The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法(その20)  縮小コリメート法

Kiwi Potos LA-52LX7を具体的にどう使うかを考えました。

一旦はお蔵入りとなったVixenの現行機種、DG-NLV DXアダプター
ですが、主点調節ネジ部を旋盤で10mm切断したことにより、
NLV25mmなどのアイピースが使えるようになりました。
この時点ではLA-52LX7の存在を知らなかったため、純正の
DGリング37mmを買ってLX7のフィルタアダプターリングに
ねじ込んで使っていました。
今回はLA-52LX7を具体的にどう使うかを考えた結果、

こうなりました↓
クリックすると元のサイズで表示します

なーんだ、Vixen純正のDGリング52mmを買っただけじゃん!
でも、
これでLX7のレンズぎりぎりまで寄れます。
クリックすると元のサイズで表示します

調節ネジ部を10mm切断するという関門がありますが、
器用な方なら旋盤が無くても出来そうです。
PENTAX XW20mmやバーダー・ハイペリオンはM43mmフィルタ
ネジが切ってあるようなので、M43 -> M52ステップアップリング
で使えるかもしれませんが、主点調節が出来ないので複数の
リングが必要かもしれません。
バッチリ合えば一番簡単で高性能か?

私の場合は上記でアッサリ使えるようになりました。
これならVixen純正鏡筒はもちろん、ニュートン反射や屈折、
シュミカセにも適用できますね!

Planet catさん、良い情報を有難うございました。m(__)m

                つづく
0

縮小コリメート法(その19)  縮小コリメート法

こ、コリャ英和!!

LX7用フィルター・コンバージョンレンズアダプターのことです。

Kiwi Potos LA-52LX7
クリックすると元のサイズで表示します

メーカーはココ↓
http://kiwifotos.com/index.php

Amazonで買えます。
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%90STOK-SELECT%E3%80%91%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-LUMIX-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC-52mm/dp/B00AQ1943M

LX7のフロントリングがバヨネット構造になっており、
これが外せると教えて下さった方がいらっしゃいまして、
更に上記アダプターがAmazonで売っていると言うので、早速ポチ!
クリックすると元のサイズで表示します

向かって反時計方向に回すと外れますが、
初めて外す時は”これ以上力を入れちゃあヤバイかも?”って
くらいの力が必要です。でも、2回目以降はアッサリ外れます。
と言うことは、あまり付けたり外したりしているとバカっちゃう
と言うことですね。

バヨネット部の拡大です。
クリックすると元のサイズで表示します

材質:アルミ
表面処理:黒梨地アルマイト
質感:良し

なんと、NCでバヨネット部を削り出している。
バリも無くキレイですが、取り扱い注意ですねコレハ。
と、言うことで付けっ放し決定。”カチッ”とハマります。
クリックすると元のサイズで表示します

お〜お〜、ええど、ええどコリャ〜
クリックすると元のサイズで表示します

”構造上、広角側では四隅がケラレます。”
とAmazonには書いてありますが、全然そんなことはありません。
これで広角端ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

何時も使っているフードを付けるとこんな感じです。
このフードで四隅がほんの少しケラレる程度ですから、
LA-52LX7ではまったく問題なしですね。
クリックすると元のサイズで表示します

52mmのフィルターねじが切ってあるので、市販のフードも使えます。
クリックすると元のサイズで表示します

うーん、かっけー。
初めからこういうカメラだと思えば、それで良し。

露避けヒーターも難なく巻けます。
クリックすると元のサイズで表示します

-------------

で、

こっからが縮小コリメーターのお話し。

内径48.3mm。Vixenの現行NLVアイピースの外形が48mmなので
入ります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

笠井トレーディングのSV30mm_2inchはM57->M52変換リング経由で
直結出来ます。(でもこのアイピースはC-8と相性悪いのよねえ〜)
この状態でLX7のレンズギリギリまで寄れますが当たりはしません。
クリックすると元のサイズで表示します

このアイピースは視野環が無いので輪郭が不明瞭ですが、
だいたいこんな感じです。あれ?F1.6になってしまった。
F1.4だともう少し写野が狭くなります。
クリックすると元のサイズで表示します

以上、LA-52LX7の使い勝手を一通りチェックしてみましたが、
特筆すべきは機械的強度です。
M37mmフィルターねじを利用して縮小コリメート撮影をすると、
どうしてもズームレンズのフニャフニャ感が拭えません。

更に、LX7のズーム機構はLX7本体の自重を引き上げることが
出来ず、屈折鏡筒で天頂撮影時に画像チェックしようものなら、
”ガガガガガッ”とレンズが脱調して”電源を入れ直せ!”
となってしまうのです。
画像チェックをするとレンズが勝手に引っ込むんですよね、LX7。

それだけでもイヤなのですが、
これを繰り返していると、どうも無限遠位置が狂って来るよう
なのです。買った直後は、間違いなく∞マークの右側にあった
真の無限遠位置が、最近では2m〜∞の間で、かなり2m寄りに
なってしまいました。常にデータを数値化していますから、
間違いないことです。
友人の個体では、なんと無限遠が0.3m〜1mの間になってしまった
と言っていました。

国士無双・・・じゃなかった、 酷使無用ですね(^^♪

                つづく
1

ミザール10cmF6鏡筒を日本一使い倒した男  撮影機材

まあ俺だが・・・

高校生の時、中免を取ってZ400FXに走るか、板橋の高橋製作所へ
行って90s赤道儀を買うかの辛い選択があった。
もちろん90s赤道儀を買った。
その足でお茶の水の誠報社へ行ってミザールの10cmF6反射も
買ったのである。
33年前、まだ宇宙が生まれたばかりの頃の話である。
その後社会人となり、RX-7を2台も買って道を誤まる・・・

そんな話しゃ〜どうでもいいんだよ(V)o¥o(V)

おかげ様で仲間がTOA130だεだとポンポン買いまくる中、
初心一徹、昔の鏡で出ています・・・orz

しかし、昨今の冷却CCDやデジカメの進歩の賜物で、
この古くショボイ10cmF6ニュートン反射が息を吹き返して早3年。
改造に改造を繰り返し、遂に最終章に到達した次第である。


前置き長げーよ。

さて、

まずは筒内ツルツルのノッペリ鏡筒に正しく遮光板を入れるのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

正確に作図したところ、5枚必要と分かったので作った。
クリックすると元のサイズで表示します

見ての通り、固めの段ボールをサークルカッターで切り抜き、
黒のクラフト紙をのり付け。所定の位置に空中元素固定装置にて
接着したのである。(コバ墨塗り)
筒内は全て黒の遮光紙を貼ってベルベット仕上げ。クリックすると元のサイズで表示します

今回はフードにも拘った。

今までのテキトーな段ボールフードとは雲泥の差の高級品なのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

露避け効果を高めるため、内部は全て段ボールとクラフト紙。
塗装はせず、絞り環の縁は墨塗りとした。
唯一、トップリングだけはラッカー仕上げである。
絞り環を5枚内蔵したフードを付けるとこんな感じとなる。
クリックすると元のサイズで表示します

これで、多少のハイビーム攻撃には耐えられるであろう。
クリックすると元のサイズで表示します

次、

すばる望遠鏡タイプの0.5mm厚卍スパイダーを本塗装。
クリックすると元のサイズで表示します

斜鏡は1.75mmオフセットして取り付けてある。
クリックすると元のサイズで表示します

そんで、
ココからが今回のハイライトなのである。

ショボいフォーカサーを鍛え、冷却CCDに耐えられるものとする。
クリックすると元のサイズで表示します

このフォーカサーはリングクランプ式であり、ラックギア部の
バックラッシュと回転ガタを取り除けば結構使える。
しかしそれはデジイチまでのお話であり、
冷却CCD+フィルタホイールまでは対応できない。
そこで、ドローチューブが鏡筒内にせり出す部分を18mm延長し、
C環状にしてややバネ性状を持たせて冷却CCDが自重落下しない
ように改造した。(バネ性は極僅か)

これにより、リングクランプを完全フリーとしても自重落下
せず、ハーフクランプでのピント微調節が出来るようになった。
また、ハーフクランプから本クランプへの締め込みによるシフト
は、光軸中心から80mmの位置で50μmとなった。
2/3型CCDの対角では3.75μmで十分に許容範囲である。

回転機構部の溝は平溝 → テーパー溝に旋盤加工し、
セットビスの頭もグラインダーで丸くした。
これで締めた時の接眼部浮き上がりが無くなった。

<鏡筒のたわみ>

たわんで当たり前の0.8mm鉄板丸め安鏡筒である。
これに冷却CCDを付けた日にゃあ、鏡筒の向きによって
100〜200μmは平気でたわむ。(光軸中心から80mm位置にて)

裏打ち板ならぬ、表打ち板を作った。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

タッピングネジで固定
クリックすると元のサイズで表示します

たわめるものなら、たわんでもらおうホトトギス・・・

と、

思っていたのだが、それ程甘くは無かった。
鏡筒を東西反転させて水平にした時が一番大きくたわみ、
80μmとなった。(光軸中心から80mmの位置)

Θ=tan-1(0.08/80)=3'26.26"角

2/3型CCDの対角、φ11mmでは、

儉=5.5tan3'26.26"=5.5μm となり、許容範囲である。

実際には全天振り回しで30μm程度しか動かなくなった。
この場合、CCD付近では3μm以下となる。
まあ、これ以上やっても仕方が無いと思われる。
クリックすると元のサイズで表示します

先日のフィルター問題にせよ、気が済むまで一応は詰めた。
アレコレと数値化出来たので、安定して撮像できる筈である。
0

フィルタ清掃や与圧確認などイロイロ  撮影機材

Hα画像のムラボケは本当にAC No,3のせいだろうか?
その後、去年からのデータを検証してみましたが、どうにも
Hα画像のフラットネスが足らない画像ばかりが目に付きます。
とりあえずAC No,2をドバシポイントで購入してはみたものの、
どうにも気になってバラシ清掃→再測定→再組込み。
クリックすると元のサイズで表示します

去年はマイクロメータでフィルタ枠から外さずに厚さ測定を
やりました。
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/225.html

今回はフィルタを枠から外してノギスで測定しました。
去年の値は見ないまま測定したところ、Hαフィルタの値だけ
異なっていました。去年は3.01mm、今回は2.95mmでした。
フィルタを外しているのであらゆる方向から測定し、2.95mmで
あることを確認しました。基板厚ムラは、当然に無いようですね。

では、フィルタの固定方法はどうでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

フィルタに固定リングが直接当たって圧迫する構造ですね。
しかし、フィルタ固定リングが樹脂製であることが判明。
特にHαフィルタ枠に凸凹などが無いか良ーく確認をし、中程度の
固定力でリングを締めました。更に、良く見るとフィルタによって
蒸着面の方向がまちまちになっていたため、鏡筒側(入光側)に
蒸着面が来るように揃えて取り付けました。

ついでにAC No,2 と AC No,3もバラしてみます。
クリックすると元のサイズで表示します

これらはレンズが入る箇所にねじを切っておらず、
0.05mm〜0.1mmのクリアランスを設けてありました。
コバも黒塗りしてあり、実売2,980円のフラットナー・レデューサ
としてはしっかりとした作りで、圧迫等は無いです。
安心して固定リングを締め付けました。
流石はケンコー・トキナーのクローズアップレンズですね!

さて、

これで問題の切り分けが出来ました。

・Hαフィルタ基板に厚さムラは無い。
・各フィルタ基板の傾き、与圧ムラは無い。
・蒸着方向を統一した。
・AC No,3レンズの圧迫は無い。

やはり、どう見てもL画像や他のフィルタ画像に比べてHα画像だけ
がムラボケしているようです。Lも周辺が甘いと書きましたが、
200%拡大して比べても、過去画像を何枚見てもHαの方が遥かに
悪いようです。今回の清掃・再組込みによってHαフィルタ枠に
付いていた(挟み込んでいた)ゴミ?か何かがポロっと落ちて
全面フラットな画像を叩き出してくれることを祈ります。
だって、2/3型CCDでムラボケなんてオカシイでしょ!?
但し、スケアリングは別問題として切り分けておきます。
0

M31のHDR画像  天体写真(PENTAX K-5Us)

昨年K-5Usが発売された当日に撮影したM31の多段露光画像を
再処理してみました。
元画像は↓ココ
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/256.html

クリックすると元のサイズで表示します

今季はスパイダーの光芒が綺麗になっているため、
この画像以上のモノを撮りたいと思っています。
2
タグ: 天体写真 PENTAX K-5Us

Hαで撮るIC5067  天体写真(冷却CCD)

IC5067をHαで3時間も撮像したと言うのに片ボケでした。

9 X 20min , 180min Total
クリックすると元のサイズで表示します

周辺像の悪化問題ばかりに気が行ってしまい、
ドローチューブの傾き調整が疎かになって片ボケになってしまった。
まだまだ改善の余地があるな〜。

今回は物凄い夜露で望遠鏡がビッショリ。

で、

そんな時に限ってダンボールフードを忘れてしまいました。
その結果、多くのカットで斜鏡が曇ってしまい、スジが入ったり
ぼやけたり、暗くなったりと散々でした。
月齢12程度でもHαはかなり撮れるので有難いですが、接眼部の
改造が急務と感じました。

---------------------------------------------------

撮影日時:2013年8月17〜18日
撮影地:有間峠
星空指数:50点
気温:19℃

冷却CCD:ORION StarShoot MonoV(SONY ICX285AL)
撮像鏡筒:10cmF6 Newtonian -> F5.21
       (自作フラットナー・レデューサー使用)
フィルタ:ORION Hα_Filter

撮像時間:1カット20min
ダーク画像:2 X 20min
フラット画像:3カット。(薄明のSkyFlat)
フラット用ダーク画像:3カット。

赤道儀:TS-90S
ガイド:50mm fl=250mm + SSAG + PHD

CCD制御&RAW現像:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:cs5 , SI7

----------------------------------------------------
0

Hα画像の周辺ボケについて  撮影機材

Kenko AC No,3を使って10cmF6ニュートン反射用の
フラットナー・レデューサを作った訳ですが、APS-C冷却CCDや
K-5系に対しては素晴らしい効果を発揮してくれました。
とろが、StarShootMonoV(2/3型素子)冷却CCDで使用すると、
フラット化が十分に行われていないことが判明しました。
それでもLRGB合成では気が付かず、Hα画像だけやけに周辺が
甘くなる現象に悩まされ続けていました。
Hα単色では星像が小さくなるため、僅かなピンボケも目立ちます。

今回デネブ周辺を使ってL画像とHα画像を精査したところ、
L画像でも周辺は肥大していることが判明。
なーんだ、AC No,3の過修正がこんな所に現れていたか!
と言った印象です。

デネブ周辺のHα画像(周辺画像が甘い), 120sec
クリックすると元のサイズで表示します

デネブ周辺のL画像(実は周辺が甘かった) , 30sec
クリックすると元のサイズで表示します

K-5系用の配置では最適に補正されていましたが、
StarShootMonoV用の配置は最適では無かったようです。
とは言え、

・K-5系用のフォーカスバック値=48.46mm

・SSMonoV用のフォーカスバック値=49.85mm

・SSProV2用のフォーカスバック値=31.1mm

となっており、
APS-C素子のSSProV2では綺麗なフラット画像となって
いるのです。AC No,3効果が49mm辺りを境に薄れて来るのか、
そもそもNarrowBandに対応できる性能がないのか?
K-5系とSSProV2でフォーカスバック値が17.36mmも異なる配置
なのに、共に十分にフラット化されていて満足な星像です。
SSMonoVではフィルタホイールが挟まるため、最短で上記の
値となっています。つまり改善の余地がありません。
SSMonoVの画像はAC No,3を入れない場合と大差ないように
見えます。0.83倍程度のレデューサ効果はありますが、
さてどうしたものか・・・
視野1/4辺りでピントを合わせると全面で満足出来るのか?
いやいや、それはごまかしの妥協策でしかないよなあ〜。
うーん、悩む。

まあ、MPCCVを買ってはありますが、
この鏡筒には改造しないと組込めません。
元々はMPCCUで作る予定だったのですが、発注してから6箇月
も納品されず、その間にAC No,3で自作してしまったわけです。
MPCCVはF4.5に最適化されているが、F4〜F6まで使えるとな
っています。でも、F6に使ってNarrowBandで撮って、
AC No,3と大差無かったら悲しいなあ。
0

NGC7000_Hubble Palette Another world.  天体写真(冷却CCD)

Hα画像も好きですが、Hubble Paletteは別格ですね。

S2=4X20min , Hα=5X20min , OV=3X20min , 240min Total
Hubble Palette -> R(S2)=5 : G(Hα)=2 : B(OV)=3
クリックすると元のサイズで表示します

メキシコ半島に襲いかかる暗黒星雲のディティールなど、
可視光では表現できない領域です。
北アメリカ星雲とペリカン星雲の間には大きな暗黒星雲がある
ことが良く分かります。宇宙はダイナミックですね。

すばる望遠鏡タイプの卍スパイダー効果もあり、
10cmのニュートン反射としては限界の分解能じゃないでしょうか。

と、言いたいところですがそうではありません。

この画像の限界を決めているのはモノクロ冷却CCDのピクセル
なんですねえ。SONY ICX285AL は6.45 X 6.45μmの画素ですが、
10cm反射鏡の最小分解能1.16"角までは描画できません。
SONY ICX814ALG ならば3.69 X 3.69μmなので限界描画出来そう
です。実際には夏の好シーイング時でないとICX285ALでもボケ
ます。NarrowBand撮影を行うには日本の空は適していないのです。

NarrowBand撮像は時間がかかりますから、
本当はもっと明るい鏡筒が欲しいところです。
ε130Dなんか良いでしょうねえ〜(^^♪

イカン!
そんなことを考えてはイカン!

今回の撮像は、総露光=4時間・・・です。
これでもまだまだ少ないのです。
海外では9時間とか、当たり前のようにやってますね。
特にS2が足りない。
OVは高い所で撮らないと上手く出ない。
楽な筈のHαはムラボケ現象があって不満足なんです。
あー、どうしてくれようか。

---------------------------------------------------

撮影日時:2013年8月14〜15日
撮影地:有間峠
星空指数:50点
気温:19.5℃ → 17℃

冷却CCD:ORION StarShoot MonoV(SONY ICX285AL)
撮像鏡筒:10cmF6 Newtonian -> F5.21
       (自作フラットナー・レデューサー使用)
フィルタ:ORION Hα, OV , S2_Filter

撮像時間:1カット20min
ダーク画像:2 X 20min
フラット画像:各フィルタで4カットずつ。(薄明のSkyFlat)
フラット用ダーク画像:各フィルタで4カットずつ。

赤道儀:TS-90S
ガイド:50mm fl=250mm + SSAG + PHD

CCD制御&RAW現像:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:cs5 , SI7

----------------------------------------------------
1
タグ: 天体写真 Hubble

いるか座新星(2013) 8月12日には無かったようです。  天体写真

skameさんにご指摘を頂いた”いるか座新星(2013)”ですが、
8月12日には、まだ私のカメラでは検出できないくらい暗かった
模様です。

2013年7月8日(まだ有りません。)
クリックすると元のサイズで表示します

2013年8月5日(まだ有りません。)
クリックすると元のサイズで表示します

2013年8月12日(まだ有りません。)
クリックすると元のサイズで表示します

ピンボケカットにペルセ群流星は写っているし、
いるか座新星が出たエリアと言うことで止むなく等倍拡大。
なんでボケかましたカットに有用情報があるかねえ〜まったく。
クリックすると元のサイズで表示します

2013年8月15日 00:21:49 (写っています!)
クリックすると元のサイズで表示します

200%拡大
クリックすると元のサイズで表示します

山形の板垣さんが発見されたとのこと。
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/08/15nova_del/index-j.shtml

発見が14日の23時頃となっていますから、
私も有間峠でこの付近を撮影していた訳ですね〜(^^♪
微妙〜に悔しかったり・・・ウソです。
板垣さんは凄い御方なので相手になりません。
そもそも私は新星捜索をやってないし・・・

しかし新星とは突然に現れて増光するもんですねえ〜。
これを間髪入れずに発見する人達って、どんな生活をして
いるのでしょう?
まあ、野暮なことを考えるのは止めよう。
1

NGC7000のHα画像  天体写真(冷却CCD)

昨晩撮像したNGC7000です。
クリックすると元のサイズで表示します

---------------------------------------------------

撮影日時:2013年8月14〜15日
撮影地:有間峠
星空指数:50点
気温:19.5℃ → 17℃
シーイング:4/5

冷却CCD:ORION StarShoot MonoV(SONY ICX285AL)
撮像鏡筒:10cmF6 Newtonian -> F5.21
       (自作フラットナー・レデューサー使用、卍スパイダー)
フィルタ:ORION Hα_Filter

撮像時間:5 X 20min , 総露光=100min
ダーク画像:2 X 20min
フラット画像:4カット(SkyFlat)
フラット用ダーク画像:4カット

赤道儀:TS-90S
ガイド:50mm fl=250mm + SSAG + PHD

CCD制御&RAW現像:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:cs5 , SI7

----------------------------------------------------

どうもHαフィルタに問題があるようで、画像が均一に
なりません。この問題は以前から引きずっていて、
解決の糸口が見つからないのです。
他のフィルタでは少なくとも理解できるボケ方をするのですが、
Hαだけは”むらボケ?”するのです。
うーん、悩ましい。

0

有間峠で自己満足の巻・・・ヘックション!オオ  天体写真

まあお盆だしね、私だって人並みにお墓掃除したり色々と
お勤めがあるんですよ・・・昼間は (V)o¥o(V)

♪でも夜になれ〜ばー Whoo o o o oh- by 浜省

14日、なんだなんだ、今日は雷雨は来ないのか?
安定しているのか、もしかして。
晴れるってことか? 月は22:44に沈むんだぞ。

よーし、明日はどっちだ。
おお、GPVのお告げでは飯能市郊外が一番良いではないか!

そうだ、有間峠行こ。

予想的中。標高1140mの有間峠はモヤモヤの上だった。
クリックすると元のサイズで表示します

いつもの裏山林道標高450mが遥か下界に沈んでいる。
時間を測ったら、たった45分で有間峠に到着していました。
裏山林道までが20分なので、どう考えても有間峠の方がイイなあ。

でもですね、

ココに来るからには広河原逆川林道という、それはそれは恐ろしい
落石不良林道を走らなければならんのです。
大雨では必ずと言って良いほど崩れて通行止めになります。
しかも、夜の一人歩きは怖いですよ〜

早速準備完了。
クリックすると元のサイズで表示します

下界のモヤモヤは、夜半になるほどに濃くなって行きました。
ついぞ朝までそのまま。これじゃあ3等星は何処?状態にも
なりますね。
だいたい800m辺りを境にモヤモヤが無くなっています。
たった45分で1140mに到達できる幸せを感じました。

天頂から北側と西側は結構使える星空です。

北側
クリックすると元のサイズで表示します

西側
クリックすると元のサイズで表示します

沈む白鳥と昇るオリオン
クリックすると元のサイズで表示します

刻々と色が変わります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フラット撮像中。たまには機材撮りも。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

4:30撤収→5:05発→6:00帰宅(速ッ!)

いやー、近場は楽だわ。

今回の写真は全て、Panasonic DMC-LX7 で撮りました。
1
タグ: DMC-LX7

北アメリカ星雲の先っちょで比較する卍スパイダーの威力  撮影機材

5月に作ったすばる望遠鏡タイプの卍スパイダー
       ↓
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/316.html

ですが、やっとその成果を比較できました。
丁度昨年の夏に撮影したNGC7000と、先日撮影したNGC7000で
比較してみました。

ピクセル等倍比較画像
クリックすると元のサイズで表示します

鏡筒:10cmF6 Newtonian
3本スパイダー:Orion SkyGlowFilter , フラットナー無し
卍スパイダー:LPS-P2 , AC No,3 フラットナー・レデューサ F5.48
冷却CCD:Orion StarShootPro Ver2.0
露光時間:3本スパイダー 2X20min=40min
       卍スパイダー 9X20min=180min

*露光時間の違いは空の状態によるものです。
 3本スパイダーは三峰ヘリポートP(快晴80点の星空)
 卍スパイダーは裏山林道標高450m(どんより20点の星空)

卍スパイダーでは8等星になると光条が完全に消失することが
試写で分かっています。ワンショットやデジイチではさほど
問題となりませんが、モノクロCCDでLRGBやNarrowBandで撮像
する場合、微恒星にまとわり着いたコンペイトウのような
回折にじみが許せなくなります。
比較画像を見ると一目瞭然ですね。
3mm厚と0.5mm厚を比較しても、0.5mm厚の方が輝星の光条が
短いので、卍効果があるのではないか?と感じています。

StarShootPro Ver2.0はAPS-C規格のワンショット冷却CCDです。
画素の大きさは7.8μmで600万画素となっています。
このCCDカメラでトリミングをすることはまずないので十分
なのですが、StarShootMonoVは6.45μmかつモノクロCCDなので
場合によっては系外星雲をトリミングして画像処理します。
それでも、まだ10cm反射鏡の分解能には程遠い感じです。
このレベルになると、もはや3本スパイダーに良い所は何も
無いと言うのが結論です。
巷の0.5mm厚4本ハネ型スパイダー鏡筒との比較がやりたいです
が、あれでM45などを撮影すると非常に長い十字光条が出ると
思われます。すばる望遠鏡タイプ卍スパイダーなら幾分短く
なるのかどうか・・・もうすぐ判明しますね。

0

ペルセウス座流星群  天体写真

12日18:45発で入笠山へ突撃して来ました。
今回は、なんと母を含めて一家6人で天の川と流星の観望です。
オマケに大きなオス鹿や沢山のシカ、キツネ、タヌキ、ウサギ
まで見ることが出来て皆大喜び!

関東は、まあ〜アカン天気で流星どころではないだろうと
見切り、賭けで標高1800mの入笠山はマナスル山荘前広場まで
一気に行って来ました。 チョー快晴(^O^)/

K-5Us , SAMYANG14mmF2.8開放 , ISO6400 , 30sec
クリックすると元のサイズで表示します

中央道はガラガラだったものの、大月や韮崎でバケツをひっくり
返したような大雨に遭遇。小渕沢では大雨なのに沈みかけた
三日月や☆が見えると言う凄い天気でした。

21:45現地着。
うひゃー、快晴だよ。こんな天の川は久し振りです。
現地ではマナスル山荘で合宿中の高校天文部が三校いて賑やか
でした。

今回、写真はオマケなので120カット程度しか撮りませんでした。
しかも、人が通るし向かいの窓明かりが明るくてやる気なし。
おかげでピンボケになってしまいました。
なのでチッコイ証拠写真を一枚だけ貼っておきます。

母と三男が限界になったので0時撤収→2:35帰宅(速え〜!)
まあ今回は正解だったでしょうね。
あの天気で晴れるなんて到底思えなかったのでラッキーです。
家族には、今までで一番キレイな天の川と流星だったと思います。
1

無理やりの3時間露光  天体写真(冷却CCD)

あまりに晴れないので、無理やりの裏山強行撮影をやりました。
うーん、夏の大三角+α程度しか見えないようなどうしようもない
星空です。良いのはシーイングだけ。
クリックすると元のサイズで表示します

よくもこんな星空で写るもんだとも思いますが、
総露光3時間なんですよコレ・・・
しかも、冷却CCDが結露していたようです。
画面半分から上が半ボケしているのはドローチューブが原因だな。
すばる望遠鏡タイプの卍スパイダーで初めて撮る散光星雲なので、
データとしては有効です。

---------------------------------------------------

撮影日時:2013年8月10〜11日 22:36:46〜03:25:48
撮影地:飯能市郊外の林道(標高450m)
星空指数:20点(3等星、見えますか?状態)
気温:一晩中28℃
シーイング:4/5

冷却CCD:ORION StarShoot Pro V2.0(SONY SuperHAD ICX413AQ)
撮像鏡筒:10cmF6 Newtonian -> F5.48
       (フラットナー・レデューサー使用、卍スパイダー)
フィルタ:LPS-P2

露出時間:9 X 20min , 総露光180min
ダーク画像:2 X 20min
フラット画像:6枚 <----- 夜中に東京の夜空を使ってフラット撮影
フラット用ダーク画像:6枚

赤道儀:TS-90S
ガイド:5cm fl=250mm + SSAG + PHD

CCD制御&RAW現像:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:cs5 , SI7

処理プロセス:MaxImDLにてFITS_16bitでダーク減算、フラット補正、
         カラー化処理、コンポジットまでを行い、出力を
         Tif_16bitでcs5, SI7へ落として最終仕上げ。

----------------------------------------------------

一応、一晩中☆は出ていました。
☆がある限りは撮り続けてやれと思い、途中で東西反転までして
再導入しましたので、若干写野がズレてトリミングあり。
こんな夜空でも、撮影をしていると幸せなのであります。
0
タグ: StarShootPro

LX7 で撮る館山の海  アウトドア

容赦ない海遊びだった・・・
クリックすると元のサイズで表示します

結局ホテルに戻って寝たのは3時!
仮眠をとって朝ごはんを食べたら、浜辺で貝拾いの刑だった。
しかも、僕はバケツ持ち。
あ〜、砂漠じゃあ死にたくねーって思ったよ。

ここは外海なので色々な貝殻が落ちています。
こんなのがいっぱい。
クリックすると元のサイズで表示します

寝不足と過労でビーチコーミングっつーんですかあ?これ。
キツ過ぎます。
おーい、待ってくれー
クリックすると元のサイズで表示します

ダメだ限界。
プール プール
2日目は暑過ぎて浜辺はキケンなので、プールにして正解。
クリックすると元のサイズで表示します

順番が逆になっちゃったけど、1日目はこんな所で海遊び。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

小僧はヤドカリばっかり採っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

ヤドカリ 怖え〜
クリックすると元のサイズで表示します

何気に撮ったカットをピクセル等倍にしてみたら・・・
こんなところでもLX7の解像力は凄かった。

夜は花火 のち 天体撮影(爆)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

通算10回目の館山の海。
2011年から2年空けたので、12年目です。
伊豆と違って何も無い良さって言うのかなあ〜、
とてもゆったりで、好きな所です。

えっ?

ゆったりしてねーってか?
そーだねえー、僅か2泊のリゾートだもんなあー。
大きなMPVが狭いと感じるようになった。
もっと大きいのを買う日が来るのか、
もう、大きいのじゃなくても良くなるのか・・・
1




AutoPage最新お知らせ