The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法(その5)  縮小コリメート法

縮小コリメート法における F(合成)と fl (合成焦点距離)について。

縮小コリメート法の作例で、合成 F=1.47 になった・・・
などの表現をしてきました。以下はその計算方法です。

<例>

---------------------------------------
望遠鏡:セレストロン C-8
口径:203[mm]
焦点距離:2032[mm]
F値:10

アイピース:プローセル型32mm

カメラ:Panasonic DMC-LX7
使用する焦点距離:4.7[mm] 広角端
解放F値:1.4
---------------------------------------

これで縮小コリメート法を構成した場合のF(合成)は、

F(合成) = F(望遠鏡) / ( fl (アイピース) / fl (カメラレンズ) )

で計算できます。

この例では、

F(合成) = 10 / ( 32 / 4.7 ) = 1.46875 となります。

よって、F(合成) = 1.47 と書いてきた訳です。

また、

fl (合成焦点距離) = D(望遠鏡の口径) ・ F(合成)

ですから、

fl (合成焦点距離) = 203 X 1.47 = 298.41 [mm]

となります。

F(合成)がカメラのF値よりも小さくなった場合は光が無駄に
なっている訳ですから、F(合成)はカメラのF値までとなります。

この辺りの詳しいことは下記の書籍に書いてあります。

----------------------------------------
デジタル天体写真のための
天体望遠鏡ガイド
西條善弘 著
誠文堂新光社

P-52〜53

但し、P-53の(1.8e)式は間違っています。

Fc = D / fc とありますが、

Fc = fc / D でなければなりません。

---------------------------------------

LX7は1.7型(7.6mm X 5.7mm)の撮像素子です。
対角は9.5mmとなります。
35mmフルサイズの対角は43.23mmですから
4.55倍の差があります。従って、

fl (35mm換算) = fl (合成焦点距離) X 4.55

となります。

よって、

fl (35mm換算) = 298.41 X 4.55 = 1357.76 [mm] 相当

と言うことになります。 (つづく)





0




AutoPage最新お知らせ