時事ブログ「グースの勿忘草」

 ↑上のタイトルをクリックするとTOPページに飛びます。右系左系を問わずコメント、トラックバック大歓迎です。URLの提示など出典を明示していただければ引用は自由です。また、「○○ならば○○という結論になる」というような理論、考え方といったものに著作権はありませんから、同意できる部分は自己責任で、ご自分の意見として使っていただいてOK。

 


「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また、理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ正義の女神はそのはかりの均衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」
 ラダー・ビノド・パール判事の判決文より。
ランキング支援クリック受付中


カウンター(接続IP数)

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

別館・更新情報

朝日新聞

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
また、ろくでもないことを目論んでいるのだろう。 このコンビ、日本を悪くするばかり
中国人工作員による日本人外交官への「スパイ強要」が最近取りざたされている。1年前の話が今頃出てくる事に何か政治的な意図を感じるが「汚いやり口」がハッキリしてきた。
亡くなった外交官(電信官)は「国を売ることはできない」と遺書をしたためたそうだ。
売国奴...
昨年5月に上海総領事館に勤務していた外交官が自殺していたことが分りました。
遺書には「国を売ることは出来ない」と、中国の諜報員から女性関係で脅迫され、
機密情報の提供を再三要求されていたことを苦にしての自殺のようです。
以下に新聞記事を引用しますが、諜...
昨年5月に、在上海総領事館の男性職員が、中国側から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残して自殺したそうです。
いろんなブログでも既に書かれていますが、中国側の女の人からの色仕掛けにに乗って、それを弱みとして握られた結果、中国側から外交機密を...
《構造改革路線の裏側にアメリカの対日圧力あり!その象徴「年次改革要望書」の存在を、はじめて世に問うた新進気鋭の論客による前号掲載のインタビュー(前篇)は大きな反響を呼んだ
安倍官房長官は27日午前の閣議後の記者会見で、在上海日本総領事館の男性館員が中国側から情報提供を強要されて自殺したとされる問題について、「館員が死亡したことは事実だが、遺族の強い意向でコメントは控える」と述べた。 中略 読売新聞
上海、日本総領事館員が自殺 「中国から情報提供強要」 (産経新聞) - goo ニュース

あちこちの関連記事を読み漁ると次の様だ 昨年6月上海領事館員が宿直室で自殺した どうも中国の情報機関にスパイを強要されたらしい 
{/kaeru_shock1/}
彼は40歳代半ば平成14年...
中国から機密強要され自殺=上海総領事館員、外務省が抗議−昨年5月
 中国・上海の日本総領事館に勤務する電信担当の男性館員が昨年5月、中国当局から外交機密を漏らすよう強要されたことを苦に自殺していたことが分かった。複数の関係者が27日、明らかにした。 館...
下の記事を見比べてもらいたい。
中国の色仕掛け作戦に陥ってはいけない。この場合は情報漏えいではなく自殺となったが、弱みを握られ中国の手下となっている人間がどれぐらい存在し〓_tea
昨年5月に上海総領事館に勤務していた外交官が自殺していたことが分りました。
遺書には「国を売ることは出来ない」と、中国の諜報員から女性関係で脅迫され、
機密情報の提供を再三要求されていたことを苦にしての自殺のようです。
以下に新聞記事を引用しますが、諜...
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ