The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
Deep Deep Sky  天体写真(冷却CCD)

30.5cmF4 , 1220mm + StarShootMonoV(2/3inch , Sony ICX285AL)
で撮ったM81の150%部分拡大です。(2015/01/25 , 奥秩父にて)

クリックすると元のサイズで表示します

真冬でもこのくらいの解像感で撮れるなら面白い。
ICX285ALは6.45μm画素のモノクロ冷却CCDですが、K-3は3.9μm画素です。
ベイヤー機ですがK-5Usでの検証結果より、解像度が1/4とはならず、
1画素の解像度を得られることが解っています。
果たしてK-3で撮った画像は、この画像を越えられるのだろうか?

条件が違い過ぎて可哀想なのだが、こちらはSSProV2.0(APS-C , Sony ICX413AQ)
で撮ったものをトリミング。(2015/01/15 , 飯能市で街灯直撃庭撮り)

クリックすると元のサイズで表示します

ICX413AQは7.8μmのワンショットカラー冷却CCDです。
10分×3枚だし、シーイングも良くなかったし、ピンも甘いのでアレですが。
K-3はこれ以上に撮れるだろうか・・・

早く試写したいのだけど、またまた仕事が忙しくなってしばらくはアカン!
3
タグ: 天体写真 PENTAX




AutoPage最新お知らせ