The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
晴れやがれ! LBN487 ( NGC7023 ) オフアキ最終テスト完了  天体写真(冷却CCD)

まずは昨晩の釣果から。

LBN487 ( NGC7023 )
VISAC 1278mmF6.4 , L=2X300s+6X600s+3X1200s , RGB=各2X600s , 190min total
クリックすると元のサイズで表示します

---------------------------------------------------

撮影日時:2014年9月18日〜19日 23:54:36〜03:11:16
撮影地:きのこ茶屋P(標高530m)
星空指数:30点(薄雲、千切れ雲多く長時間露光不可)
気温:12℃ -> 10℃
湿度:夜露なし、微風
シーイング:3/5、晴れている部分の透明度は良かった。
      ジェット気流が真上にあった。

冷却CCD:ORION StarShoot MonoV(SONY ICX285AL)
撮像鏡筒:VC200L + レデューサ2 , 1278mm , F6.4
フィルタ:ORION 1.25inch LRGB FilterSet

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

赤道儀:ニューアトラクス改 E-ZEUSU仕様 + ひのきスーパーピラー
ガイド:自作オフアキ + QHY5L-UM + PHD

CCD制御:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:SI7 , cs5

----------------------------------------------------

へー、
こんな所で撮影する対象でないことは百も承知二百もガッテンですよ。
昨晩は北関東が絶対に快晴になると踏んでGPVとにらめっこ。
どうやら奥武蔵の有間峠もギリギリ晴れそうだったのでノコノコ登って
みました。  が、待てど暮らせど晴れて来ません。
北極星よりも下側でビターーっと雲の線引きがされており、
ファインダーで見ると向こうは晴れているじゃないか!
GPVの予報が20Km北にズレたな〜と判断し、21時20分に県民の森へ移動
開始。
ところが、いざ着いてみると晴れていない・・・orz
くっそー、

晴れやがれ!

と車中でわめいて、きのこ茶屋Pに着弾。(上まで登る気が消沈)
北極星は見えていたので、一応セットアップをして待機となりました。
(その後、北天だけポッカリと晴れ続けてくれました。)

もっとも今日は4本を1本にまとめて5mのリピーター延長をかましたUSBシステム
の動作テストが目的。オフアキはたぶん問題なく機能するだろうことは分かって
いましたからお気楽でした。何しろ、先週からの一週間の間にアトラクスを
バラシて各ギアの噛み合わせを秋冬仕様に調整したばかりですから。
で、
案の定ガイドは今回も1カットも失敗していませんでした!


それはそれで凄いことですよ。
やはりオフアキって効果あるんだねえ〜。

さて、
本題のUSBシステムはってーと、こちらもノートラブルで一晩完動してくれ
ました。ううぉー、感動したぜ!
これでUSBケーブル1本で車の中やテントの中から冷却CCD、赤道儀、ガイドカメラ、
フィルタホイールを制御出来ちゃうんですね。USBって偉いんだなあ〜(^^♪

3:30撤収→4:45帰宅→7:00起床で朝のお勤めをしたことは
言うまでも有りません。普段の日ですからね(V)o¥o(V)
え?
夜も寝ないで昼寝してんだろ?って?
イエイエ、眠くならないんですよ、こういう日は、私。
いやマジで。
2
タグ: 天体写真 PENTAX




AutoPage最新お知らせ