1カット
クリックすると元のサイズで表示します

パープルフリンジも無く円形絞りの綺麗な光芒、周辺星像も十分に実用範囲。
周辺減光は大きめと言った印象です。
K-3+DA16-85mmではLV画像で星が全く見えず難儀しましたが、K-1+DFA28-105mm
では十分に見えました。K-3+DA16-85mmも星像は素晴らしかったのですが、
おそらくは★をノイズと勘違いしてLV画面では消し去っているのではないかとさえ
思えるほど見えなかった。K-5系やK-30などは問題なく見えたので、リコイメに
散々情報提供を行って来ましたが解決しませんでした。
DA16-85mmを付けた時だけの問題だったように記憶しています。

う〜ん、K−1で天体写真を撮っているのだ(^O^)/
フルフレームのKマウントなのだよ。これでいいのだ!

さて、

昨晩はGINJI-300FNにもK-1を付けて撮影を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します

あまりの爆風にフードも外し、しまいにゃあノータッチトラッキング乱れ打ち
ですよ。ああ、ISO12800 , 30secってのがどれだけ使えるか試すのが目的
なのでヤケクソ作戦じゃないです、念のため。
いやあ、写野が広い広い。
目盛環導入で難無くポンポン対象が入るので自動導入要らずですよ。
結果は後日アップします。
5
タグ: 天体写真 PENTAX K-1

今夜は埼玉県民の森でK-1の試写を行います。  撮影機材

今夜は県民の森へ行くことにしました。
GN-26S改 + GINJI-300FN + MPCCV + K-1 で系外銀河マップ作製の感触と
星像確認、高感度特性確認などを行います。
パソコンは2in1ミニノートのT100HAに頑張ってもらう予定です。
25時頃にお月さんが出て来るので早めに行動したいと思います。
0
タグ: PENTAX K-1 天体写真

K−1 降臨  撮影機材

今日の話題はコレでしょう(V)o¥o(V)

K−1 降臨

クリックすると元のサイズで表示します

HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR付
クリックすると元のサイズで表示します

八百富写真機店さんの親切で詳しいPENTAX系ブログ記事を拝見しながらの購入です。
こういうブログってポチリヌス菌を培養するのに最適ですね!
最安ではないけど、情報不足なリコーイメージング商品を買うには有難い存在。

MEとのツーショット
クリックすると元のサイズで表示します

ファインダーはMEの圧勝です!

一目瞭然、こんなチッコイのにMEのファインダーの大きいこと大きいこと。
リコーイメージングへのアンケートや要望書にはLX-Dを作って欲しいと
書き続けております。SR機構なし、アレコレなし、デカイファインダー像、
最高級なメカ機構、小型・軽量一眼レフ、1600万画素程度、15万円ぐらい・・・
この領域は何処もやっていないし、スマホにはできないでしょうに。

K-1は何でもありのスーパー一眼レフカメラ。よくぞ作ってくれた。
心底そう思わずにはいられません。 でもね、
今だからこそLX-Dがあったら売れると思うぞ、ホントに。
ミラーレスも良いけど全社同じベクトルだし、スマホに喰われて高級機しか
残れなくなるだろうね。安いコンパクトデジカメってもう終るだろうと思う。

あとはレンズだよね。
超高級ズームレンズばかりではついてイケマセン。
明らかなOEMを倍額定価に設定する戦略は理解できないし滑稽に映る。
そこまでやるなら外観は変えなきゃダメだよ。
外観をオリジナルにしてスターレンズで初めから揃えた方が良かったね。
そこは残念だ。
DFA単焦点、頑張ってリリースお願いしますm(__)m

ということで、
本来の目的である☆撮り機材へ装着してみました。

まずはZWO-CN15F4 + MPCCV + K-1
クリックすると元のサイズで表示します

GINJI-300FN改 + MPCCV + K-1
クリックすると元のサイズで表示します

1Kg程度がなんぼのもんじゃい! 余裕です。
クリックすると元のサイズで表示します

VISAC + K-1
クリックすると元のサイズで表示します

直焦ワイドアダプター60のねじがペンタ部にヒットします。
K-3までは当たらなかったので、K-1のペンタ部は前方にかなり飛び出ている
ことになります。ZWO-CN15F4でも当たるのでネジの短縮化必須ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

<総感>

・ずっしり金属の塊感がスゴイ。
・思ったほどファインダーが広くない。
・フレキシブルチルト式液晶モニターは結構便利かもしれない。

リコーイメージングさん、頑張りましたね。

ありがとう。
0
タグ: PENTAX K-1 天体写真

ZWO-CN15F4のフード製作・主鏡爪加工・バスコーク着け  撮影機材

久し振りにZWO-CN15F4に手を入れました。
笠井コマコレからMPCCVに変更して良像範囲は確実に広がりましたが、
根本的な所で未完成な所があり、お星が三角形でヒゲも激しく発生していたのであった。
尚、笠井コマコレもGINJI-300FNでは十分な星像を出せていますが、
若干青色収差が出ます。やはりMPCCVの方が良かったです。

やっとフードを作りました。
クリックすると元のサイズで表示します

主鏡側も斜鏡側もドライエアを入れられるようになっていますが、
そこまで必要でない時にはフードで事足りるようにしたかったし、ハイビーム攻撃
に対応できなかったので作りました。

主鏡脱落防止爪(鏡に触れていない)をギリギリの円弧加工。
クリックすると元のサイズで表示します

元々付いていたラバーもワッシャーも外したため、鏡とのクリアランスは0.8mm程度
となりました。元々は1.5mmくらい離れていたので丁度良い感じになった。

before
クリックすると元のサイズで表示します

after
クリックすると元のサイズで表示します

これだけ爪が直線的にかぶさっていればヒゲも出ますよね。
かなり改善されたと思います。

お星が三角形になる原因はコレ。
クリックすると元のサイズで表示します

ナイロンビス三箇所で主鏡を止める構造です。
上記の爪は主鏡に触れていないので、このナイロンビスを緩めると鏡が抜けて
しまいます。案の定、それなりに強く締めてありました。
この鏡筒は光軸調整機構や接眼部、スパイダー、鏡筒が良く出来ているのに、
肝心の鏡固定方法と脱落防止爪がイカンかった。
鏡が動かないようにするには、ナイロンビスを締め付けるしか方法が無い。
そりゃ〜、お星が三角形になる道理です。
  |
  +−>迷わずバスコーク着け!! これでイイのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

と言うことで、

ZWO-CN15F4はきっと素晴らしい星像を見せてくれるに違いありません。
GWが楽しみだニャ。

ところで、

しばらく使っていなかった90s赤道儀にこの鏡筒を付けてみたら、ベストマッチでした。
K-1を24mm角で使うなら、十分にアリな星像なことは分かっています。
もしかしたら、もうチョット広く使えるかもしれません。
広写野なので目盛環導入でアッサリOKなため、自動導入の必要性を感じません。
大きなバッテリーも要らないし、5cmF4ガイド鏡と小型省電力ノートPCがあれば
一晩撮影出来てしまいます。以前、10cmF6改造鏡筒で撮影していた頃は冷却CCDも
フル装備で頑張っていましたが、現在はGN-26s改+GINJI-300FNとアトラクス改+VISAC
がそれらを担当しています。特に300FNの集光力と1220mmF4というのは強力で、
冷却CCD撮影はこれ一択となってしまいました。

もうすぐK-1が来るため、
VISACのF9やF6.4での撮影もアリかもしれません。
F9でもISO12800の5分ならかなり写るでしょう。それを4枚スタックする程度で
かなり見られると予想しています。アトラクス改はE-ZEUSU仕様なので自動導入が
出来ます。系外銀河リストを作成するには丁度良いかもしれません。
300FNで粉銀河を撮影するにも、何処に何があり、どんな状態なのかをハッキリさせる
必要性を強く感じています。その目的に使えるかと・・・(^^♪
0
タグ: ZWO-CN15F4

IMAGE Transmitter2が来た  撮影機材

リコーイメージングがIMEGE Transmitter2をK-1対応にアップデート
すると発表したので、早速リコイメのストアから購入しました。
クリックすると元のサイズで表示します

たかがリモートソフトですが、2万円以上もします。
まあ、"for 645Z" と書いてあるのでプロ用スタジオツールという立ち位置
なのでしょうね。その点、EOSユーティリティー等はエライなあ。
ところで、K-1の発売に間に合うように慌ててポチしましたが、対応アップデートは
5月31日らしい・・・org

for 645Z の文字が悩ましいですねえ(^^♪
このソフトは645Z用なのかあ〜、そうか645Z用なのだなあ。
対応筒持ってないよなあ〜、CCA250やFSQ130EDやFSQ106EDやVSDですかねえ。
645Zミラーレスって出ないかなあ〜?
その前にK-1ミラーレスがあっても良いですね。
0

Test_ORION_DSIC_on_Win10  撮影機材

Win10ではセキュリティー関連がとても厳しくなりましたね。

Bitlocker、セキュアブート、ドライブの暗号化、極めつけは”EVコードサイニング”。

これらの設定がデフォルトで入っている為、Paragon Hard Disk Manager 15などの
フルバックアップソフトの運用がめんどくさくなりました。
セキュアブートをOFFし、ドライブの暗号化を解除しないとWin10上からも、WinPE相当
USBリカバリーメディアからもシステムを含むフルバックアップは出来ません。
もちろんWin10には初めからこれらの機能が実装されていますから、普通はそれを
使えば問題ないです。

・回復ドライブ(16GBのUSBメモリーに作る)→要は工場出荷時のリカバリーメディア

・バックアップ(システムを含む)→起動ドライブの丸ごとバックアップが可能

・修復ディスク→回復ドライブの一部機能で、バックアップファイル等があれば復旧可能

ただ、フルバックアップはどえらく時間がかかります。
今までず〜っと専用ツールを使って来た身からすると、ウットオシイことMAXです。
ま、
そんなこんなで適材適所に使い分けることにしました。

んで、

一番厄介なのが”EVコードサイニング”ってヤツですよ。

ググッてもらえば分かりますが、要はMS認証ドライバーしかインストールを認めない!
ってな仕組みですよ。いままで自作ドライバーを作っていた人などはぶっ飛んじゃう。
認証を貰うには法人角印を押してお金を払ってお願いしなきゃならんとのこと。
しかも、年間契約で\75,000.-/年ぐらいかかるって話ですよ。
安全になるのは有難いですが、これじゃあ面白くもねーぜ!!って人多数でしょうね。

と言う訳で、前置きが長くなりましたが手持ちの冷却CCD関連をWin10環境でテスト
した訳です。テスト中の図↓
クリックすると元のサイズで表示します

先日買ったASUS T100HAでのテストです。(Win10_Home_64bit)

・ORIONのSterShootDeepSpaceImagingCamera(SSMonoVとSSPro Ver,2.0)

・MaxImDL Pro Ver,6.12最新版

・PHD2 Ver,2.6.1 + QHY5L-UM

・ORION NautilusFilterWheel 7X1.25"

・E-ZEUSU+SuperStarX(5.01update)

・ステラナビゲータ9&10

です。

<結果>

・ORION NautilusFilterWheel 7X1.25"だけ動かなかった。

です。
このフィルタホイールはまだ現行品なので何も心配していませんでしたが、
まさかのアウト判定となりました。(-_-メ)
昨晩、米ORIONにメールで確認をしましたところ、

Hello,

Thank you for contacting Orion Telescopes & Binoculars.

Unfortunately the Orion Nautilus Motorized Filter Wheel is only compatible with
Windows XP, Vista, 7 and 8 at this time. We regret any disappointment that this may cause.
If we may be of further assistance please do not hesitate to contact us.

Regards,

という、まさかの回答が来ました。(ORIONのサポートは親切で早いですが)
彼らもこの製品がWin10で動作しないことに落胆と失望していると書いて来ました。
色々調べた結果、NautilusのファームウェアがWin10のUSB規定に対応できず、
仮想シリアルポート(COM8)なんて所に押し込まれていました。
それで、Win10側としては正常に動作しています・・・とデバマネが言って来ます。
USBデバイスとして認識されていなければ、フィルタホイールソフトもASCOMドライバー
も無慈悲にErrorを返すだけです。
ORIONは”今のところ動作しない”と言っていますが、ファームアップが出来なければアウト
でしょうね・・・これは悲しい。

----------------
追記_2016/04/22

返信に、

NautilusFilterWheelの新ファームウェアまたはドライバが必要ですね。
対応するのですか?

と聞いたところ、

Dear Kasahara:

Thank you for contacting Orion Telescopes & Binoculars.

Yes, we've been advising that we are working on new drivers for the unit.
I'm sorry to say that we do not have an estimate regarding a time frame for completion.
Once they are available, you will be able to download new drivers from our website free of charge.

Best regards,

と帰って来ました。
時期を明言できず申し訳ないが、このユニットの新しいドライバーを開発している。
完成したらWebサイトから無料でダウンロードできるよ。
といった内容です。
おお、ドライバーで何とかなるんかい(V)o¥o(V) そりゃ楽しみだわ。

追記ココまで。
---------------


一時期消えていた64bitドライバーやASCOMドライバーが古いながらも復活し、
ダウンロードできるようになっていました。(内容は2009年辺りのままですが)
既に全部入手済みだったので新たなダウンロードは削除しました。

結果的にはNautilus以外、全て動作しました。
CCDは3台ともASCOMデバイスとして認識され、E-ZEUSUはFTDIの仮想COMポートドライバが
勝手にインストールされてアッサリ稼働。
SuperStarXとのコネクションもCOM8として順調に動作しています。

思ったよりも順調に動きました。
と言うのも、米ORIONは元々ソフトウェアを得意とした会社だったらしく、ちゃんと
認証ドライバーとしてインストールが出来たからだと思います。
古いドライバーでも、MS認証コードが入っていればWin10でも入るんだなあ〜という感想です。

僅か10.1インチのT100HAですが、ビックリするくらい使えます。
クリックすると元のサイズで表示します

現在遠征で使っているThinkPad SL510よりも遥かにバッテリーが持続し(11時間)、
Powerd USB3.1C->2.0変換ケーブルでUSB Hub経由で一通り動いてしまいました。
画面のCPUグラフはPHD2でガイド中、かつ、CCDでFocus動作を1秒間隔で行っている所です。
ステラ10で内部時計リアルタイムをやっても45%程度にしかなりません。
搭載メモリーたったの2GB、CドライブはeMMC_64GB、プログラムインストール場所として
32GB_microSDカード(D:ドライブ)としてあります。
何れの使用量も50%程度にしかなっていません。ステラ9も10もフルインストールしてあります。

う〜ん、惜しい! ホントにおしいぞNautilusFilterWheel。
まあ、フィルタホイールを使わなければL画像やワンショットカラー画像は撮れるし、
K-1ならQHY5L-UM + PHD2だけで良いので全く問題無しな訳ですよ。
90sやGN-26S改では自動導入も必要ないので、K-1で撮る限り小さなバッテリーとオートガイダー
だけで済む訳です。たまにはケーブルジャングルの呪縛からも逃れたい。

<総感>

遠征用Win10_PCは非力な今時ノートで十分だと分かりました。
SSDやeMMC起動の省電力PCが最適ですね。なにせ、今回使ったASUS T100HAは10.1インチの
2in1ノートなのですから。
0

K-1対応のIMAGE Transmitter2とLightroomプラグイン発表  撮影機材

直前の記事で”K-1対応のIMAGE Transmitter2はまだ無い”と書いたばかりですが、
なんと、本日リコーイメージングがリリース発表!

http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2016/20160421_010719.html

IMAGE Transmitter2だけでなく、

「PENTAX Tethered Capture Plug-in for Adobe® Photoshop® Lightroom® (Simple Version)」のアップデータ(Ver.1.1.0)

も発表してくれました!(^O^)/
但し、現時点ではまだダウンロードできないようです。
何れにせよ良かったです。
0
タグ: PENTAX K-1

K-1対応のIMAGE Transmitter2はまだ無い  撮影機材

K-1発売まであと一週間となりました。
八百富さんからは発売日お届けの連絡が来ています。
クリックすると元のサイズで表示します

K-1を買う大きな理由の一つに、テザーソフトであるIMEGE Transmitter2への
対応があります。
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/imagetransmitter2/

天体撮影を行う場合には必須と言っても良い機能だからです。
ただ、未だにHP上でK-1に対応したアップデートが上がっていません。
本日リコーイメージングに確認したところ、まだ対応が間に合わないそうです。
いつ頃アップデートされるかも未定とのこと・・・
IMAGE Transmitter2は2万円以上するため、アップデートが上がってから
購入した方が良さそうですね。
0
タグ: PENTAX K-1

県民の森で春の銀河撮り  天体写真(冷却CCD)

昨晩は絶対晴れの気圧配置だったので重機材を持って県民の森へ
行って来ました。demioさんやsekitaさんともお話が出来、久し振りに
楽しい一夜でした。ただし、とても寒かったです!なんと氷点下ですよ。

まずは筒慣らしでM63を撮影中(北東方向はかなり明るいです。)
クリックすると元のサイズで表示します

撮像時間は全て1カット5分です。

M63 , L=10,R=4,G=3,B=3 , 100min Total(シーイング悪いです→5"角ぐらい)
クリックすると元のサイズで表示します

L画像
クリックすると元のサイズで表示します

反転画像(内部構造が面白いほど分かりますね)
クリックすると元のサイズで表示します

NGC4565を撮影中(この方向は結構使えます。)
クリックすると元のサイズで表示します

NGC4565 , L=11,R=2,G=4,B=3 , 100min Total(シーイング良いです→2"角くらい)
クリックすると元のサイズで表示します

L画像
クリックすると元のサイズで表示します

反転画像(NGC4565の向こうに無数の粉銀河が見えます。宇宙は不思議だあ〜)
クリックすると元のサイズで表示します

------------------------------------------

撮影日時:2016/04/11-12
撮影場所:埼玉県民の森駐車場(標高800m)
天候:快晴、強風、結露無し
気温:3℃ -> -2℃
星空指数:60
シーイング:2/5 -> 4/5 , 夜半までは5"角くらい暴れていた。

撮像鏡筒:GINJI-300FN改(30.5cmF4 , fl=1220mm)
カメラ:Orion StarShootMonoV(Sony ICX285AL 2/3inch)
フィルター:Orion 1.25"LRGB Filters
コマコレクター:MPCCV

赤道儀:GN-26S赤道儀改+E-ZEUS改
ガイド:50mmF4ファインダーガイド鏡 + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.50

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

ASCOM Platform 6.1 SP1-6.1.1.2627
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver6.10
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------

大陸からの高気圧前衛で春の全線が出来、夜半までは5mくらいの風が
吹いていました。上層大気も暴れてシーイングは最悪。
23時頃からはスッポリと高気圧の中に入り、風も止んでシーイングが一気に
改善されました。明け方4時にはもう高気圧の後端となって再び強風が吹いて
来ました。春の天気を読むのは難しいですね。

ダークもフラットも撮りませんでした。
おかげで画像処理に難儀しました。やはり、ちゃんと撮らないとイケませんね。
こんな明るい空では背景がムラになるし、今回は何故かダークムラ?みたいな
シェーディングノイズがかかっていて難しかった。いつもはこんなの無いの
ですが、何か間違ったことをやったか??

バードストライクならぬ、エアプレーンストライクを4発もくらいました。
この狭い写野に見事に一晩で4発。そう言うカットに限って良く撮れていたり
するんだよねえ〜。
0
タグ: 天体写真 PENTAX

今夜は県民の森へ帰宅します。以上!  天体写真

宵には強風も収まると思うし、今夜は晴れるでしょう。
重いのを持って県Pへ行ってきます。って、最近しょっちゅう通過
してはいますが・・・(^^♪
0
タグ: 天体写真 PENTAX

ドコモの料金プランやOCNモバイルONEのこと  コンピュータ

我が家は6台のスマホ、携帯を使っています。
私の親機の下に5台ある訳ですが、全部ドコモで面倒至極!!
お上の通達でスマホ・携帯の料金プランを下げるようになったらしいのですが、
どんだけ熟読しなければイケないのでしょうかね<`〜´>

ドコモショップでスマホを契約すれば、全く使いもしないオプションに強制加入
させられるし、それが条件の料金提示だし、翌月解約すればお金は掛かりません
などと言われても、その解約方法がまたメンドクサイ。
こんなにお客様をバカにした業界も無いよなあ〜と思います。
私の親機はドコモ15年以上で、ありがとう15年以上割り(爆)

親機だけはドコモショップで契約していましたが、上記の失礼極まりない営業
が気に喰わないため、他の端末は全部ドコモネットショップで購入しました。
昨夏に親機も晴れてネットショップで機種変更。
ネットショップだとイラネエ〜オプションは一切付いて来ないと言う不思議。

んで、

うちはドコモに年間いくらぐらい支払っているかと計算してみたら、45万程も
払っていました。それでもイラネエ〜オプションは全部外しています。
そこで、最近出て来たU25応援割り、カケホーダイライト、シェアパックなどを
研究しまくり、年間21万円節約できる契約に変更しました。
一通話5分以内と言うのがポイントなのですが、そもそも家族間は無料だし、
LINE電話を使ったりすれば、そうそう5分以上話す機会もありません。

OCNモバイルONEは魅力的ですが、通話は従量制で43.2円/分掛かるでしょ。
一人だけで分かって使えばかなり安く出来ますが、家族に仕組みを徹底周知
させることは無理と判断。かえってドコモよりも高額になる予想でした。
うちはマツコを浮かせることは出来ないようです。(^^♪


0

McAfee LiveSafeに統一  コンピュータ

セキュリティーソフトは色々ありますが、インテルがマカフィーを買い取った
ことで状況が大分変りましたね。大手PCベンダーのプリインストがほぼ
McAfee LiveSafeになっていることを考えても、切っても切れない関係に
なったようです。

今まで、仕事関係はSymantecEndpointSecurity12.1、プライベートは
カスペルスキーやMcAfee、ドコモのスマホはMcAfeeプリインストだったの
ですが、McAfee LiveSafeは台数無制限でPC、スマホ全部Okのようです。
http://www.mcafee.com/japan/home/campaign/3year/ipj.html?gclid=CIP0grqwv8sCFdgnvQodMcUMBA

と言う訳で、
全てのPC、スマホをMcAfee LiveSafeに置き換えました。
これで一元管理できますし、メールもWebも検出率がSymantecよりも多くなり
ました。メッセージも親切だし安いしで良いことばかりです。
Win10のWindows Defenderでも一通りの機能はありますが、検出率を考えても
オマケと考えるべきです。SecurityEssensialsの時もそうでしたが、MSの
無料サービスはどうも一方的で不快です。タダほどメンドクサイモノは無いって
ことでしょうね。
0

K-1で使うレンズについてブツブツ  撮影機材

先日リコーイメージングのマーケティングさんとお話しする機会が
あったのですが、なんでそ〜なのよ?!ってブツブツ言いましたよ。
なんかこー、ブレてんだよなあ〜。
何故にコヤツらをスターレンズで出さなかったのか?
AWにしてエアロ・ブライト・コーティングIIを付けりゃご立派なもんでしょうが。

HD PENTAX D FA15-30mmF2.8ED SDM WR
http://www.yodobashi.com/%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-PENTAX-HD-PENTAX-D-FA-15-30mm-F2-8ED-SDM-WR-K%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E4%B8%80%E7%9C%BC%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E7%94%A8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA/pd/100000001003027561/

\215,870.-(税込)

タムロン Model A012N
http://www.yodobashi.com/%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%B3-TAMRON-SP15-30mm-F2-8-Di-VC-USD-A012N-SP15-30mm-F2-8-%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%B3F%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88/pd/100000001002583060/

\106,920.-(税込)

HP PENTAXD FA24-70mmF2.8ED SDM WR
http://www.yodobashi.com/%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-PENTAX-HD-PENTAX-D-FA24-70mm-F2-8ED-SDM-WR-24-70mm-F2-8ED-%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9K%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88/pd/100000001002868017/

\158,030.-(税込)

タムロン Model A007N
http://www.yodobashi.com/%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%B3-TAMRON-SP24-70mm-F2-8-Di-VC-USD-A007N-24-70mm-F2-8-%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%B3F%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88/pd/100000001001506159/

\96,360.-(税込)

つまりこの2本を買った場合、タムロンとPENTAXでは\170,620.-もの差額となる訳です。
しかも、残念ながらタムロンのKマウント版は発売されていません。org
差額で八百富写真機店のK-3Uセット+D-BG5が買えてしまうよ。
http://www.yaotomi.co.jp/products/detail/22125

HD PENTAX-D FA★70-200mmF2.8ED DC AW

HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW ← なんで★じゃないの?

HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

こう言うの作れるんだから★にしておいても良かったんじゃないのかと思う訳です。
後からじっくりと★レンズを作るつもりなら、↑のタムロン系は差額2万くらいで
なんとかならんかったのか・・・(真相は知らんが)
高くて買えないが、買えたとしても触手が動かないよなあ〜。
だから、
AWでエアロ・ブライト・コーティングIIなら買ったかもってことですよ。

高性能な単焦点を望む声も多いけど、時既に遅しで言っているだけじゃ
ないのかなあ?ホントに買うか?
往年のペンタファンが本当に望んでいたのはLX-Dだと、俺は思うね。
3年前にSR無し、アレコレ無し、1200万画素で出していたら売れたろうな。
15万ぐらいで。
デジカメWatchのメーカー直撃インタビューで若代さんが機能を省いた廉価版は、
現時点では考えていない言っていますね。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview_dcm/20160322_748845.html

現時点では正しい判断かもしれないけど、
個人的にはLX-Dのコンセプトでラインナップが欲しいなあと思います。

あ、

今日から4月ですよ。
卒業式にも、入学式にも、桜にも間に合わないK-1だけど、
4月末なら天の川には最適ですね!
あー、発売時期も、もうちょと使う身になって下さいな。

おーい!ネタ切れたぞお〜〜〜
0
タグ: PENTAX K-1




AutoPage最新お知らせ