時事ブログ「グースの勿忘草」

 ↑上のタイトルをクリックするとTOPページに飛びます。右系左系を問わずコメント、トラックバック大歓迎です。URLの提示など出典を明示していただければ引用は自由です。また、「○○ならば○○という結論になる」というような理論、考え方といったものに著作権はありませんから、同意できる部分は自己責任で、ご自分の意見として使っていただいてOK。

 


「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また、理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ正義の女神はそのはかりの均衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」
 ラダー・ビノド・パール判事の判決文より。
ランキング支援クリック受付中


カウンター(接続IP数)

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

別館・更新情報

朝日新聞

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

























先の総領事館員自殺の報に前後して、これだけのニュースが流れました。
犯人「漢字読む能力」、書類物色の跡 世田谷一家殺害
世田谷一家殺害事件から5年、警察犬も情報提供呼びかけ
「拉致実行犯は辛容疑者」 蓮...






















あの秦剛が吠えています。中国外務省 総領事館職員への情報提供強要遺書に憤慨上海の日本総領事館の男性職員が中国当局から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残し自殺したとさ
れる問題で、中国外務省の秦剛...
昨年5月に、在上海総領事館の男性職員が、中国側から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残して自殺したそうです。
いろんなブログでも既に書かれていますが、中国側の女の人からの色仕掛けにに乗って、それを弱みとして握られた結果、中国側から外交機密を...
 27日、読売新聞の夕刊に載った〓〓上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」
 「まぐまぐ」から《無料メルマガ「皇位継承Q&A」》を発行することになりました。これは、男系維持派のためのメルマガです。男性天皇堅持か女性天皇容認かの違いはあると思います
1.週刊文春を買わないので不便ブログのトップ自由欄で、「犯罪被害者のプライバシーをのぞき見るような記事を書く週刊誌は買わないで、読むとしても図書館で読みましょう!」などと書いているものだから、時として不便を感じる。週刊文春の報道が見れないからだ。風邪を...
上海日本総領事館の男性館員が、一年半前に自殺していたという事件は、とても歯がゆい事件だ。現地での女性関係を餌に機密漏洩を強要するという手口はクラシックで、今時この手法が通用するのは、日本の政治家や外交官だけではないだろうか。情報を売ることなく自ら命を...
在上海日本総領事館の男性館員が自殺した原因は、中国から外交機密情報の提供を脅迫されたからとされる問題について、日中両国で意見が分かれている。 12月28日、鹿取克章外務報道官は、昨年5月6日、男性領事館員の自殺事実を全面的に認めた上で、中国公安当局が「...
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ