The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
StarShoot Pro Ver,2.0によるIC1805とM78付近  天体写真(冷却CCD)

ORION StarShoot Pro Ver,2.0ワンショット冷却CCDで気合を入れて
撮影してみました。APS-Cサイズで600万画素ですが、モニターで
見ている限りは十分な解像感です。
色が深いのもCCDの特徴。

IC1805 4X20min , 80min Taotal
クリックすると元のサイズで表示します

M78付近 5X20min , 100min Total
クリックすると元のサイズで表示します

ワンショットカラー冷却CCDは感度が低く、1カットの撮像時間が
長いので気を使いますが、K-5Usなどのデジイチと比べると色が
とても深いことが分かります。結構イイかもしれない。

---------------------------------------------------

<撮影データ>

撮影日時:2012年11月14〜15日 22:47:58〜02:57:20
撮影地:埼玉県民の森P
星空指数:90点
気温:2℃

冷却CCD:ORION StarShoot Pro V2.0
       (SONY SuperHAD ICX413AQ)
撮像鏡筒:MIZAR 10cmF6 Newtonian -> F5.48
       (自作フラットナー・レデューサー使用)
フィルタ:LPS-P2

露出時間:***
ダーク画像:2X20min
フラット画像:3枚
フラット用ダーク画像:3枚

赤道儀:TS-90S
ガイド:5cm fl=250mm + SSAG + PHD

CCD制御&RAW現像:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:CS5

処理プロセス:MaxImDLにてFITSでダーク減算、フラット補正、
         カラー化処理、コンポジットまでを行い、出力を
         Tiff_16bitでcs5へ。ここでPhotoshop的画像処理
         を行い、最終的にJPEGに落とした。

----------------------------------------------------
0

K-5Usはパープルフリンジが出にくいのか?  天体写真(PENTAX K-5Us)

MIZGAMEさんから頂いた情報によると、K-5Usはパープルフリンジ
が出ない、または、出にくいらしい。
http://www.pentaxforums.com/reviews/pentax-k-5-ii-iis/aperture-vs-resolution.html

そこで、全く同じ条件でK-5UsとK-5LSにて比較してみました。
結論から言うと、パープルフリンジの出具合はほぼ同じでした。

K-5Us
クリックすると元のサイズで表示します

等倍拡大
クリックすると元のサイズで表示します

K-5LS
クリックすると元のサイズで表示します

等倍拡大
クリックすると元のサイズで表示します

----------------------

<撮影データ>

撮影日時:2012/11/15
撮影地:埼玉県民の森P
星空指数:90点
気温:2℃

カメラ:K-5Us , K-5LimitedSilver
レンズ:DA70mmF2.4 -> 開放
撮影機材:O-GPS1 アストロトレーサー
撮影方法:RAW 1枚
画像処理:PDCU4現像 , PhotoShop cs5 にて同プロセス、最小限

-----------------------

まったく同一処理ですが、K-5Usの方が若干赤っぽい仕上がり
となりました。この僅差にて赤い星雲が写りやすいのでしょうが、
パープルフリンジが出ないと言うことはなさそうです。
旧レンズの青ハロ色収差とは異なりますからご注意を!
0
タグ: 天体写真 PENTAX K-5Us




AutoPage最新お知らせ