時事ブログ「グースの勿忘草」

 ↑上のタイトルをクリックするとTOPページに飛びます。右系左系を問わずコメント、トラックバック大歓迎です。URLの提示など出典を明示していただければ引用は自由です。また、「○○ならば○○という結論になる」というような理論、考え方といったものに著作権はありませんから、同意できる部分は自己責任で、ご自分の意見として使っていただいてOK。

 


「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また、理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ正義の女神はそのはかりの均衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」
 ラダー・ビノド・パール判事の判決文より。
ランキング支援クリック受付中


カウンター(接続IP数)

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

別館・更新情報

朝日新聞

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
12月に入り、ここ数日、朝日新聞がかっ飛ばしております。 ものすごい勢いで、大新
この題名から判断してしまうと、森嶋通夫『サッチャー時代のイギリス』(岩波新書 1988年)のヒソミにならおうとする、「お手軽な本」としか思えない。おまけに、筆者が大問題のひとつ。これまで、小選挙区制度による2政党制を強力に推奨して、イギリス労働党に好意的だ...
前原代表、米国、中国などど精力的にサイド外交立派だが、米国との会談発言に党内からうじゃうじゃ言われ、小泉さんからは大連立と持ち上げられ、まだひとつの政治勢力とみなせない状態を露呈している。後ろから鉄砲状態。
流行り言葉で言えばまさに「想定内」というとこ...
「小泉首相が民主党に大連立政権を提案、神崎代表は不快感」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読...
「「逃げたらだめ」 首相、安倍氏に総裁選出馬促す (産経新聞 12/12)

小泉純一郎首相は12日、クアラルンプールで同行記者団と懇談し、民主党との「大連立」構想について「できむ cla
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ